あったら便利!!必須ではないけど、結構活躍するヘッデン(ヘッドライト)!〜初心者のためのキャンプ入門〜

IMG_5141

どーも!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

皆さん、キャンプの時の夜ってどんな風に想像してますか?星空が綺麗と想像しているのか、はたまたトイレに行くのが怖い。。。と想像しているのか。どちらにせよ自然の中で活動するので普段通りの灯りは存在しません。

そんな夜にヘッデン(ヘッドライト)が結構便利なので初心者の方にヘッデンについてご紹介したいと思います!!

スポンサーリンク

そもそも誰だよ、ヘッデンって言い始めたの。

初心者のための登山用語によれば

ヘッデンとは、ゴムベルトがついていて、頭に取り付けることができるライトのこと。登山やキャンプ等のアウトドアで使用されることが多い。

っとあります。そう、つまりヘットライトのことです。アウトドア用品の良くないとこですよね。業界用語っぽくするところって。シュラフも寝袋って言った方が庶民にはなじみがあるのにね。。。

なんて小言をいって話がそれましたが、ヘッドライトはあったら結構便利なんですよーというお話です!

IMG_4677

<ヘッドライトつけたこいしさんとヤマケン。ヤマケンの頭はまぶしい。そう髪の毛が少ないから。>

灯りを保ちながら両手が使える

これがヘッデンのもついい所なんですよね。何か小物を探したりする時に片手で探すと不便だったりしますし、トイレに行って用を足す時も両手が自由の方がいいですよね。

ランタンを持ち歩けば事足りてしまうけれども、ヘッデンがあると便利であることは間違いないです。

相手に存在を示せる

これはもしかしたら僕だけの感覚なのかもしれませんけど、夜のキャンプ場で時々ランタンやヘッデンなしで歩いている方がいらっしゃいます。そういう方と遭遇するとこっちはその方のことを確認できてなくてビックリすることがあります。もし、ランタンなりヘッデンなりを持っていて灯りを点けているとそれは「僕はここにいますよー」という存在を伝えることにもなるんです。

僕の気にし過ぎなのかもしれませんが、夜のキャンプ場が暗くて怖いって方にとっては結構理解してもらえるんじゃないでしょうかね?

向こうから歩いてきている人がヘッデンを点けているとその人との距離感とかがわかって安心するんですけどねー。皆さんはどうなんでしょう。

どこのがいいのか?petzlをオススメする方が多いです。

僕らが使っているのはこれ!4,000円弱の製品です。正直ここまで高価なものは初心者の方には必要ないかもしれませんが、PETZLは照明系に非常に強いそうで遠くまで灯りが届くんだとか。

ヘッデン界隈は種類が多くて正直僕らもよくわかってないです。モンベルの製品が2,000円前後だったり、キャプテンスタッグの製品だと1,000円を切るものもあります。この辺は種類が多すぎて、好みで選ばざるをえない部分もありますので、お好みで選びましょう!!

年1、2回のキャンパーは1,000円前後ので十分ですし、ワイルドなキャンプをしようと思えばPETZLなどの製品を買った方がいいでしょう!

その辺はご自身のキャンプ頻度に合わせて購入してくださいね!もちろんなくてもキャンプにはいけますけどね!あったら便利です。

以上、ヘッデン(ヘッドライト)についてでした!僕らももう少し詳しくなったら、また追記します!

あなたにも素敵なアウトドアライフを!