持っててよかった&買ってよかった!キャンプ道具まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヘリノックスチェアワン キャンプ用品レビュー

ども、Hyper Camp Creatorsです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
もっと英語を頑張ります。色んな人と話がしたいです。
ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

先日こんな記事を書きましたが

[随時更新]初心者が買うべきおすすめキャンプ道具リスト

今度は初心者向けではなく、広くキャンプを親しんでいる人向けに僕が今までに買ってきたキャンプ道具で「これ!いいな!」っていうものをリスト化していきます。

いいなーっと思ったら日々更新していきます!

◀最終更新日:2018/5/1▶

  1. スキレット8インチ ロッジ
    1. シングルバーナー ST-301  SOTO
    2. シュラフ NANGA
    3. チェアワン カモ ヘリノックス
    4. ピークライトマットレス ISUKA(イスカ)
    5. ガストーチ SOTO
    6. キャンプケトル ユニフレーム
    7. ユニフレーム ファイアグリル
    8. ユニフレーム 焚き火テーブル
    9. コットワン ヘリノックス
    10. ユニフレーム ウェーブダブルマグ
    11. ポイズンリムーバー
    12. キャプテンスタッグ EVAフォームマット
    13. スノーピーク ローチェア
    14. ユニフレーム フィールドラック
    15. MSR ハバNX
    16. SOTO ステンレスダッチオーブン
    17. スノーピーク ノクターン
    18. キャンプ場発 <KOKAZE>の木製テーブル
    19. ハイランダー スエードインフレーターマット
    20. MSR ステイクハンマー
    21. SOLR ソーラーランタン
    22. ユニフレーム ユニセラ
    23. ノルディスク アスガルド
    24. シアトルスポーツ ソフトクーラーボックス
    25. いぶり暮らし(燻製漫画)
    26. アウトドア パーフェクトポーション
    27. インナーシーツ
    28. コールマン ハンギングドライネット
  2. Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルター
    1. グローブトンボK-TFG5NV
    2. 日本野鳥の会のバードウォッチング長靴
    3. マイルストーン USB充電 ヘッドライト
    4. キャプテンスタッグ 飯盒
    5. キャンプ漫画「ゆるキャン△」
    6. ユニフレーム fanカトラリーセットR
    7. テンマク キングトング
    8. ダンボー 折りたたみコンテナ
    9. Amazon Prime
    10. ガルボオススメキャンプ道具まとめも!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキレット8インチ ロッジ

20150612-IMG_1745

アヒージョ作ったり、ローストビーフ作ったり。キャンプっぽい料理をするにのはもってこいのアイテムです。これがあるだけで料理の幅が広がりますし、とにかく何焼いても絵になるので気に入ってます。

値段が安いのもいい点!だけど、シーズニングが必要なのでちょっとだけ面倒くさいです。蓋は必須ではないですが、あると何かと便利です。

シングルバーナー ST-301  SOTO

IMG_0019

これはダッチオーブンを使っても問題のない、数少ないシングルバーナーです。ガス缶とアッツアツに熱せられたダッチオーブンとの距離が近いと爆発する危険性があるのですが、これなら問題無し。

五徳からガス缶までの距離が十分なので重宝してます。ただ、普通のシングルバーナーと比較すると少し重いです。

シュラフ NANGA

IMG_0282

国産寝袋メーカーのNANGA(ナンガ)。僕が使っているのはコンパクトになるタイプで、だいたいラグビーボールの大きさくらいでしょうか。

これだけコンパクトなのにダウンなので暖かい。小田原にあるsotosotodaysというアウトドアショップでショップ限定のオリジナル製品を購入。お近くの方はぜひ。

チェアワン カモ ヘリノックス

IMG_2827

言わずと知れた超有名チェア。なんといっても軽くてコンパクトなのがいいです。チェアにしては値段が高いなーって思ってたんですけど、これは買う価値ありだと思います。

勢いで買ったカモ柄も地味に気に入ってます。

さらに!2017年に出たチェアゼロはなんと総重量510gという軽さ。旅キャンプにはこれがオススメです。こっちも買ってよかった。

ピークライトマットレス ISUKA(イスカ)

