キャンプ日本一周100日を越えて感じるこのアイテムが初心者にオススメ!⑤コールマン ハンギングドライネット

どーも!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

いよいよキャンプ日本一周も100日を越えました!!そこで、100日を経過して感じる初心者の方にオススメのアイテムをご紹介して行きます!

今回ご紹介するのはこちら!!

IMG_1549

スポンサーリンク

コールマンのハンギングドライネットの使える点ダメな点

メリット

洗い終わった食器などを乾燥させるのにもってこいのアイテム。食器だけでなく、1番下には食器洗い用のスポンジや洗剤を収納できる別ポケットも。しかも収納時はソフトボールくらいの横幅で収納(厚さは5cmほど)できます!

デメリット

ほぼなし!値段も1,000円強なので、買わない手はないです!というか、これを持ってないと食器を濡れたままもって帰ることになりますよー!

用途

食器の他、魚の干物などの乾燥にも使えます!(意外でしょ?!)

値段

1,180円(2014年7月4日現在Amazonにて)

IMG_1104

他メーカー類似品(サイドテーブル)

そんなにアウトドア、アウトドアっぽくない家庭でも使える干しかごや

キャプテンスタッグの燻製を売りにしている干しかごがあります。

どちらもコールマンのモノよりも100円〜300円安かったりしますので、あとは好みでお選びください!アウトドアの雰囲気が出るのは断然コールマンの商品ですので!

食器の乾燥に困って・・・なんてことにならないように、この手のドライネットは1つは持ってましょうね!!

あなたにも快適なアウトドアライフを!!

2016年6月追記:新製品が出ました。色がブルーとピンクです。一回り小さくなったので、もしかしたら既存品のハンギングドライネットを早めに買ってしまったほうがいいかもしれないですね。

コメント

  1. hide.T より:

    これは本当に特にファミリーキャンパーにはあると便利というより、必需品かもしれませんね~。私もファミキャン時代には愛用、重宝してました。

  2. 友CamProject! より:

    コンニチハ!!
    仰るとおりな気がします。
    食器乾かすのもそうだし、それ以外にも沢山用途があるので、工夫次第で化けるアイテムですね。