世界一小さいアウトドアメーカー?!キャンプ用ミニテーブルで「ホリデーロード」というメーカーを見つけました。

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

先日、旅の相方ヤマケンがソロキャンプやツーリングキャンプにオススメのミニテーブルはSOTOのフィールドホッパーだという記事を書いてました。

【レビュー】SOTO フィールドホッパーがソロキャンプ、ツーリングキャンプにオススメのテーブル過ぎる。

いやいや、本当にそうなのかと。確かにSOTOのミニテーブルは圧倒的に人気だけど、本当にそれだけなのかと。僕は彼に挑戦状を叩きつけるわけですよ。

スポンサーリンク

世界一小さいアウトドアメーカー「ホリデーロード」って知ってますか?

IMG_0269

ぼく知らなかったです。すみません。このテーブル作ってます。自称?!世界一小さいアウトドアメーカーみたいで、他にも薪ストーブとか作ってるみたいです。東京都荒川区にある小さな町工場的な感じでしょうか?詳しくは下記公式HPへ。

このミニテーブル、結構小さいんです。

IMG_0258

このサイズ。iPad miniよりもひと回り小さいくらいでしょうか。

IMG_0260

開けるとこんな感じです。

IMG_0261

まずはこいつらを組み合わせます。ちなみに、撮影場所はスウィートグラスの寮のベランダです。

IMG_0264 IMG_0265

天板をこんな感じにはめ込みます。

IMG_0266

同様に、左右にはめ込みます。3枚の板で天板が出来上がります。

IMG_0268

そして、反対側の土台を最初の工程同様に作って、はめ込んで完成です。説明書的には最初に左右の土台をはめ込むように書いてありましたが、こっちの方がやりやすかったです。

IMG_0270

キャンプ道具を並べるとこんな感じです。

SOTOのフィールドホッパーと比べてどうなの?

徹底的に比較します。

まずは組み立ての簡単さについて。

99対1でフィールドホッパーの勝利です。向こうは組み立て1秒、こちらは約5分かかりました。慣れてもきっと1分30秒程度でしょう。組み立ての簡単さで言えばフィールドホッパーに軍配が上がります。なんか組み立ててる感があったので、1点だけこちらに加点しました。

続いて、軽さについて。

フィールドホッパー 395g 対 ホリデーロード ツーリングテーブル  440g

大差はないものの、45gの差でフィールドホッパーの勝利。フィールドホッパー2勝目。

次は、収納サイズ。

フィールドホッパー 縦29.7cm×横21.0cm×厚さ1.9cm

ホリデーロード 縦18.8cm×横10.4cm×厚さ1.4cm

ホリデーロードついに1勝!!いい表現がありました。今や死後になるつつあるVHS(テレビとか録画するビデオのこと)と同サイズとのこと!(ホリデーロードHP参照。)

対荷重

フィールドホッパー 約3kg 対 ホリデーロード 約10kg

ホリデーロード連勝で2勝目!!天板の厚さが2mmでアツアツのクッカーを乗せてもいいとのこと(ホリデーロードHP参照。)たしかにフィールドホッパーに比べて天板の重厚感は桁違いです。しかし、ソロキャンプで果たして対荷重10kgまでのスペックが必要なのかについては伏せておきます。

値段(メーカー希望小売価格)

フィールドホッパー 4,986円

ホリデーロード 3,456円

ホリデーロードの方が安い!!

その他、収納ケースや細かいところについて。

まず、ホリデーロードは収納ケースがないです。(減点1)100均でA6?B6?くらいのサイズのソフトケースを買いましょう。僕は諸々入れたいので、あえてA5サイズのポケットケース付き収納ケースを買いました。フィールドホッパーは専用ケース付き。

フィールドホッパーは小物が落ちないように加工されています。

IMG_0397

この細かい気遣い、素敵だと思います。凸凹、斜めのアウトドアフィールドではこの心遣いが本当にありがたいです。(加点10)

結果

組み立ての簡単さ、軽さを求める人はフィールドホッパー(徒歩キャンプや登山をするソロキャンパーにオススメ!)を、値段の安さ、重厚感を求める人はホリデーロードがいいんではないのかと思います。

これを買った経緯としては、ソロ用のミニテーブルを探してた時にこの手のテーブルはだいたいどこのお店に行ってもSOTOのフィールドホッパーかスノーピークのオゼンの2択しか陳列されていなくて、他にも何かないかなーってふらーっと立ち寄った池袋のエルブレスで発見したのです!

エルブレスが買い付けしているんだから、まぁそれなりのスペックなんだろうということでこれを試しに購入してみることにしたのです!スノーピークのオゼンを選ばなかった理由はこの中で一番値段が高い(売価5,200円くらい)のと、その割にフィールドホッパーほど組み立てが一瞬でできるわけではなかったからです。

っということで、あまり人が持っているものは好かない・・・というちょっと変わった人にはホリデーロードのミニテーブルオススメです!

<僕が買ったのはこれ>

ちなみに

天板の種類が違うテーブルもあります。こちらの方が値段が安くて、さらに軽い(2,700円・重量260g)のですが、見た目がかなりちゃっちー感じになりますので僕はこれは買いませんでした。参考までに!!

あなたにも素敵なキャンピングライフを!