テントを買った時についてくるプラスチック製付属品ペグは早めに卒業したほうがいいと思います。

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。タイ人に似てるけど日焼けし過ぎてむしろ既にタイ人。ヤマケンの敵。

顔が寒すぎて目がさめる毎日です。北軽井沢の現在の気温はおそらく5度以下ですね。部屋の中もほぼ同じ室温です。

さて、今回はペグ(杭)の話です。

以前、ハンマーの話でこんなブログ記事を書きました

テントを買った時についてくる付属のハンマーはとっとと捨てた方がいいよ

ペグについても同様のことが言えます。

プラスチックのペグはほぼ役に立ちません。

IMG_1853

初めての方はだいたいどこかのキャンプメーカーのエントリーモデルのテントを買うことになりますよね。するとセットでペグとハンマーが付属品として入っていると思います。

一番主流なのが、上記写真の黄色いハンマーと黄色いペグ。このセットが多いです。

ただ、この上記セットは早いうちに卒業した方がいいです。

ベテランキャンパーは一切使わないよ、プラスチックのペグを

IMG_5298

なんでプラスチックのペグを使わないのかって言ったら、それは単純明快「使い勝手が悪いから」です。プラスチックのペグは、硬い地面には全然入っていかないので打ち込むのが本当に大変。ペグを打つだけで何十分もかかってしまうなんてこともあり得るのです、

ペグはソリッドステークかジュラルミン製を。

IMG_5600

以前ブログでスノーピークのソリッドステークは初心者にこそ使って欲しいという記事を書きましたけど

ペグはソリッドステークが一番最強です。スノーピークの大ファンを表す「スノーピーカー」はもちろんのこと、それ以外のベテランキャンパーさんはかなりの割合で使ってます。

それくらいいい道具なんですね。スウィートグラスも、サンタヒルズもレンタルではソリッドステークです。

ただ、いかんせん高いのが唯一のネック。あと重い・・・。サイズがいくつかあるのですが、”30”が一番使い勝手のいい長さなので、これが1本420円・・・高いですよね。1本ですよ!!

正直ペグにそんなにお金を使えないなーって人は上の写真のジュラルミン製のペグを使うといいのです。ソリッドステークよりも安くて、軽いし、安定感もそれなりにあります。

僕のソロテントMSRのハバNXの付属品ですが、さすが安定感抜群です。ペグに不安を感じないです。

ネットを見るとドッペルギャンガーのジュラルミンペグが売れているみたいです。7本で848円!っということは1本120円くらいですかね、安い!

ちなみに、僕が使っているMSRのペグは店頭で買うと1本300円だったかな、たしか。参考までに!

長さが18cmっていうところに若干の不安を感じますが、まぁ大丈夫でしょう。不安な方は7本セットを2個買っておいて、ペグダウン・張り綱をしっかりしておきましょう。

以上、付属品のプラスチックペグは早めに卒業した方がいいですよー!っという話でした!

あなたにも素敵なキャンプライフをー!!