【初心者向け】ロープに付いている金属製のあの謎のあれ。自在っていうんです。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン:アウトドア”笑顔”クリエイター
好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。ブログのシステムと顔面担当。キャンプ初心者に優しい世界になれば良いと思ってますが、旅3年目にして本格的に髪の毛を失った。

ランサーズって言う、フリーランスのサイトに登録してるんですが、今日直接仕事の依頼が来ました。僕のプロフィールを読んで依頼したそうです。

絶対ナンパに成功する4つの方法。

なんだよそれ・・・俺どんなプロフィール書いちゃってんだよ・・・・

さて、今回は初心者向けの記事【自在】について

スポンサーリンク

ロープにこんな金属ついてるじゃない?

DSC00766

初心者の皆さん、初めて買ったテントにロープは数本入っていたかと思うんですが、そのロープについてるこの金属、なんだか知っていますか?

こんなん普通になんだか分からんですよね。説明書見てもよく分かんねぇし。っていうか書いてない場合も有ります。なんだよそれ・・・

実際、昨夏にキャンプ場でお手伝いした時にこの金属の使い方が分からずにいた初心者の方がいらっしゃいました。

そんなこの謎の金属【自在(じざい)】について説明していきますよ。

自在はロープを好きな所で固定する為の金具

自在は簡単に言えば、

テントをロープで固定する際に、ロープの長さを好きな所でかませて固定し、テントをより強く固定する為の金具

を指しますが、何言ってるかわかりませんよね。僕もよく分かりません。

ので、写真でもって説明しますね。

使い方

DSC00767

上の写真の様に、自在を使って輪っかを作ります。

ロープの反対の端はテントに結びつけておきます

DSC00768

ペグに引っ掛けます。

D

自在を持って矢印の方に引っ張ります。

DSC00771

ロープがこんな感じでピンと張ります。ロープの張りが強くなるまで自在を上に引っ張っていく。

DSC00772

で、こんな感じでぴーんとロープが張れるわけです。

ロープはテントが風に飛ばされないように地面に固定する為の道具なんですが、そのロープをピント張るための道具がこの自在、というわけですね。

なんだよ、最初からこう説明したらよかったんか・・・・

以上、簡単ではありますが、自在の使い方の説明でしたー。

細かいところだけど、使い方が地味に分かりにくくて、でもテントが風に飛ばされないようにするかなり重要な道具なのが自在です。

ロープがぴーんと張れれば、風にも強くなってより安全だし、何より見た目が格好良いのでしっかり出来るようになりましょう!

コメント

  1. ナベ より:

    いつも、というか毎日読んでます。

    自在の話です。

    自在って『くの字』になってますよね。正しい向きってあるんですか?

    通常は買ったときにロープに付いてるんで気にしてませんが、ロープと自在を買ったときに間違うと弱くなったりするのかなと思いまして。

    花粉がしんどいです。

  2. camp-in-japan より:

    ナベさん
    どもども、ヤマケンです。
    いつもありがとうございます!!お世話になってますー。

    この記事の写真のように、くの時の折れてる側が下になるようにするのが良いですね。文字で説明するのが難しいんですが。
    ちなみに逆側でやろうとしてもテンションがかからずスルスルします。