世界中で虫に刺されてるさくぽんが考えるキャンプでの虫対策。

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
もっと英語を頑張ります。色んな人と話がしたいです。

今年の梅雨はなんだか例年とちょっと違う感じですねー。そんなに雨が降ってない気がします。キャンパー的にはもってこいな感じですが!

さて、今回は、いよいよ出始めた虫への対策です。世界中で虫に刺されてきたさくぽんの経験談です。

スポンサーリンク

みんな!虫対策どうしてるー??!

このブログでも何度もお伝えしてきた虫関連の話です。

「キャンプってちょっと・・・」っと思っている人のほとんどが虫が苦手、もしくはお風呂に入れないのが嫌だってところにいきつきます。

まぁアウトドアなので完全に虫を防ぐことはできないんですけど、ある程度対策をすれば避けることができるのも事実なのであります。

毎年のように虫関連記事を書いているのですが、昨年フィリピンニュージーランドと海外でもアウトドアを楽しみ、虫に刺されまくった(アップデートされた)私の虫対策情報を紹介していきます。

基本、蚊取り線香。ド定番

本的に蚊取り線香がド定番の虫対策として君臨します。

これはアウトドアをしてない人でも馴染みのある虫対策だと思います!

フィリピンでは日本の蚊取り線香の効き目がいいからか、「カトール」という名前で蚊取り線香が販売されてます。

日本人生徒がみんな日本製の虫対策品を持っていって使ってましたよー!やっぱり日本の製品はクオリティが高いんですね!

逆にいうとコレがないと悲惨なことになりますので、確実に持っていきましょう。

オリジナルキャンプブランド

森林香も、もはや必須アイテム?!

こちら林業関連の人たちもよく使う、蚊取り線香に似た虫対策アイテムです。

蚊取り線香の倍くらいの大きさで、煙の量がざっくり3倍くらいでます

アブとか、その他細かい羽根虫などへの対策です。なので、ワイルドなキャンプ場へと行く場合は持っていったほうがいいアイテムです。

本体が太いからなのか、蚊取り線香の容器に入れて燃やしていると酸素不足(?)で消えてしまうため、専用の道具が必要です。

30巻で1,200円強(+専用機)なので、蚊取り線香よりも高くなりますが、これは持っていたほうが安心な虫対策品。

10本入り、専用機つきセットもAmazonで売ってますので、まずはそっちを購入して試すのもありですね!

ブヨ対策はアウトドアポーション

これももはや必須のアウトドアグッズとしてもいいくらいに使えるスプレーです!

刺されてしまうとやっかいなブヨ対策にもってこいのアイテム。ミント・ユーカリ系の香りでブヨを忌避します。

これの効果がなかなかいい感じ!僕はこの3年間で3〜4本買ってます。ちなみに、フィリピンでは蚊に効果がありましたが、日本の蚊には効き目がありませんでした。残念。

香りがいいので、汗の匂いが気になる夏場のアウトドアでも活躍します!これはマストアイテム間違いないです。

Wild-1などのアウトドアショップはもちろんのこと、ちょっとしらアパレルショップにも置いてたりするので、サンプルがあればぜひ試してみてください!!

参考:【海外でも使えたよ!】蚊、虫対策の定番アウトドアパーフェクトポーションは万能説。

スキンベープもかなりいいよ!

そして!スプレー系でいうと、フマキラーのスキンベープもいいです。

ドラッグストアなどにいくと「類似品にご注意ください!」的な文言が書かれていて、真似されるくらいの製品なんだと思います。ちなみに、類似品はあまり効かなかった記憶があります(名前忘れてしまいました)

蚊取り線香などを持ち歩けない場合で、ざくっと虫除け対策をしたい!っと思った時はこのスキンベープを使います

若干、スプレー後にベタっとした感が残るので、苦手な人がいるかもしれませんが、蚊やブヨなどの忌避にはいいです。

刺されてしまった後には、ポイズンリムーバー

これだけ対策をしてても刺されてしまった・・・という時のために、一家に一台持っていると便利なのがポイズンリムーバーです。

特にブヨは刺されてしまった後に、いかにすぐに毒素を抜き出すか、っでその後のかゆみを防ぐことができます。

また、万が一蜂やアブなどに刺されてしまった場合も同様です。落ち着いて正しく毒素を取り出せば大事に至ることはそうそうないので!

写真は簡易版で1,000円程度で買えますが、もし予算に余裕があれば刺された箇所や虫によって吸引する先っちょが交換できる、エクストラポイズンリムーバーの方がオススメです。

備えあれば憂いなし系なので、ぜひに。小さいお子様がいればなおさら!

効果が感じられなかった虫対策アイテムたち

和歌山県のリゾート大島で試した虫除けリングはほぼ効果を感じることなく、ゴミ箱へと行かれました。使ってる人そんなにみないし、まぁそんな感じなんでしょう。

参考:【試してみた】キャンプで虫除けリングって実際効果あるの?!

こちらはアルコールフリーのききりきら。白樺の香りのするスプレーです。

っが、こちらもそれほど効果を実感せずに、いつの間にかどこかへいってしまいました。

店頭でも見かけなくなりましたね・・・

参考:【レビュー】キャンプの虫対策!kikirikira[ききりきら]をゲットしたので試してみた。

こちらも天然成分100%系のボディスプレーです。MSRなどを取り扱っているモチヅキさんの製品ですが、特にあまり印象に残ってないので・・・うん、そんなに効果が無かった気がします。

コレ系はアウトドアポーションがいいです、本当に。

刺された後の塗り薬

刺されてしまった後、ポイズンリムーバーをしてもまだ痒みがあるよーーーって時には、ムヒαをオススメしてます。

何の虫に刺されたとしても、極力掻かないようにした方がいいです。

かけばかくほど痒みが広がって、ブヨの場合は足全体がパンパンに膨れ上がることもあります・・・気をつけてくださいね。

基本的には、患部を冷やしてなるべく刺激をしないように、安静に過ごしてください。

まとめ

ってなわけで、私さくぽんの経験上、どんな虫対策をすればキャンプでも快適に過ごせるのかを紹介してきました!

まとめますと・・・

  • 蚊取り線香はテッパン、森林香もあるとなおよし!
  • アウトドアポーションは、ブヨ避け+フレグランス代わりに。
  • 持ち運びできるのはスキンベープがオススメ!
  • 一家に一台ポイズンリムーバー

ってな感じです。この5アイテムがあれば、蚊・ブヨ・アブなどの虫対策はほぼ完璧です。

超山の中の北海道や沖縄、フィリピン、ニュージーランドでも体感したことなので、ぜひぜひ参考にしてください。

みんなーーーー虫対策すれば夏のキャンプも十分楽しめるんだよーーーーー!