寝袋が袋に入らない?綺麗に畳む気持を捨てれば全て解決です。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン:アウトドア”笑顔”クリエイター
好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。ブログのシステムと顔面担当。キャンプ初心者に優しい世界になれば良いと思ってますが、旅3年目にして本格的に髪の毛を失った。

そろそろ80キロが見えてきて焦ってます。

太りすぎてやばい。どんくらいやばいかっていうと、マジでやばい。

さて今回は、寝袋をしまう時のお悩み解決です。

スポンサーリンク

一度使ったら綺麗に畳んでしまうのはほぼ無理

20151205-IMG_9501

キャンプあるあるのひとつだと思うんですが、寝袋を袋に綺麗にしまおうとするといつまで経ってもしまえない現象。

僕らも最初の頃、寝袋をしまうのに一生懸命畳んでしまおうと四苦八苦していました。

寝袋の種類によっては、綺麗に畳んで入ります。夏用寝袋とか。一方で、3シーズンや冬用の寝袋になると、一度取り出したが最後。綺麗に畳むことは不可能に近いのです。

これ、恐らくなんですが、3シーズンや冬用は中綿が多く、その分空気が入って膨らむので入らねぇんじゃないかなと。

まぁそんな原因を考えるのは割とどうでもいいので、対策をお話しようと思います。

そもそも綺麗に畳もうとすることが間違い。ただ詰め込むのみ

ではどうするば簡単に寝袋をしまえるのかというと、それは

畳まずに足側からグイグイ詰め込む

ただそれだけです。

ただそれだけなんですが、目から鱗レベルでグイグイしまえます。

勿論グイグイ入れてくだけなので、次回使用時にくしゃくしゃになってしまいます。

が、どうせ寝ればグシャグシャになるし、そも使う前に少し干しておけばくふっくら膨らんでくれます。

従って、寝袋を袋にしまいにくいという方は、いっそのこと綺麗に畳むことを捨てて、ただただ詰め込んで見てください。

撤収時の時間短縮になります。