IMG_1690

こちらは日本のメーカーのISUKA。半自動的に空気が入っていくインフレーターマット。500mlの缶ジュースより少し小さいくらいの大きさに収納できるのがいい点です。

ただ普通にオートキャンプで使うんだったら、もうちょっと厚いタイプの方がオススメです。

ガストーチ SOTO

IMG_0102

必須アイテムではないですけど、あると便利なのがガストーチ。炭や薪に火をつける時に大活躍します。あと、スキレットで調理して上にチーズとかのせてそれを炙ってドヤ顔することもできます。

価格も安いのでオススメです。

キャンプケトル ユニフレーム

IMG_8275

無骨なデザインが好きなユニフレームのキャンプケトル。これは直火に当てても問題ない耐久性が売り。直火で煤ければ煤けるほど味が出てくるので愛着がわいてくるでしょう。

ユニフレームのロングセラー製品は基本的に一回買ってしまえば半永久的に壊れることがなさそうな感じ(焚き火テーブル、ファイアグリルなど)がします。

ユニフレーム ファイアグリル

ファイアグリル

こちらも安定のユニフレーム製品。お値段6,900円ながら100回以上使用しても壊れないすぐれもの!

火を取り扱う系の道具は、国産安心のユニフレーム製が一番オススメです。

秋のキャンプ場ではそこかしこでこの焚火台を見ると思います。それくらいキャンパーから信頼を集めている商品です。

 

ユニフレーム 焚き火テーブル

IMG_3650

アッツアッツのダッチオーブンをそのまま置いても全く問題のない、超優れものテーブルがユニフレームの焚火台。ベテランキャンパーは皆持っているユニフレームのロングセラー商品です。

買って損なし!人によっては3つくらい持っている人もいます。

コットワン ヘリノックス

IMG_1041

これまたヘリノックスの製品。35,600円と非常に高額なのでハイパー悩んだ末に買いましたが、やっぱり買って正解でした。

設営するのも慣れればかなり簡単だし、やっぱり高いだけあって製品力も高いです。

ヘリノックスのコットワン特有のアタッチメント方式だからなのか、面の張り具合が他のコットよりもいいので寝やすいです。キャンプで快適な睡眠を得るための最適解は「ヘリノックスのコットを買う」です。

ユニフレーム ウェーブダブルマグ

IMG_0854

いかにもアウトドアっぽい見た目とさすがユニフレーム製品と言える性能の高さがお気に入りポイントです。キンキンに冷やしたビールをこれに注いで飲むとマジでうまいです。

少し値がはりますが、一つくらいはお気に入りで高いアイテムが欲しいなーなんて思った方はぜひ。

 

ポイズンリムーバー

IMG_9994

結構甘く見てて、持ってはいたけど使ってなかったキャンプ道具。苦笑

謎の虫に刺された時はとりあえずリムーバー使いまくります。すると楽になるのでびっくりです。僕らが持っている安いタイプのものでもいいと思いますので、一つだけ常備していると安心の道具だと思います。

キャプテンスタッグ EVAフォームマット

IMG_2119

鹿番長の愛称で知られるキャプテンスタッグのオススメは、ウレタンマットである【EVAフォームマット】。銀マットで寝れない方は次にこちらを試してみるのも手です。

THERMAREST(サーマレスト)等の本格的なウレタンマットに比べると床冷しますが、それも冬場だけのこと。3シーズンで使用するのであれば、十分な性能と何よりマットの柔らかさが良い。値段も他社のものに比べて手軽です。色々試して一周回って使えるものがあるのが鹿番長。

スノーピーク ローチェア

IMG_7632

これ、ずーっと気になってたんですけど、大分県にあるスノーピークのキャンプ場でセールしてたので思い切って買ってしまいました。

上で紹介しているヘリノックスのチェアワンもいいんですけど、車の積載に余裕のあるオートキャンプではこっちの方がいいです。座り心地抜群で、まさにリラックスできるチェアです。

それなりの値段(15,000円)ですが、スノーピークですからおそらく半永久的に使えるでしょう。お金があったいい感じのチェアをお探しの方はぜひ。良いチェアです。

関連記事:キャンプのローチェアはヘリノックスじゃなくて、スノーピークなんじゃないか説。

ユニフレーム フィールドラック

最初は「ラックで3,900円かーちょっと高いなー」なんて思ってたんですが、使ってみたらビックリ。これにキャンプ道具を載せるだけで一気にキャンプ上級者の雰囲気が出ます。

