キャンプ日本一周300日を終えても使えるコスパが高いキャンプ道具:ユニフレーム 調理器具fanツールセット

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

いよいよキャンプ日本一周も100日を越えました!!そこで、100日を経過して感じる初心者の方にオススメのアイテムをご紹介して行きます!

2016年10月現在では日本一周の旅を終えました。この3年間で300泊以上です。
今回はそんな旅の間、ずっとレギュラーとして使ってきたオススメ道具の紹介です。
スポンサーリンク

 ユニフレーム 調理器具fanツールセット

ユニフレーム 調理器具fanツールセット。写真にはないですが、トングも付いてます。

ユニフレーム 調理器具fanツールセット。写真にはないですが、トングも付いてます。

2年半前の旅のスタートからずっと使ってきた、ユニフレームのfanツールセット。ネーミングセンスはよく分かりませんが、この旅の間不動のレギュラーで、使用回数は300回はゆうに超えています。

メリット

包丁・まな板・トング・ターナー・お玉を一挙に収納することができる。

キャンプで使用する調理器具がこれ1つですべて足ります。

包丁も小さいですが、カレーや煮込みで使うじゃがいもや人参といった硬い野菜もしっかり切れます。多少の刃こぼれはありますが、使用して2年半経ってもまだ切れます。

その他の道具も普通に使えます。

デメリット

デメリットというほどではないですが、家の物を持っていけば事足りるのでそこは好みの問題かなぁ・・・

あとは、収納袋をしっかり乾かす様にしないと黒カビが生えます。まぁ、これも何買っても一緒か・・・・

値段

3,200円!3,500円に値上がりしてしまいました・・・

他メーカー同等品

こちらはトング・お玉・ターナー・菜箸トングがセットになって5,850円程度。こちらは包丁、まな板がないですね。

調理器具の持ち運びには2種類あると思います。

まず1つ目は今回紹介したようにアウトドア用の調理器具セットを購入してそれを毎回持っていくという方法。

もう1つは普段使っている調理器具をそのまま入れて持っていくという方法です。

本当の最初のキャンプなんかは自宅の調理器具を持っていった方が良いと思います。なぜならばキャンプって足りないくらいがちょうどいいからです。

あ、これ持ってくれば良かったんだ!とか思うと、じゃぁ次行くまでにお店に行ってみてみよう!みたいな感じになって、キャンプに行ってない時もキャンプの事を考えてて、しかもそれが楽しくて。。。という好循環になります。こうなったらあなたもキャンパーです!笑

キャンプ日本一周出発以前に購入して使用してましたので、300日以上使ってますが、まだまだ現役で使えてしまう恐ろしい道具セットです。

今回紹介したキャンプ道具

どちらにせよ、キャンプの醍醐味の1つはアウトドア料理ですので、調理器具は必ず持ち運びましょうね!!

あなたにも素敵なアウトドアライフを!