コットを使わずパーソナルマットだけで気持よく寝るには【ウレタン+インフレータブル】がオススメだと思う。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン
”アウトドアから笑顔を”なアウトドアクリエイター。キャンプで日本一周をしながら頭皮を労る26歳。最近顔芸を極めてきた。好きな声優は花澤香菜さん。

記事を書く際に気をつけているのが、本当にキャンプを始めたい人の為になるのか、嘘はついていないか、キャンプをする側が損することはないか、です。

世の中には、単なるPV稼ぎの為に記事を量産するウェブサイトがあったり、ネームバリューだけで品質が伴わないアイテムを出しているメーカーがあったりと、キャンパー達に優しくない事が少なからずあります。

僕はポンコツですが、そうならないよう、これからも皆さんの役に立てるように頑張って初心者入門を書いていきます!!

さて、今回は【キャンプでの寝づらさを解消する】テクニックを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

コットを買いたいけど高い。でももっと気持ちよく寝たい

そう思ってる皆さん、多いんではないでしょうか。キャンプ場で辛いことを考えると真っ先に思いつくのが、【寝づらさ】。マットを1枚敷いても地面のゴツゴツさに当たってしまって結局目が覚めてしまう、なんてことはザラにあります。

そこでオススメなのがコットなのですが、良いコットを買おうと思うと、諭吉大先生が1人・2人・3人といなくなっていってしまうこと請け合い。

安いコットだと3000円位で買えますが、安定感や設営に難ありだったりします。

キャンプでの快適な睡眠はやっぱりコットに限るよね。

[tip]コット:キャンプ用の簡易ベッドを指す。3,000円〜40,000円と価格の幅が広く、性能もピンきり[/tip]
そこで、コットを買わずに快適に寝るオススメの方法を書いていきます。

しかしぶっちゃけた所、どう頑張ってもコットに勝ることはないので悪しからず!!

まずはウレタンマットを準備します

大前提として、ファミリーであればパーソナルマット以外にもテント用の大きいインナーマットを敷くことを挙げます。お子さんだと尚更寝心地が重要ですので、なるべく敷いてあげましょう。

さて、まず準備するものとしては【ウレタンマット】を準備しましょう。

[tip]※ウレタンマット:ウレタン素材で出来たマット。遮熱性が高いのが特徴で、後述のインフレーターマットに比べるとクッション性は低い。[/tip]

特にオススメなのが、鹿番長の名で親しまれている(?)【キャプテンスタッグ】のEVAフォームマット。

オススメの理由ですが、クッション性が高い形状であることと、価格が安いということ。1個当たり2,000円程度で買えてしまう恐ろしさ。

で、コレを人数分準備します。

詳しいレビューは下記に。

キャンプのマットはこれ?!キャプテンスタッグのEVAフォームマットが意外とよかった。〜僕らのキャンプアイテム〜

次にインフレータブルマットを準備します

EVAフォーマットを準備したら次は【インフレータブルマット】を準備します。

[tip]※インフレータブルマット:半分ウレタン半分エアーというハイブリットなマット。ウレタンが入ってるのでエアーよりも遮熱してくれ、エアーが入ってるのでウレタンよりも寝心地がいい。[/tip]

とにかく安い物がいい!!という方は【DABADA】というメーカーのマットをオススメします。正直このメーカーが果たして何をどうしてるメーカーなのか一切謎に包まれています(笑)。

昨年1年毎日使用した感想としては値段以上の寝心地があるなぁ、というもの。

2,000円程で買えてしまって、200泊近く使用してもダメにならない謎の耐久性があります。

詳しいレビューは下記に。

快適な睡眠のためにはマットが重要!〜初心者のためのキャンプ入門〜

寝心地を追求したいのであれば、僕が使用しているモンベルの【U.L.コンフォートシステムパッド】がオススメです。

エアーが均等に入るので、エアーベッドのように寝返りを打つと沈みこんで床付き、なんてことが無く快適に寝れます。

欠点とすると、価格が高いことでしょうか。個人用に買うのであれば、7,000円位だから大した問題じゃないですが家族4人で買うとそれだけで30,000円弱になっちゃいますし。それでも良いコット1個よりも安いんですけどね

そしてコレを重ねます。

ウレタンマットを下にして、空気を入れたインフレータブルマットを重ねて寝ます。

元々EVAフォーマットが比較的クッション性が高いし、インフレータブルマットは言わずもがななので、こうすることで寝づらいと思うことはそうそう無いと思います。

ウレタン+DABADAで、1セット4,000円程度。4人家族だと16,000円。

ウレタン+U.L.コンフォートシステムパッドで、1セット9,000円程度。4人家族だと36,000円。

こうして見ると高い用に思えますが、各メーカーのスタンダードなコットが12,000円程度で販売されているので、コットを家族分揃えるよりも10,000円以上安く快適な睡眠環境を構築できます。

僕は性能が良い【U.L.コンフォートシステムパッド】を使用していますが、地面の状況によってはどうしてもコレ一枚だと厳しいことがあります。そういう時は2枚重ねにすることで寝づらさを回避しています。

まずは1セットだけ購入して試してみて、寝心地がいいようであれば人数分揃えるのが良いと思います。

快適な睡眠環境を整えて、健やかなキャンプライフをお送り下さい!!!