荷物が汚れなくていいですし。Amazon、その他実店舗でも在庫がないことが間々あるので、見つけたら書いかも?!ぜひ、下記関連記事も参考にしてください。

関連記事:【レビュー】UNIFLAME フィールドラックを買ったら急にキャンプ上級者の雰囲気になった

MSR ハバNX

20151211-IMG_9706

正直買った時は結構な値段するなーっと思っていたテントなんですけど、2015年フルで使用。間違いなく100泊以上つかっても未だに壊れないこのテントはマジで買ってよかったです。

登山もソロキャンプもする人はコスパ最強なのでこれがオススメです。

関連記事:【ソロテント】通算100泊以上。ソロにも登山にも。MSRのハバNXは最強テントです。
関連記事:【何度でも押します】MSRのテントが本当に性能が良くてビビってる。

スポンサーリンク

[myphp file=’middle-ad’]

SOTO ステンレスダッチオーブン

20160209-IMG_4076

もうあの黒いダッチオーブンには戻れないレベルで使いがっての良いステンレスダッチオーブン。何がいいって、めんどくさいシーズニングをしなくて良いところです。普通に洗剤で洗うこともできますしね。

それでいて写真のように炭火に突っ込んでも全然問題なし。これはマジでオススメです。

関連記事:【レビュー】SOTO ステンレスダッチオーブンはマジで買うべき。超おすすめ。

スノーピーク ノクターン

IMG_9248

2015年末に発売されたにもかかわらず、未だに在庫薄の大人気ランタンのノクターン。揺らぐ炎がなんとなくリラックスさせてくれます。

お値段3,900円とスノーピークにしては良心的な価格なので、気になる方はぜひ!

キャンプ場発 <KOKAZE>の木製テーブル

20160823-IMG_3621

千葉県の人気キャンプ場「有野実苑」で生まれた、地元の山武杉を使用した木製のテーブルです。家具職人さんが一つ一つ手作業で制作されている思いのこもった一品。

これがあるだけでキャンプサイトが一気に華やかになります!

ハイランダー スエードインフレーターマット

DSC00977

突如現れた格安(4,500円くらい)なのに厚さが5cmあるインフレータブルマットレス。最初は懐疑的だったさくぽんもこれは納得の一品でした。

収納サイズが大きいのが唯一の欠点ですが、車を使うオートキャンプだったら全然問題ないですね。

 

MSR ステイクハンマー

IMG_3281

2016年注目のMSRのハンマー。重さ300gちょっとですがしっかりと打ち込めて、そして何よりも見た目がカッコいいハンマーです。相性的にはユニフレームのステンレスペグがいい感じがしました。

お値段4,800円ですが、カッコいいハンマーが欲しい人にはぜひオススメの一品です。

SOLR ソーラーランタン

IMG_2585

お値段3,000円弱でソーラー充電で光るランタンです。防水仕様になっているので外に置きっぱなしにしても問題のないランタンです。

子供がトイレに行く時などにもたせてあげられる感じのランタンでかなり気に入ってます。

ユニフレーム ユニセラ

P6011900

卓上でBBQができる優れものアイテムの「ユニセラ」

1万円と値がはってしまいますが、さすがのユニフレームなので何年使っても壊れないんだとか?!

わざわざ立った状態でお肉焼く係を作らずに、皆座ってBBQできるのでオススメですね!

ノルディスク アスガルド

20160402-IMG_9268

コットンテントといえばコレ!北欧メーカー「ノルディスク」のアスガルド。

お値段は10万円以上しますが、やっぱりコレでキャンプをすると非日常感がすごく味わうことができます。

コットンなので取り扱いが面倒くさく、万人にウケるわけではないですが、僕はコレを買ってよかったと思ってますね!

