コットの選び方〜サイズ、値段、組み立てやすさに注意してくださいー!〜

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。日焼けにつぐ日焼けでいよいよタイ人。昔、ベトナムでベトナム人に村人だと間違えられてベトナム語で話かけられました。僕は生粋の日本人です。

上の話に付け加えると、ベトナム語で話しかけられたのはバスの車内での話なのですが、周りの人も僕をベトナム人だと勘違いしてたみたいで、「なんだよーお前日本人かー!アハハ!!」ってみんなに爆笑されました。僕は生粋の日本人です。

さてさて今回はキャンプ用の簡易ベット、コットの話です!日々コットに関する記事にたくさんアクセスをいただいているのですが、もう少しわかりやすくコットの選び方を紹介したほうがいいのかなーと思いましたので書きます!

スポンサーリンク

そもそもコットとは?

10254010_666723663407266_7192016095112208404_n

キャンプ用の簡易ベットのことをいいます。コールマンやスノーピークなど大手キャンプメーカーから、どこのメーカーかよくわからないコットまで市場にはたくさんのコットが販売されています。値段も最安で2,980円くらいから3万円を超えるものも。ピンからキリまでありますので、その選び方、ポイントをお伝えしますね。

選ぶポイントは?

大前提として、コットはキャンプで必ず必要な道具ではありません。あくまでもキャンプをより快適に楽しむための道具です。

地面で寝るのはどうしても寝ずらいとお悩みの方が購入されてます。ここがまず一つ目のポイントです。

次に、先ほども少しお伝えしたようにコットの値段はピンからキリまであります。安い物でも十分なものもありますが、価格が高いものの方が快適性があがります(当然ですが)。また価格が安いものは設営に時間がかかったり、そもそも女性では設営することが難しいものもあります。この辺にも購入する際は注意する必要があります。2つめのポイント、概ね価格通りの使い心地の良さ

IMG_0717

次は設営のしやすさがポイントです。ここも価格と比例しますが、だいたい1万円を超えてくるとチェアのようにただ開くだけで使用できる商品が出てきます。ただ1万円を超えるからといって全てが簡単設営できるわけではないので注意してくださいね(下記で詳しく説明します)。

一方、1万円を下回るもの、特に5,000円以下で買えるものは設営が大変な製品がほとんどです。僕らも昔WILD-1のオリジナルコットをセールで2,980円で手に入れたのですが、脚を組むのに相当な労力を使うタイプのコットでお蔵入りしました。女性一人ではとても設営できないです。あまりオススメできません。

最後にサイズ(たて、よこ)と耐荷重です。スリムタイプのもの、幅広の男性でも使えるものなどいくつか種類があります。注意すべきなのは体重が80kgを超える人くらいでしょう。きっとご自身でわかると思いますが、自分は大きめの方がいいなーと思う方はワイドサイズのものを買いましょう。ちなみに、175cm70kgくらいの中肉中背の方はスリムでも十分寝むれますし、当然普通サイズのものでも問題ないです。

具体的に紹介!

さて、おおまかなポイントは伝わったでしょうか??ここからは具体的な製品画像を用いて紹介していきます。

僕たちが昔使っていたタイプはこれです。脚が4本ありますが、これをすべて両サイドのポールの指定部分に差し込まなければならず、差し込むのに相当の労力を使います。初めて使ったときは設営するのに30分以上かかりましたので、正直言ってあまりオススメしません。女性一人ではかなり難しいです。価格は3,400円程度ですので、これを買うべき人は「コットってどんなもんかなー」って試したい人くらいでしょう。

コールマンの「イージースリムコット」です。以前一度だけ使ったことがありましたが、その設営の楽さに驚きました。先ほど上述した、チェアのように広げるだけのコットはこのタイプです。名前に「イージー」という言葉が入っているのでわかると思いますが、その他にもユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット 680261も広げるだけで使用できるタイプです。

値段は1万円を超えてきますが、コットを購入したいという人はこの辺りを買うべきだと思います。ただし、この辺の商品になってくると収納サイズ、製品重量が重いというのが難点なので実際に店頭で見てからの購入をオススメします。車に積載余力がないと苦しむことになると思います。

一番ハイスペックのものがヘリノックスのコットシリーズです。特殊なアタッチメントシステムのため設営も簡単(ただし、上のコールマンの製品のように開くだけでは使用できません)、チェアでも有名なヘリノックス、チェアワンと同じ素材のポールを使用しているので総重量2.1kgと超軽量にもかかわらず耐荷重は145kgまで耐えられます。

これも一度使用させてもらったことがあるのですが、さすがのヘリノックス。寝心地も抜群で超快適でした。予算がある方はヘリノックスのコットを買うのがいいでしょう。コールマンの製品などと比べて収納サイズも非常に小さい(テントのポールを折りたたんだ程度の横幅)ので持ち運びにも便利です。

私さくぽんが個人的にめちゃくちゃ欲しくて悩んでます。欲しすぎてヘリノックスのコットの特徴をまとめちゃったので興味がある人は覗いてみてください。

2015年ヘリノックスの新作コットがグイグイなのでスペックを比較してみた。

まとめ

コットを選ぶときは・・・

  • 安すぎるものは買わないほうがいい。だいたい1万円くらいのものがちょうどいい。
  • 設営が簡単なものがオススメ。
  • ただし、設営が簡単なものは重量、収納サイズが大きいものがほとんどなので、車への積載を考えてから購入を!
  • コットの最上位道具はヘリノックスがオススメ。軽くて設営も簡単、安定度も抜群です。予算のある方はヘリノックスがオススメ。

以上、4点でした!伝わりましたでしょうかね?もし、「ここがちょっとわからないなー」というところがあればお気軽にコメントしてください!

あなたにも素敵なアウトドアライフを!