【キャンプの虫対策】蚊、ブユ(ブヨ)、アブその他、色んな虫対策はどうする?!

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

だいぶ気温が高くなってきましたね。新緑が綺麗で気持ちいいです。

さて、今回はそんな新緑が気持ちいい季節は彼らの到来を告げる合図でもあります。そう、蚊・ブヨ・アブなどの1虫たちですね。キャンプでの虫対策を改めてまとめます。

スポンサーリンク

キャンプの虫対策、あなたはどうしてる?

IMG_4340

ごくごく一般的な虫対策でいうと一番有名なのは「蚊取り線香」ですよね。キャンプでも使えます。ただキャンプでは日常生活よりも蚊が多い場所に行く可能性が高いので、1個だけではなく2箇所以上で使うなんてこともします。

蚊取り線香が効かない虫には?!

ブヨ(ブユ)やアブは蚊取り線香が効かないです。ので、蚊取り線香をいくら焚いても意味がないです。本当この時ばかりは蚊取り線香を恨みたくなります。なんで効かないだ・・・!って。

しかし、そんなブヨやアブにも効く忌避剤があります。

オリジナルキャンプブランド

ブヨ対策は絶対コレ。パーフェクトポーション!

IMG_2684

WILD-1や好日山荘などの各アウトドアショップで置いている虫よけ対策スプレーがこのパーフェクトポーション

これはブヨに対して効果ありです。ブヨはどうやらミント系の匂いがキライみたいで、このスプレーはかなり効き目があります。

日本全国ブヨがいるところにもたくさん行きましたが、こいつを相棒にしてからはぐっとブヨ被害が減りました。

難点を1つ上げるとすれば汗や水で洗った場合に流れていってしまうので、ちょっと油断するとブヨに襲われます。ので、何時間に1回かのペースでこまめにシュッシュッシュっとふりかける必要があります。このアイテムは1家に1本あって損はしないです。

関連記事:やっぱりブヨは強敵だった・・・これでブヨの被害を最小限に!〜僕らの失敗談〜

アブ対策は?

IMG_4201

アブ対策はこちら。林業関係者が使うと言われている「森林香」

北海道のタウシュベツ川橋梁という廃線になった秘境に行った際に大量のアブに襲われましたが、こいつに火をつけた瞬間にいなくなりました。アブってバチ!って噛んでくるのでちょっと怖いんですけどね、この子のお陰で逃げることができました。

規模の大きなWILD-1にもおいてありますので、信用力もあります。アブがいるような場所へ行く際はぜひ持参してください。

ちなみに、ブヨ、蚊に対しては効果を発揮しないです。

関連記事:キャンプの最凶虫対策?!山師が使う森林香ってブヨやアブに効くの?

普通の蚊取り線香よりも分厚いので専用の防虫器が必要です。ちょっとお値段しますが、もっていて損はないです。

追記!

一部で話題になってますが、「ユスリカ」という生き物は普段僕らが血を吸われる蚊のことではないです。

森林香は「ユスリカ」には効果がありますが、僕らが忌み嫌う「蚊」には効かないです。。。ので、蚊取り線香が必要なのです。

刺されてしまったらどうする?!

IMG_9994

ポイズンリムーバーを備えとして持っておくといいと思います。北海道を旅している時に何度か助けてもらいました。いくら予防しててもやっぱりそもそも自然の中にいる時間が長いとやっぱりやられる危険性は高いですから。

使い方はいたって簡単で、刺された幹部に先っちょを合わせて注射で血を抜くように吸い上げます。時々、自分の血が混ざった液体が出てきてびっくりするときもありますが、これで虫から分泌された粘液が取り出されます。

絶対持っていないと行けないかと言われればそうでもないですけど、でもあったほうが安心ですねっという道具です。

関連記事:[使用感追記!]キャンプの虫対策!ポイズンリムーバーって実際どうなの?!

これが一番安いタイプ。週末のキャンプ程度でしたらコレで十分です。山登りをする方はもう一つグレードが高いものがいいかと思います。

刺された後に塗る薬は?!