シアトルスポーツ ソフトクーラーボックス

IMG_8913

おそらく販売されているソフトクーラーボックスの中で一番見た目がカッコいいクーラーボックスなのではないかと思われるシアトルスポーツのソフトクーラー。

スノーピークのクーラーボックスも同じところで作られていると噂の製品力。それなりのお値段(1万円くらい)ですが、保冷力も問題なしのキャンプ道具です。

いぶり暮らし(燻製漫画)

スクリーンショット 2015-12-27 17.56.52

こちら、キャンプ道具ではないのですが、読んでいてすごく参考になる漫画なのでご紹介!

「いぶり暮らし」というタイトルから連想できるように、この漫画は「燻製漫画」です。燻製に関するイロハを漫画でわかりやすく紹介してくれてます。

燻製道具を製造しているSOTOさんも推しているいぶり暮らし。燻製ってどんな感じ?よくわかんないけど、興味ある!という人はぜひ参考にしてみてください!

アウトドア パーフェクトポーション

アウトドアパーフェクトポーション

キャンプ道具ではありませんが、アウトドア用の虫除けスプレーです。天然由来の素材+ユーカリ系の香りが心地よく、かつ、ブヨなどに効果があるのでかなり人気です。

3年以上愛用している一品で、周りの人の評価もかなり高いです。騙されたと思って使ってみてください。

インナーシーツ

ヤマケン、さくぽん共に大満足のインナーシーツ(ライナー)。シュラフの汚れ対策や温度管理、肌触りなど、買って実際に使ってみてその良さに驚きました。

それなりにお値段がするけど、これは買ってよかったアイテムですね。

コールマン ハンギングドライネット

洗い終わったあとの食器を乾かしたり、動物から食材を守ったり、燻製前の食品の乾燥にも使える優れもの。

手のひらサイズに収納できるので場所もとりません。一家に一個あって損のないオススメ道具です。

Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルター

Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルター

ヤマケンが2017年で買ったアイテムの中で最も使い勝手が良かったキャンプ道具がこの、Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルター。

自立式の一人用の蚊帳で、ポップアップなので袋から取り出すだけで広がる手軽さと5000円しないで買えるのが魅力。

デメリットとしては身長170cmまでの人しか快適に眠れないということ。縦が短いんだよ・・・

グローブトンボK-TFG5NV

消防士も使ってるいるという、いわゆる「その道のプロ」が使う系の道具です。焚火やBBQをする時に大活躍するアイテム。お値段5,000円オーバーだけど、その価値のある一級品です。

革手袋のゴワゴワ感が苦手な人はぜひ、オススメです!

日本野鳥の会のバードウォッチング長靴

さくぽん、ヤマケン、ガルボの3人とも持っている日本野鳥の会が販売している長靴。コンパクトに収納できるため、キャンプやフェスに持っていきやすい一足。

最近は街中でも履いている人を見かけるのはカラーバリエーションが増えたからでしょうかね。

5,000円前後とそんなに安くはありませんが、買って損なしのアイテムです。

【レビュー】日本野鳥の会のバードウォッチング長靴は履き心地が良くキャンプにちょうどいい長靴

マイルストーン USB充電 ヘッドライト

日本発のヘッドライトブランド「milestone」のヘッデンです。特徴はUSBで充電できること。つまり、電池不要です。

ぶっちゃけ買値は高いし、USB給電である必要はないんですけど、なんとなく充電して使えるというところに男のロマンを感じて、このリストに入れました。

モノ好きな人にオススメの一品です。

キャプテンスタッグ 飯盒

キャンプといえば、飯盒でご飯を炊く!って思っている人、結構いますよね。

決してそんなことはないのですが、1個1,000円くらいで買えるので持ってて損はないアイテムです。そのイメージどおりに飯盒でご飯を炊いて、カレー食べるだけでもキャンプは楽しいです。

お子さんとかにも、炊飯器以外でもお米が炊ける様子とか見せてあげると教育的にもいいと思います。

いかんせん、キャプテンスタッグのが安いのでそれがオススメです。僕らもそれ買いました。

キャンプ漫画「ゆるキャン△」

2018年にアニメ化されることも決まっているキャンプ漫画の「ゆるキャン△」

最初は少女マンガなのかな?なんて思って読まなかったんですけど、読んでみたらビックリ超面白かったです。

道具の解説がキャンプ初心者に優しいんですけど、実際のキャンプシーンの描写はソロキャンパーをくすぐるような絵になってます。これが最高。

ぜひ、キャンプ沼にどっぷりハマりたい人はどうぞ!(笑)

