【2016新作キャンプ道具】ユニフレームのステンレスペグって実際どうなんや?

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

昨日のエイプリルフールネタが思いの外、うまくいったといいますか。ちょっとおフザケの度が過ぎましたかね。キャンプ旅やめませんし、キャンプブログもやめませんし、彼女もできてません(笑)今年も自由に動きまくります〜

さて、今回は2016年の新作キャンプ道具を紹介!

スポンサーリンク

ユニフレームのステンレスペグ!

IMG_9057

新製品の発表があってからすごく気になっていたのが、このステンレス製のペグ!しかもそれをユニフレームが出すってんだからかなり気になってました。

ユニフレームといえば、このブログを読んでくださっている方はもうご存知だと思います。

そう、物持ちが良くて価格も安い、キャンパーに優しいメーカーさんなんですよね。

そこがステンレスのペグを出すってんだから、興味がないわけがない!(ちなみに、今年はMSRも新作ペグを出していて、わりとペグが話題になりそうな気がしてます)

実際どう??

IMG_9063

ラチェットで売っているのは気にしないでください(笑)ハンマーが壊れてしまったのです。

実際の”打ち心地”ですが、まぁ悪くない気がします。しっかりと叩けば地面に入っていきますし。

ちょっとヘッドの部分が打ちにくいな〜とも思いましたね。まぁ慣れれば気にならない程度ですけど。

今回のフィールドはサンタヒルズで、そこまで地面が固くもないけど、柔らかくもないという、キャンプ場ではよくある地面で試しました。

ソリッドステークとの比較、気になりますよね?

IMG_9058

気になるのは最強のペグと言われたソリッドステークとの比較

まだ1回しか使っていないのでなんとも言えませんが、初めて打った感覚でいえば正直ソリッドステークほどの感激はなかったです。

ソリッドステークってそのペグ自体の強さはもちろんのこと、あの打っている時の「カーンカーン」って音が良いですよね。これ、きっと男性陣には理解してもらえるはず。

ただ、ユニフレームのペグも全然悪いわけではないです。相変わらず最高の商品ではなく、グッドな商品を生み出すユニフレームな感じが出てて。

あとは、ステンレス製なので、ソリッドステークよりも軽くて錆びないです。軽くて錆びないってなるとジュラルミン系のペグと被って来そうですが、、、正直ジュラルミン系のペグだとファミリーテントを建てる時になんとなく不安があって。でも、今回はこのステンレスペグを使ってノルディスクのアスガルドを建てました。うーん。この辺はステンレスペグの良い点ですね〜

今度ジュラルミン、ソリッドステーク、ステンレスで比較してみます。

お値段は?

ソリッドステーク20が346円、ユニフレームパワーペグSUS200が370円!長さはどちらも20cmですが、まさかのユニフレームの方が高いという!びっくり!!

サイズは他にもSUS300というサイズもありますが、結構長いので買うなら200でいいと思います。

ってな感じの最初の使い心地でした!この後も使い続けて比較していきます〜!