全部で300サイトもある!「Raglan Kopua Holiday Park」キャンプ場

raglan5

ども、さくぽんです。

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e4%ba%ae%e4%bb%8b%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はニュージーランド。新たな一歩の始まりにウキウキ。

今回はサーフィンで有名な街ラグランにある「Raglan Kopua Holiday Park」キャンプ場を紹介します。全部で300サイト以上ある、超大きいキャンプ場でした。

スポンサーリンク

キャンプサイト

raglan2 raglan1

こちらが本日のさくぽんサイト。サーフィンで有名な街、ラグランにいるのですが、まさかの雨に打たれた1日でした。

raglan5 raglan4 raglan3

長期滞在の人が多いっぽくて割りと大きめのテントやシェルターが多かったです。

raglan8 raglan9

ボートがあったり、トレーラーで来てたり。

raglan7

raglan10

いくらなのかはわかりませんが、トレーラーが売りに出されてました。キャンプ場で売り始めるあたり、さすがニュージーランド。

raglan14 raglan13 raglan12 raglan11

このキャンプ場はキャンプサイトがメインのようで建物はこじんまりとしたキャビンが20棟ほどあっただけでした。

raglan14

キャンプサイトはまさかの305番まである(笑)

施設

raglan16 raglan18

受付です。Vacancyとは「空きがありますよ!」という意味。満杯だとNo Vacancyです。

受付の外観とゲート。

raglan19 raglan20 raglan18

キッチン周りは安定のキレイさ。

ここのBBQは電気式。

raglan21

raglan22

シャワーも超きれいでした。シャワーを使う場合は受付で渡させるこのカードをかざして使います。1回5分まで。

raglan25 raglan24

海が近いので必須の洗濯機も完備。アイロン台までありました。

raglan26

ゴミ処理場。分別はカン、ビン、ダンボール、生ゴミ、その他ってな感じなので日本とそんなに変わらないです。

raglan30

海へはキャンプサイトから歩いて行けます。

謎の大型チェス。たしか栃木県のキャンプ・アンド・キャビンズにも似たようなものがあったような。。。ここのを真似したのかな?

オリジナルキャンプブランド

料金

1人1泊22ドル(約2,000円) 電源付きは25ドル

キャビンは40ドル〜です。

カードキーのデポジットとして10ドル支払いますが、チェックアウトの時に返金してくれます。

公式サイト:http://www.raglanholidaypark.co.nz/

場所

ラグランの街まで歩いて行くことができます。ここで買い物もできますし、ご飯を食べて返ってくることもできます。

さくぽんの一押し

なんと言っても海までキャンプサイトから徒歩1分というところでしょうなー。雨でしたが・・・

さくぽんの行動ルートは下記マップで!ざっくりですがこんな感じで旅をしてます。