南三陸町の美味しい海産物をお手軽パックに「たみこの海パック」

どもども、キャンプで日本一周のヤマケンです!!

当ブログでは僕らのキャンプの様子や、キャンプ初心者向けのキャンプ情報、僕らの周ったキャンプ場の情報をアップしています。

お時間の許す限り御覧ください!!


たみこの海パック

IMG_2036<真ん中がたみこさん。元気なお母さんです!>

宮城県の南三陸町の美味しい海産物のなかでも、漁師の妻であるたみこさんが厳選したものをパックにしてお届けします。

個人的におすすめがこの「たみこの楽ちんわかめ100g

塩蔵(塩漬けにして日持ちをよくさせる方法)したわかめをちょうどいい大きさに切ってあるものです。

一応5分水につけて塩抜きをと書いてありますが、実際は5分もやんなくてもいいそうです。笑

様子を見ながら塩抜きをして下さい。

IMG_2027<このわかめめっちゃ美味いねん>

味噌汁の具にもお勧めですが、地元の方の美味しい食べ方は「わかじゃが」

肉じゃがにわかめを入れるそうな。

今度作ってみますので、レポートをお待ちください。

他にも炒めものにも使ってもいいとのこと。

この楽ちんわかめは肉厚でしっかりしたものなので、ご飯を炊く時に入れてわかめご飯にすると美味しい・・・

IMG_4270 <わかめがしっかりしてるので一緒に炊きこんでもわかめの存在感がすごい>

他にも、ウニだとかアワビだとか、本当に沢山の海産物をセレクトしてらっしゃいます。

IMG_2020   IMG_2041

IMG_2023<うますぎて驚くさくぽん>

是非是非お試し下さい!!こちらのサイトで取り寄せ可能

こんな旨いものを自宅にて食べられるわけです。一度お試し下さい!!


南三陸町を支援する方を通じて、今回たみこさんにお会いさせて頂きました。

僕はこれまで被災地を直接見た事はほとんどありませんでした。

震災直後から当初はよく震災関係の番組やらなんやらがやっていましたが、現在は意識的に情報収集しないと被災地の情報ってのは分かりません。

なんなら被災地の情報が上がらなすぎて、被災地の存在すら思考の外に投げ出してしまうまであると思います。

で、今回現地を見て、「ああ。何も終わってない。」というのが感想でした。

街のそこかしこには被災者の方の仮設住宅があるし、無くなってしまったものは全て無くなったままでした。

何も終わっていない。

でも。でもです。

住んでいる人たちは一歩ずつ進んでるんじゃないかと思ったんです。

仮設の商店街にはお店があって、美味しい物を売っていて、観光客が来て。

津波でお店が流されてしまってもまた立ち上がってお店をやっているんです。

震災以前のように漁に出られない。収入も下がってままどうにもならない。漁師の方には大打撃だと思います。

それでも、このたみこさんの様に、こういう状態だからこそ自分たちが立ち上がって南三陸町を元気にしようする人たちがいて。

まだ何も終わってないんです。でも、始まっています。

こういう状況下で一体僕らは何が出来るんだろうか。

わからんです。わからんけど、それでも、こういう場所に来て、美味しいものを食って、そこの状況知って、其々がどうすればいいのかを考える。

そんで皆で更に行動していくのが大事なんじゃないでしょうか。

今の僕に出来ることは、たみこさんの所の美味しさを皆に伝える事しか無い。

無いけど、やらないよりはマシだと思って、やります。

あ。誤解があると良くないので言いますが、別に「ボランティアで買って下さい!!」って話しではないです。

単純に凄く美味しいと思ったのと、多くの人に食べてみて欲しいからです!!

またグズグズのまま書いてしまった。