【アイテムレビュー】スキレットと言えばLODGE。かなり良い感じの使い勝手です

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン
”アウトドアから笑顔を”なアウトドアクリエイター。キャンプで日本一周をしながら頭皮を労る26歳。好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。

イベントのお手伝いで北軽井沢スウィートグラスに来て早2週間。すっかり冬支度が必要な位になりました。PCが冷えすぎてブログ書くのも容易じゃない。

さて、今回はキャンプアイテムレビュー、LODGE(ロッジ)のスキレットについてです。

スポンサーリンク

やっぱりロッジのスキレットは良い感じよ!

レビューの前にスキレットについて簡単に触れておくと、

鋳鉄製のフライパン。鉄なので、炭火や焚火の火にぶち込んでも問題ないです。熱伝導が良いのと遠赤効果で、外はカリッと中はジューシーな調理が可能

な感じです。

後処理を含めた使い勝手の良さ

IMG_5384

では早速レビューですが、ここ半年位使ってきて思うのは非常に使い勝手がいいと言う事。

スキレットやダッチオーブンのような鋳鉄製のアイテムは、基本的に使用後シーズニングが必要になります。

※シーズニング:洗剤は使わず金たわしを使ってガシガシ汚れを落として、キンキンに熱します。その後油を塗ってあげる。そうしないと錆び錆びになってしまう。 

◀関連記事▶

スキレットって何?使い方と後処理(シーズニング)方法〜初心者のためのキャンプ入門〜

このロッジのスキレットもシーズニングが必要なんですが、その感じが他の鋳鉄製のものに比べて手間がかかりにくい気がします。

比較対象がスキレットとダッチオーブンになって多少の違いが有りますが、以前使っていたコールマンのダッチオーブンと比較して錆びにくく、焦げにくく、汚れがおとしやすいです。

そこまで力を入れて金たわしでゴシゴシしなくても簡単に汚れが落ちるし、錆びにくいのでシーズニングするのも楽ちんです。

オリジナルキャンプブランド

焦げ付きにくい

20150613-IMG_1876

ガンガン熱しても食材が焦げにくい気がします。いや、勿論火加減を間違えれば焦げるんですが、普通のフライパンや件のコールマンのダッチオーブンに比べて、焦げ付きにくい感じです。

焦げてもスキレットにくっついてこすり落とすのが大変な状態は今のところ経験していません。

先ほどの後処理の段階での手間が掛からなくなるのに加えて、焦げが料理の風味を崩してしまうことが無くなりますので、より美味しい料理が作れると思います。

旨味を閉じ込めつつ中までじっくり調理出来る。

20150613-IMG_1934

厚手のステーキ肉なんかを焼く時は尚オススメのロッジのスキレット。

スキレットから煙が出るほどガンガンに温めて、油を敷けば準備万端。ジューッと表面がこんがりするまで焼くのを両面焼いて、あとは弱火にしてじっくり中まで火を通せる。

普通のフライパンじゃここまでできないよ!ってくらい良い感じに仕上がるので、非常に良い感じです。

まぁロッジで無くてもスキレットであれば出来るのかも知れませんが、少なくともロッジのスキレットでは可能です。

蓋も買って炭火に突っ込めばオーブン料理もできる

20150606-IMG_1263

ロッジのスキレットは蓋は別売りです。今のところ、この別売りってのが唯一のデメリットでしょうか。

それでも蓋を手に入れれば料理の幅が広がります。蒸し料理もできるようになりますし。

蓋をして炭火に突っ込んでじっくり調理すれば、ピザやグラタンのようなオーブンがないと出来ないような料理がキャンプでも食べられます。こういう料理が出てきたらテンションが上がること間違いなしですよ。

8インチが丁度良いサイズ感

IMG_9457

僕らが使用しているのは8インチのものです。

正直このくらいのサイズがベストだと思います。4・5人分の料理を作るのにピッタリなんですよね。

例えばスキレットでアヒージョを作るにしても、これ以上大きいと見た目のボリューム感が足りないし、これよりも小さいとアヒージョはピッタリのサイズだけど他の料理が作りにくい。

値段も蓋込みで6,000円程度で買えるので、お手頃感満載。

以上、ロッジのスキレットのレビューでした1

スキレットがあるとダッチオーブン並にキャンプ感がグッと上がりますし、初めてキャンプに来た人なんかは凄いテンションが上ります。

料理の幅も広がるし、手間もかかりにくいしで、いいこと尽くめだと思います。

マジおすすめ。

◀今回紹介したキャンプ用品▶

LODGE スキレット 8インチ

LODGE スキレットの蓋 8インチ