ユニフレーム fanカトラリーセットR

気になっていながらも5,900円という定価におののいていたが、実際に買ってみると超正解。

グループキャンプで友人を招待する時、子供が大きくなった家族なんかには持って来いのカトラリーセットです。

箸、スプーン、フォークが4人分入っているので、これをもっておけばとりあえずカトラリーは問題なしという安心感も◎

買ってよかったです、本当に。

テンマク キングトング

テンマクの焚き火用トングのキングトング。

普通に薪がつかめるだけではなく、こういう細枝もつかめる秀逸さ。

さらにダッチオーブンのフタを持ち上げるリフターにもなるというお得感。これで990円は安すぎる。まだ焚き火用トングを持っていない人は、これを選択肢にいれるべし!

ダンボー 折りたたみコンテナ

ちょっとカワイイ折りたたみコンテナ。ダンボー仕様です。

正直普通の折りたたみコンテナよりも値段は高いのですが、なんともいえないこの愛くるしいデザインがいい感じ。

飾りにもなる収納ボックスってそんなに多くないので、ちょっとカワイイ収納ボックスを探している人にはもってこいのキャンプ道具です。

Amazon Prime

これはキャンプ道具ではないのですが、僕たちがキャンプ道具を買うときにはかなりの確率でAmazonを使います。

単純に安いし、返品の保証も手厚い(メーカーじゃなくてAmazonが対応してくれる)し、欲しい時にすぐ来る

という特徴があります。

さくぽんもヤマケンも配送料が無料になるプライム会員です。年間3,900円の年会費がかかりますが、1月あたりだと300円ちょっと。

キャンプ道具を買う以外でも、ビデオをみたり、Amazon Musicで音楽を聞いたり、とかなり楽しませてくれます。

あとは、「Keepa」というGoogle Chromeの拡張機能を使えば、欲しいアイテムの直近数ヶ月の値段変動が見れます。これが超便利なので、Google Chromeを使っている人は追加すべし!

Amazonプライムはこちら。30日間は無料で使えますので、ぜひお試しあれ。

ガルボオススメキャンプ道具まとめも!

年間20泊以上するガルボ。このブログに1年間で300弱の記事投稿を行ってくれました。

そんなガルボのオススメキャンプ道具は下記の記事にまとまってますので、そちらも合わせて参考にしてくださいね!

参考:ガルボのオススメする買ったら絶対に満足するキャンプ道具まとめ

 

以上、ずらずらと書いてきました〜!新しいキャンプ道具を随時買い足してますのでまたオススメのキャンプ道具があったら紹介していきますー!

みんなのコメント!

  1. 鈴木恭子 より:

    はじめまして。
    今までデイキャンプばかりでしたが、
    犬を飼い始め、息子も大きくなってきたこともあり、
    この度初めての本格キャンプをすることになりました。
    雨に対応して、ロッジだけ借りてありますが・・・

    家族でこちらのサイトを参考にさせていただきました!!
    本当にいろいろ楽しみながら勉強になりました。
    ありがとうございます。

    楽しんできます~。

  2. camp-in-japan camp-in-japan より:

    どもども、ヤマケンです。

    おー!デビューおめでとうございます!!
    ロッジ泊でもキャンプですからね!

    お役に立てたなら恐悦至極だなぁ
    いいなぁ。楽しいだろうなぁ。
    わくわくしますね!
    楽しんでちょうだい!!

  3. あきじ より:

    いつも楽しく拝見していますー
    さて、急にタープが欲しくなりまして、ファミリー向けの手頃でおすすめなタープはありますか?
    主にデイキャンプで使用する予定です。
    よろしくお願いします。

  4. さくぽん さくぽん より:

    あきじさん
    コメントありがとうございます!!
    ガルボが使ってるタトンカなんていかがでしょうか?
    https://camp-in-japan.com/post-23650/
    それかもっと手頃なのはヤマケンが使ってるアクアクエストも!
    https://camp-in-japan.com/post-20786/

スポンサーリンク