買ってそのままキャンプ!?いやいやキャンプ用品って事前に試したほうがいいですよ!

どもども、アウトドアクリエイター(仮)のヤマケンですよよよ。

最近見たアニメで一番面白かったのは純血のマリア。なんでかって?

花澤さんが出てるからに決まってんでしょ!いい加減にしろ!(主に俺が)

さて、そんな僕のオタク趣味はどうでもいいので、今回は買ったキャンプ用品はキャンプに持って行く前に自宅で試したほうがいいよ!というお話です。

スポンサーリンク

買った物はまず自宅で試しましょう。

キャンプ用品を買うと、早くキャンプ場デビューさせたいとワクワクするのがキャンパーの性。

なるべく汚したくないなぁと思うのもまた、当然の摂理。

ですが、敢えて事前に試すことをオススメします。

理由は3つ。

  • 不良が無いかを確認
  • 正しい使用方法を確認
  • キャンプ場でのスムーズな使用・設営を可能にする

ではどういうことか、説明していきます。

不良が無いかを確認

まず一つ目がこちら。あまり無いかも知れませんが、もしかしたら不良が要られる可能性が有ります。そうなると折角のキャンプが台無しです。

例えば、テントの縫合が間違っているかもしれません。これは実際に僕らが経験しています。Colemanのエントリーモデルを購入した時にそのままの勢いでキャンプに言ったら、フライシートで一部縫合が正しく出来ていませんでした。幸い、普通に使う分には問題ありませんでしたが、もし他の重要な箇所がそうなっていたら僕たちはキャンプどころじゃなかったでしょう。

※買ったのがアウトレット品だったので、そのせいだったのかも知れませんが・・・

他にも、パーツが足りない、ガスがうまく出てくれないなど、何か問題があるかもしれません。

僕らは特に【ガスバーナー】等のギミックが複雑な物を初めて使う場合は特に注意しています。

複雑なものを程、不良が出た場合何が起こるか分かりませんし、対処がしにくい。

正しい使用方法を確認

また、誤った使用方法を避ける為に、事前に正しい使用方法を学んでおく必要があります。

誤った使い方をすることで何か問題が起こった場合、被害が自分達だけで済むとは限りません。キャンプ場で有れば周囲に他のキャンパーもいることでしょう。キャンプ場や他のキャンパーに迷惑をかけたり、危険な状況を作ってしまう可能性も否定できません。

こういった危険を避ける為にも、事前に正しい使用方法を学んでおきましょう。

キャンプ場のスムーズな使用・設営を可能にする

これは完全に【キャンプでの盛り上がり】に影響を与える部分です。

折角キャンプをするというのに、いつまでたっても使えないとか、設営が終わらない、なんてことになれば、一気にテンションガタ落ち。徒労感も増えます。

失敗談をすると、初めてキャンプを行った時いつまでも経ってもテントは建たないし、火は起きないしで、匙を投げた覚えがあります。彼女と行った初めてのキャンプでも同様になって2人でがっかりしたのは内緒。

そんなこんなでテンションあげぽよで最高のキャンプを演出するためにも事前に使い方を知っておくことは重要です。


以上が、買った道具は事前に使用したほうがいい理由でした!

一番最後のは盛り上がりに関する問題なので、特に気にしない方はいいんですけど、1つ目と2つ目は特に注意が必要です。キャンプが出来ないどころか、他のキャンパーにも迷惑をかけてしまう可能性がありますからね。

事前に道具をチェックして、安全で楽しいキャンプライフを!