刺された後に塗る薬は何がいいのか。これは人それぞれ好みやアレルギー体質、肌質によってまちまちだと思いますので、参考程度に。

蚊に対しては市販のキンカンやムヒなどが効きます。軟膏を塗る人もいると思います。それでもいいと思います。

ブヨに関しては、これまたなかなか塗布系の薬が効かないです。

が、僕らの師匠の稲垣さん曰くムヒαが効くとのことです。稲垣さんもまた僕ら以上に日本全国を回られている方なので信ぴょう性のあるレビューです。

こちら。

キャンプでの虫対策まとめ

ってな感じで僕らが2年間日本全国を周ってきた中で感じた虫対策をまとめると下記のような形になります。

  • 蚊には蚊取り線香を。2箇所に散らして使用。
  • ブヨにはパーフェクトポーション。これは絶対。
  • アブは森林香。分厚いので専用器の準備を。
  • 刺されてしまった時の保険用にポイズンリムーバーを。
  • 人それぞれ効き目が違いますが、ムヒ系の塗布剤は効き目が高い。

ってな感じになります。

いやーこんな感じでまとめちゃうとキャンプは虫が多いみたいで嫌煙されてしまいそうですが・・・でも、対策をすれば問題ないですし、

対策せずに行って被害が大きくなってしまうよりはマシだと思います。ブヨの被害とか2週間近く続きますからね。あれは苦痛です。

今回紹介した道具をすべて揃えるとなるとざっくり5,000円~6,000円かかりますが、これでちゃんと対策ができると思うのなら安い方かもしれません。

キャンプは自然の中で行いますので、どうしても虫はいるものです。ちゃんと対策をしてキャンプを楽しみましょう!

コメント

  1. あきじ より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しております。

    ところで、森林香は蚊に効かないですか?

  2. あいあい より:

    こんにちは。
    先日適当な記事のところでコメントしてしまい、自分がどこでコメントしたかわからなくなってしまいました。

    キャンプ初心者です。ゴールデンウィークに初キャンプ行ってきました。

    自分の目的である焚き火もでき、ちゃんと眠ることもでき、こちらのブログをだいぶ読み込んだおかげで持ち物に大きな過不足もなく楽しむことができました。

    やっぱり秀逸だったのはユニフレームのファイアグリルとエコココロロゴスです。あと、グリーンライフの火おこし兼火消し壺。一発で火がつき、炭をおこしその後焚き火を楽しみました。

    また、キャプテンスタッグのEVAフォームマットのおかげで背中が痛くて眠れないなんてこともなく、グッスリとはいかずとも(そりゃあ多少の緊張もあるので)ちゃんと眠れました。

    どこから手をつけていいかわからない状態からこのブログを読んで1から準備したので本当に助かりました。
    ありがとうございました。

    今後はおすすめキャンプ場情報などを見つつ、年に何度かはキャンプと焚き火を楽しみたいと思います。

    また、こちらのブログにUPされる新情報も楽しみにしています。

  3. camp-in-japan より:

    あいあいさん
    こんにちは!さくぽんです。
    ゴールデンウィークに初キャンプ!!いいですね〜。僕らのブログが役に立ったみたいでよかったです。
    これからもバシバシキャンプ情報をアップしていきますので、よろしくお願いします〜!!

  4. camp-in-japan より:

    あきじさん
    こんにちは!あ、すみません。書き足りなかったですね。
    そうなんですよー森林香は蚊に効かなくて・・・
    そのため、蚊取り線香と森林香を組み合わせるのが有効ということになります。
    後ほど、追記しておきます!

  5. アッキー より:

    いつも楽しく拝見しております。
    アブ、ブヨ、それぞれ効く物が違うんですね!大変参考になります。
    数年前、ブヨ?ノミ?に膝下を死ぬほどの箇所を刺されて、痒さで死にかけた事があります。
    (刺された位置の特徴と、患部の特徴、症状からほぼノミだと思いますが、皮膚科はこちらの話を聞かずにブヨの一点張りでした…)強めのステロイド軟膏を処方してもらったが、私には市販のムヒαの方が効きました。
    あと、幹部が空気に触れるとかなり痒くなると思います。
    私は薬を塗って、患部を絆創膏等で空気にできるだけ触れないようにした結果、痒みはかなり抑えられました。
    私の経験では、蚊に刺されても同じでした。
    科学的にはどうか分かりませんが、参考程度にして頂けると幸いです。

  6. camp-in-japan より:

    アッキーさん
    どうもです!さくぽんです!
    そうなんですよーそれぞれ違うからややこしい。。。
    たしかに、空気に触れると症状がひどくなる印象がありますね・・・!絆創膏、今年試してみます!
    ありがとうございます!