【ソロテント】通算100泊以上。ソロにも登山にも。MSRのハバNXは最強テントです。

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

なんだか久しぶりにブログ書いている気がします。いつもキャンプ場のデータベース化は僕がやっているんですけどね。こう長文を書くのとかね。い、いやサボってたわけじゃないですよ。ちょっと焚き火に集中しすぎてそのまま寝てしまってただけです。

さて、今回はソロキャンパー向けのテントの話です。

スポンサーリンク

MSRのハバNXはソロキャンプ、登山に超オススメ

IMG_6890

2015年の春に買ったMSRのハバNXというテントなんですけど、これ未だに全然使えるんですよ。

*MSRをご存知ない方は下記リンクを参照ください。

【質問コーナー】MSRってどんなメーカーで、何のテント・道具がオススメなの?
アウトドアの本場アメリカのメーカー「MSR」の紹介です!

正確には数えてないんですけど、去年もこのテントで100泊は確実にしてます

だけど、まだまだ全然現役。九州旅の時も毎日欠かさずこのテントと一緒に夜を過ごしました。

これが一番!風に強い

IMG_4361

何がそんなにこのテント、いいのかといいますと

とにかく風に強いんですよ。強風に。

もともとは山岳系メーカーですし、軽さも追求されているのでこのハバNXは登山用でもあります。

それゆえに風に対する構造上の強さが異常です。

昔使ってたテントだったら絶対壊れてるなーっていうくらいの風でもなんのその。

テントの中で強風に煽られたことがある人はわかると思いますが、あの潰されそうになる恐怖が全然ないです。

「あー、風つえーなー」

程度にしか思えないんですよ、マジで。

オリジナルキャンプブランド

気になる撥水性は?!

テントって長いこと使っていると撥水性が落ちてきたり、浸水してしまったりするんですけど。

まぁさすがのMSRも撥水性は落ちてきます。それこそ、長いこと使ってますし、家に帰ることもそう多くないのでメンテナンスも全然できてないです。

でも、撥水性が落ちてきてるとはいえ、未だに雨で浸水することは一度もありませんし、フライシートだけじゃなくて、インナーのシートもそうです。下から水が入ってくることもないです。

この辺はさすがのMSRって感じです。もう普通に好きです。

軽さ、ポールの組みやすさもいい感じ

IMG_1114

その他にもいいところ尽くめでして。総重量はわずか約1.3kg。ポールは1本のみなのでかさばりませんし、勝手に組み上がっていきます。

そして、強度も抜群。

「うわーこの風はやばい、ポール折れる」

ってことが何度かありましたが、全然折れずに現役です。すごい。

ってな感じでMSRのハバNXはソロキャンパー向けの最強テントだということをつらつらと紹介してきました。

もう100泊以上してる僕が言うんですから、間違いないですよ、これ。

お値段は正規値が49,000円+税なので50,000円を超えてしまうんですけどね。

ただ仮に100泊したとすると、ざっくり1泊あたりの金額は500円ですよ!500円!

これは安い。この性能だからこそ。

いやまぁ普通のキャンパーは100泊もしないんですけどね。仮にそれが50泊だったら1泊1,000円じゃないですか。これでも十分ですよね。カッコいいですし。

どうぞ、ソロキャンプ向けのテントで性能いいやつをお探しの方、ぜひ参考にしてください。

詳しい設営方法などは下記ブログ記事へ。

徹底レビュー!MSRのハバNXはやっぱりカッコイイし、機能的。
さくぽんの愛用テント「MSRのハバNX」の設営のコツなどを紹介!赤い色味が抜群のカッコイイテントです!

Amazonでも売ってます。いやいや、そんな高いのいらないよ!っていうオートキャンパーさんはエリクサーがオススメです。見た目はハバNXとほぼ一緒なんですけど、こっちの方が安いです(もちろんサイズも違います)。

キャンプ場ではオシャレなカップルが使っているのをよくみます。僕もそういうキャンプしたいなー