キャンプ日本一周300日を終えて初心者にオススメするキャンプ道具:コールマン スパイスボックス

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

いよいよキャンプ日本一周も100日を越えました!!そこで、100日を経過して感じる初心者の方にオススメのアイテムをご紹介して行きます!

記事の再編集をしている2016年10月現在は2年半の日本一周の旅は終了しました。
300日以上キャンプをし続けて、初心者にオススメのキャンプ用品をご紹介します。

今回ご紹介するのはこちら!!

スポンサーリンク

コールマン スパイスボックス

キャンプの調味料ボックスと言えばスパイスボックス

キャンプの調味料ボックスと言えばスパイスボックス

今回紹介するのは、コールマンのスパイスボックスです。

内部のアレンジメントが自由なのと、高さがあるので、いろんなサイズの調味料を入れることが出来ます。

これ1つでキャンプで使う調味料がすべて収納できます

メリット

柔らかい仕切板があり、マジックテープで止められます。なので、調味料のサイズによってしまうことが出来ます。

柔らかい仕切板があり、マジックテープで止められます。なので、調味料のサイズによってしまうことが出来ます。

蓋の裏にはファスナー付きのメッシュポケットがあります。鷹の爪やだしの素を入れてくと良いですね。

蓋の裏にはファスナー付きのメッシュポケットがあります。鷹の爪やだしの素を入れてくと良いですね。

サイドポケットもありますから、栓抜きや割り箸などを挟んでおくことも出来ます。

サイドポケットもありますから、栓抜きや割り箸などを挟んでおくことも出来ます。

写真を見てもらえばわかる通り、塩・コショウ・醤油・だしの素・コンソメ・マジックソルトなどのキャンプに必要な調味料が一通り収納できます。

これ1つ持って行けばキャンプでの調味料の収納は十分です。

「あれ?あの調味料ってどこしまったっけ?」っていうことをほぼ排除することができます。

デメリット

特にありませn。

値段も安く、手に入りやすいですので。

中が汚れたとしても水洗いをして干せば大丈夫です。

値段

1400~1700円程度。

Amazonなどの通販サイトや実売店舗によっても値段に多少変動があります。

他メーカー同等品

例えばドッペルギャンガーから出ています。コールマンの方が完成度の高い見た目をしている気がします。

他にも、オカモチと呼ばれる木製の調味料ラック?もテンマクデザインから販売されていたりします。コチラは自作されている方もいる位人気のものです。初心者には要らないとは思いますが、気になったらお店で実物を見てみると良いでしょう。

誰しもが必要とする調味料ボックス。値段も安いし、見た目もかっこいい。大きさもちょうど良い。

初心者の方は間違いなく買いですね!買って損をする人は俺の調味料は塩コショウだけだ!って人くらいですね。笑

この調味料ボックス、ほぼ毎日開け閉めしてますがチャックが壊れるなどのトラブルもなし。本当に使いやすくてコストパフォーマンスいいです。

あーあれどこだ!?っていう煩わしさから解放されましょう!

今回紹介したキャンプ道具

2015年6月10日追記

事故にあってスパイスボックスが使えなくなってしまったので新しい調味料収納ケースを購入しました。下記記事も参考にしてみてください!

キャンプ用の調味料収納ケースはこれ!ピクニックっぽいその見た目に惚れました!

あなたにも快適なアウトドアライフを!!