【後処理方法】キャンプやBBQの時に使った、まだ火がついてる炭ってどうやって捨てる?

どーも!さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。タイ人に似てるけど日焼けし過ぎてむしろ既にタイ人。ヤマケンの敵。

先日、知人から火がついてる炭ってどうやって捨てたらいいの?っという相談を受けましたので、ブログにも書いておきます!

スポンサーリンク

そもそもの処理方法・基礎知識

IMG_9021

だいたいどこのキャンプへ行っても灰捨て場・炭捨て場があります。大きなドラム缶が設置されているところや、専用の炉があるところなど、様々です。必ず指定の場所へ捨てるようにしましょう。これが大原則です。

また、消火されていることも基本です。山火事など万が一のことも考慮して、火の付いている炭は捨てさせないというBBQ場もあります。

どうやって消化させたらいいのか。

炭は、種類によっては2時間以上も燃焼し続けるものもあります(備長炭など)。値段が高い炭ほど長持ちする傾向です。

ホームセンターなどで売っている安い炭は、大きさによりますが、1時間経たずに燃え尽きるものもありますので、その辺を踏まえてBBQ、キャンプを楽しみましょう。要するに、後処理のことも考えて、炭の使用量を考える必要があるということです!

もうすぐ食材がなくなるのに炭を大量に足しちゃうとか、チェックアウト日なのに炭火で料理をするとか。できれば避けたいですね!

オリジナルキャンプブランド

火消し壷なるものがあります!

ロゴスやキャプテンスタッグなどから発売されている「火消し壷」を使う手もあります。使い方は簡単で燃焼している炭をこの壷の中に入れて蓋をするだけ。酸素が行き届かなくなって燃焼しなくなります。

火消し壷で消火させた炭は次回に持ち越せるのもいい点です。一度着火済みだから次に使う時には火付きがいいそうです。BBQをする機会が多い人は持っておいたほうがいいアイテムです!!

火消し壷も持ってない!もう帰らなきゃ!そんな時どうする?

キャンプ場であるならばオーナーに相談してください。場所によってはそのまま灰・炭捨て場に捨ててもいいよー!って言ってくれるところや、オーナーが持っている火消し壷を貸してくれることもあります。

絶対にやってはいけないのが、そのままその辺に放置すること。炭は地中に分解されずに残ってしまうんだそう。しかも黒いからキャンプサイトでは目立つんですよね。水をかけて消火したし、いっかーその辺で捨てちゃえば!は禁物です。

来た時もよりも綺麗に!アウトドアの原則です。

こっちの記事でも詳しくかいてます。

焚火の片付けはどうすればいいの?放置アンド水で完全消化〜初心者のためのキャンプ入門〜

以上、炭の後処理ってどうしたらいいのー?火がついたまま捨てていいのー?といった疑問に対する回答でしたー!

あなたにも素敵なキャンプライフをー!