超便利!初心者〜ファミリー・グループまで。キャンプでの卓上BBQはユニセラで!

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

ここ最近でめっちゃいい買い物をした気がするキャンプ道具を紹介します。

スポンサーリンク

ユニフレームのユニセラは、みんなにオススメできる!

IMG_9228

ずーっと欲しかったユニセラ。実は2016年の3月に購入したのですが、じっくりと使ってみてからレビューしようとおもっていたので、今まで書いてませんでした。

結論だけ先に言うと、マジで超使えるキャンプ道具です。

ユニセラ使用シーン 卓上BBQ

IMG_9235

ユニセラの最大の特徴は「テーブルの上でBBQができる」ということです。

炭を使ってBBQをしますが、下に熱が伝わらないような作りになっているのでテーブルが焦げることはありません。

そのため、例えば家族3~4人でBBQをしようとなった時に、皆イスに座りながら食事を楽しむことができるんです。

今までだと、誰かしらがBBQグリルの近くで”立って”肉の番をしなきゃいけなかったですよね。「お肉焼く係と食べる人」みたいに分かれてたと思いますが、ユニセラだと皆で焼いて、皆で食べることができます。

ちょっと炭火で焼きたい時にも使える。

P6011900

先日はこんなシーンで活躍しました。

総勢10人という大所帯でキャンプをしたのですが、キャンプに慣れているためBBQをするというよりもしっぽりと飲みたい・・・そんな雰囲気に。

キャンプってある一定回数やっていくと段々とBBQをしなくなる気がします。それよりもダッチオーブンを使ってじっくり料理をしたり、スキレットを使ったり、燻製に挑戦してみたり。

そんなキャンプ中級者以上が集まった場でも、「あ、ちょっと炭火で調理したいな」って思ったら、ユニセラがすごく便利なんです。

なんてったって小型なので持ち運びも全然不便ではないですし、小型が故に炭もすぐ火がつきます。

キャンプのメイン料理がBBQでなくなってからもちょっとBBQをしたいなって思った時に使える、それがユニセラですね。

コンパクト!組み立ても簡単。そして、そのまま洗える。

IMG_9232

こちらがすべてのパーツ。

P6011890

一番大きいパーツを開いて、両サイドをはめ込みます。

P6011891

下に灰受けを設置したら、もう完成です。

P6011898 P6011899

付属の網で炭火からの高さ調節ができます。

そんでもってすべてそのまま丸洗いできます。最近道具をもっと大切にしようと考えがより強くなってきたのですが、これは丸洗いできるのでなんだか気持ちいいです。愛情込めて使っていきます。

何年経っても壊れない。さすがのユニフレームクオリティ。

写真1

僕らがよく行く神奈川県小田原市にあるキャンプ道具ショップ「sotosotodays」の店長さんもずーっとこのユニセラを愛用しているんですって!

6~7年愛用してるけど、未だに壊れず現役で「お気に入りのキャンプ道具って何ですか?」という質問に、このユニセラを選んでました。

何年もキャンプ道具の販売に携わっている方がそういうんですから間違いないですよね。

sotosotodaysのHPはこちら

僕が店長にインタビューした記事は下記です。

関連記事:悩んだらココ!キャンパーを魅了し続けるギア専門店”sotosotodays”の徹底したお客様目線に迫る

家族でも、グループでも、2人でも

誰にこのユニセラがオススメなのかを考えたんですけど、ソロキャンパー以外にはみんなにオススメできるなーと思いました。(ソロキャンパーは笑’sのB6君がオススメです)

家族で楽しく外でご飯食べる時も、卓上で焼けるので皆で楽しめますし、グループでやる時もそうですね。

カップルでキャンプ行くときも、これくらいのサイズだったらすごくちょうどいいので使いやすいです。

ユニセラ、すごく優秀です。お値段は10,800円とBBQグリルの中では若干高めの金額ですが、実際に使ってみると高いとは思わないキャンプ道具です。さすがのユニフレームです。

色はシルバーと、僕らが持っている黒があります。あとはロングバージョンもあります。

ぜひぜひ、BBQグリルをお探しの方は参考にしてください。