キャンプスタイルの新提案【旅キャンプ】バックパックにギアと夢を詰め込んでいざフィールドへ!!

どもども、アウトドアクリエイター(謎)のヤマケンです。最近では旅キャンパーだの日本一周キャンパーだのよく分かんない肩書を自分で自分につけて遊んでますヤマケンです。

風邪超しんどい。みなさんも風邪には気をつけてくださいね。

さて、今回は旅キャンプという新ジャンルを提唱しちゃうよ!という話。

スポンサーリンク

とか言って、前からあるやん??

いやね。この記事を書こう!!めっちゃオモロイやん、旅キャンプ。とかウキウキで相方のさくぽんに話したら

「今更旅キャンプって俺らが言うのはどうなん?」と冷静に返されました。

いやいやいや。そんなわけない。

そう思って色々調べれば、既にこんなサイトがありました。

キャンプ旅のススメ

というかよく考えたら、アウトドア業界の先人達、ほとんど旅しながらキャンプしてた。(笑)

と、この様にですね。私のとびきりのアイディアはわずか600字足らずで終了となった訳です。

いやいやいや。それだと寂しいから僕なりの旅キャンプを書いてもいい?

色んな方に色々言われたり、色んな方に色々興味を全くと言っていいほど持たれない私ヤマケンですが、コレでも日本一周キャンパー。旅キャンパーの端くれです。ちょっと位書いてもいいよね?

僕の思う、今の旅キャンプのキーワードは【気軽さ】と【身軽さ】。

近場でも遠出でも、見知らぬ外に出れば旅だと思う。それが気軽さ。

たった二年の社会人経験でしたが、息が詰まってしょうがなかった。何がって、【何にも変わらない日常が】です。

旅がしたいとか、旅行に行きたないとかよくよく思ってましたけど、その都度「いやでも、遠出はなぁ」とか「お金がなぁ」とか「そんな休みは取れないなぁ」なんて感じで結局行動に移せず仕舞い。

でも、こうやってキャンプしながら旅してると思うけど、なんだっていいんだと。距離とか宿泊に関わらず、自分が旅だと思えば旅ですし、デイキャンプだってキャンプですし。

要はその気持をもっと軽くして、例えば「あ、あの場所に行ったことが無いからいってみよー」とか「あの公園にピクニックにいこー」とかそんなで全然良いと思うんですよ。

ポイントは【今まで行ったことのない場所に行く】こと。子供の頃、知らない場所に友達と自転車こいで行くのって凄いワクワクしたと思うんだけど、そういう感じ。

むしろそういう気軽で簡単な【旅】が既に非日常じゃないのかなと。

アレもコレも準備は要らない。思ったその日に出かけられる。それが身軽さ。

旅って聞けば、なんか70Lとかデカイバックパックにアレヤコレヤを詰め込んで出なきゃ行けないじゃない?なんて思いがちだけど、なんかそうじゃなくていいと思う。

もっともっと気軽に簡単に、リュック一つに必要な物だけを持って出かけてもいいと思うんですよ。もちろん、持って行きたいものが有れば持っていけば良いし、何も要らないって言うならテントだけでも良いです。先ほどの【気軽さ】に合わせて身軽に旅をすればいいと思います。

ポイントは【なるべくこだわりのモノを持っていくこと】。何も要らない人は、自分の超お気に入りのテントを探して持って行きましょう。例えば、今の僕であればThe NORTH FACEの【アサイラムビヴィ】がこだわりのテント。他にもSTANLEYのボトルもお気に入り。

男のロマンを詰めこんだ【STANLEY(スタンレー) 真空トラベルプレス】が渋すぎて超オススメ。

なんかね、こう、こだわりのあるものがあるかないかでワクワク感が変わってくる。仮に家にそのこだわりの、お気に入りのモノがあると使いたくてしょうがなくて、多分外に出たくなる。だから、身軽で良いんだけど、何か一つこだわりのモノを持っていて欲しい。

え。何の話してんのキミ

やべぇ。やべぇよ。自分で書いてて何を言いたいのか全然分かんねぇわ。

いつもどおり広げた風呂敷を畳めないで荷物ごとゴミ箱に捨てるスタイルの記事になっちゃったよ。なんだよこの喩えもよく分かんねぇよ。

とにかく何が言いたかったかって言うと、もっともっと気軽に旅をしようってことなんですよ。

場所とか日数とか手段とか全然関係なくて、もっともっとソトに出ようってことなんですよ。

旅をしようって話になってきて、もはやキャンプ要素なんてこの話に殆ど無いけど(笑)

皆、どんどんソトに出ましょう。ソトに出れば必ず何かが起こります。仕事の良いアイディアが思い浮かぶかも知れませんし、最高の女の子の口説き方を思いつくかも知れません。

日常は、日常をほんの少し変えるだけで一瞬で非日常に変わります。

皆さんの経験し得るその非日常がキャンプであるならば僕はとても幸いな事だなと、思います。

まぁ、私のようにトラックに追突されるような事故が起こるかもしれませんが。

以上、突然のポエムでしたー。全然タイトル関係ないわ。