ヘリノックスのコットワンがキャンプで快適に眠る最適解だと思う。

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。タイ人に似てるけど日焼けし過ぎてむしろ既にタイ人。ヤマケンの敵。

リゾート大島で働いています。主に僕がシーカヤック部門をお手伝いし、ヤマケンが受付業務などを担当してます。

さて、先月にヘリノックスのコットワンを奮発して購入しまして、コットワンこそがキャンプで快適に眠ることのできる最適解だなーと思ったので紹介します。

スポンサーリンク

さすがのヘリノックス

IMG_1039

他のコットと何が違うのかというと、僕が思うに2つ違いがあります。強度と組み立てやすさです。

強度って面の強度のことです。

IMG_0615

ヘリノックス独自のアタッチメント方式を採用しているので、寝る面の張り具合が他のコットとは違います。いわゆる高反発マットレスのような状態なので非常に快適です。

写真だとうまく表現できないのですが、例えば丸いボールを上からコットワンの面に落としたときに、ピンポン球のように跳ね返ってきます。これ、他のコットだとあんまりない気がします。

それはさっきも言ったようにアタッチメント方式が他のコットとは違うこととが大きいのだと思います。

オリジナルキャンプブランド

組み立ても簡単。

ざっくりと設営方法を紹介します。簡単です。

IMG_0602

ポール(2本)、脚(3本)、座面だけです。

IMG_0606

まずはポールを組み立てます。テントポールのように1本物になっているので、目をつぶっていても組み立てられます。

IMG_0607

両端に差し込みます。

IMG_0608

こんな感じ。

IMG_0609

次は脚です。これも1本物になっているので簡単に組み立てられます。「this side up」って書かれている方が天井側になるように組み立ててください。ここだけが間違いやすいポイントです。

IMG_0611

天面の中央部分から脚を作っていきます。まずは固定されている方をスポッとはめます。

IMG_0612 IMG_0613

そして、反対側のアタッチメントがある方をはめ込んでいきます。ここだけ少し力が入りますが、慣れれば女性でも簡単に設営できます。

IMG_0614

てこの原理ではめ込むだけ。慣れれば片手でもできます。これを合計3箇所やって完成です!

IMG_1041

<コットでの昼寝は最高です>

10泊以上使ってみた結果。

リゾート大島でバイトしている間もコットを使って寝てます。屋内なのに(笑)

それくらい使い心地がいいのでとても気に入ってます。キャンプ場で寝る時に地面の硬さが気になって快適に眠れない人はぜひ、コットワンの購入をオススメします。

買う際の注意点は?!

これだけいい商品なので、どこのお店に言っても売り切れ状態が続いてるのが現状みたいです。Amazonでも売り切れるほどですからね。

買う際の注意点をいうとするならば、定価が35,600円(税込)であるということです。ヘリノックスの製品はネットで値上がりすることが多いので、気をつけて下さい。

それと、これを一人用のテント(MSRのハバNX)で使おうと思ってたら使えなかったという悲しい出来事が僕を襲いました。幅広でサイズが縦190cm×横68cmで結構大きいです。もちろんファミリーテントや2〜3人用のテントなら使用できますがね。ソロテントをもっている人は気をつけて下さい。

以上、ヘリノックスコットワンのレビューでしたー!もう今年は入荷しないのかな?前にモンベルで聞いた時は「秋頃に・・・」って言っていたような気がします。気になる方はお近くのモンベルへ!

あなたにも素敵なキャンプライフを!