【アイテムレビュー】火打ち石??ワイルドに着火したい人にオススメ ファイヤースターター

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン
”アウトドアから笑顔を”なアウトドアクリエイター。キャンプで日本一周中の26歳。好きな声優は花澤香菜さん。最近島耕作が車の本棚に入らなくなりました

先日、キャンプ場で女子キャンパーの手助けをほんのちょっとだけさせて頂いたんですけど、やっぱりいいですよね。こういう出会って。まぁ彼女らの1人も、僕には興味が無いようでしたが。早くモテたい。じゃ、茶番スタート。

※ちなみに以前にも試してみてます。

【試してみた】ファイヤースターターでワイルドに火をつけてみた。〜僕らのキャンプ道具〜

スポンサーリンク

ワイルドに火をつけるなら【ファイヤースターター】

IMG_0908

やぁ皆、キャンプで火熾しをする際、ライターとかその辺を使ってる?なるほど、ライターね。チャッカマン?なるほどね!

え?そういうお前はどうしてんのかって??ノンノン!僕はライターなんか使いませんよ!僕が使うのは【ファイヤースターター】。

IMG_0910

ファイヤースターターが何か分からない?OKOK!僕が教えて進ぜよう!コレがファイヤースターターさ。黒い棒状の奴がマグネシウムで、緑色の板状のものがなんかよく分かんないけど金属のなにかさ!

マグネシウムの塊と棒状の火打石を組み合わせたもので、ナイフなどの刃でマグネシウム部分を削って粉末状にし、前もって用意した火種にこの粉末をふりかけ、火打石の部分に刃を強く打ち付けることで火花を発生させて点火する仕組みになっている。

<引用元:wikipedia【エマージェンシーファイヤースターター】の項>

燃えやすいものを下敷きに

IMG_0904

使い方は簡単さ!下に燃えやすい物を配置しておく。その上で板で棒を擦ればいいんだ!

今回はティッシュを引いてやったが、もし周りにスギの葉っぱなどがあればそれを使えばいい。

ぶっちゃけティッシュが一番良く燃えます。

勢い良く擦る

IMG_0905

勢い良くシュッと擦ると、こんな風に火花が飛び散る。削れたマグネシウムが火花を上げているんだ。

コツとしては

  1. 板と棒のどちらも強く握ること
  2. 棒を斜め45度位の角度で焚火台にしっかり押し付けて力がしっかり板とこすれるようにすること
  3. 最初の10回位は火花を起こさず、ゆっくり削ること

の3つだ!

1.2.はしっかり火花を起こせるようにするため。

3.はマグネシウムを火種の上に落として、簡単に着火させる為さ。

3.については正しい原理は分かりませんが、こうやると早く付きます。イメージ、

マグネシウムを火種の上に削り落とす→火花を起こす→削り落としたマグネシウムに火花が引火→ 引火したマグネシウムが火種に引火

な流れな感じです。

火種に着火したらまずは小さい枝に火をうつそう

IMG_0906

いきなり大きい木につけるのはムリだから、まずは細いを拾ってきてそいつらに着火させよう。

キャンプ場ならそこら辺に有り余ってるからな!

焚火を育てる

IMG_0912

細い木に引火してきたら、様子を見ながら息をかけてやるんだ!優しく吹いてやったり、思いっきり吹いてやったり。我が子を育てるように、焚火を育てるんだ。大きくなーれ、大きくなーれってな!

画像中で僕が口を指で抑えているのは、単純に気持ちが悪いからではないです。ボーイスカウトの人曰く「こうやって息の出る方向を指で決めてやるとロスが少なく火を熾せる」だそうな。 

IMG_0915

ここまで火が上がってきたら、もう大丈夫。少し細めの木や薪を少しずつ追加していけば、素敵な貴方だけの焚火の完成だ。

ファイヤースターターは焚火を楽しむ為の道具

ここまで読んで下さった方はこう思うに違いない。

「ライターと着火剤使ったほうが早くない??」

仰るとおりです!カチカチやっても中々火はつかないし、火種用に小枝を拾ったり、息を吹きかけまくったり、薪を入れられるまでにたっぷり30分はかかります。

単純に火をつけるならライターを使った方が簡単ですし、杉の葉や小枝を使って火力を徐々に上げていくなら着火剤を使って一気に熾した方が良いです。

この様に簡単にやろうと思えば幾らでも簡単に出来ます。

でも、敢えて僕はコレを使って欲しいです。何故かと言うと、

焚火を育てる・愛でる事を楽しんで欲しい

からです。

会社員時代、キャンプ場に来て焚火を楽しむ事がストレス解消でした。焚火を0から育てる。ちょっとずつちょっとずつ大きくなっていく火を見てると、なんかこう、言葉にならない感情が起こってきて、日常の色んな悩みがどんどん小さくなっていくがするんです。

それ以外にも、子供に【当たり前に思っているのことが実はとても幸せなことなんだ】っていうのを教える良い機会な気がします。大人になった自分でさえ焚火を育て上げた時、凄い感動します。道具を使えば一瞬で付く火が、実はこんなに大変なことなんだって言う、そういう気付きがあります。子供にそういう事を体験させてあげられる機会って中々無いと思います。

後は単純にワクワクします!火打ち石で火花を散らせて、火種を作って、火柱を作る。子供の頃に憧れたワイルドでカッコイイ大人になれた気がするんですよ!だから、一度は絶対やって欲しい!!

まぁ、こういうのでシュッと火が付けられたりしたらモテるだろうなという下心から始まったわけですが。

【今回使用したアイテム】

僕が購入した時が120円だったんですが、80円になっててワロタ。お店で買うと1000円位しますが、Amazonだと100円台の物が多いです。

コメント

  1. ビッグ より:

    お疲れさんです

    私もずっと興味があり今日届いて、使ってみました。

    難しいけどめっちゃ楽しいっすね(笑)今度こいつで焚き火がしたいです

  2. camp-in-japan より:

    ビッグパイセン
    コツ掴むまで大変ですよね、これ。
    完全に大人のためのおもちゃ笑

  3. ビッグ より:

    確かに(笑)大人の(ための)オモチャですね。
    …朝からさーせん(笑)

    でも火が点いた時の喜びはハンパないっす‼︎

  4. camp-in-japan より:

    ワロタ
    分かります。そのハンパなさ。