大人のキャンプの楽しみ方ってなんだろう?大人の嗜みキャンプのすゝめ。

どもども、アウトドアクリエイター(仮)のヤマケンです。

ヤマケンです!

最近ますます毛の量が減っていってます。誰か助けてください。

最近色んな人に【キャンプの楽しさってなに?】と聞かれることが多いです。

同年代の方に関しては【アウトドアアクティビティをやると盛り上がる】的な話をしますが、僕自身はインドア系アウトドア派なので、正直【キャンプ場でまったりのんびりしたい】です。

どうやらそこら辺に大人のキャンプの楽しみ方が隠されているっぽいので、【大人のキャンプの楽しみ方】についてコラムってみようと思います。

スポンサーリンク

キャンプ場に向かう途中も楽しさのひとつ。

キャンプの楽しさはキャンプ場についてからだけではありません。

キャンプ場への道すがらも立派な楽しみの一つ。ただ、【どこかのテーマパークで遊ぶ】とかそういうものではありません。何を楽しむかと言うと、

  • 無駄に休憩を取る
  • 変な場所に寄る
  • その辺の直売所で美味しそうな地場のモノを買う

無駄に休憩を取る

IMG_1284

折角リラックスするためにキャンプに行くのに、【早くキャンプ場につかなきゃ!!】と急いで移動して疲れてしまっては本末転倒です無駄に休憩を取って、皆で会話を楽しみましょう。

また、色んな場所で休憩を取ることで、見ることのない景色を沢山見ることが出来ます。日本の再発見的な意味でも無駄に休憩を取りましょう。

オリジナルキャンプブランド

変な場所に寄る

IMG_0801

栃木県の那須高原の辺りが特に当てはまりますが、キャンプ場の周辺には結構変な施設があったりします。バブル期の名残的な施設です。

そういう所は大体ファーストインプレッションで【モヤッ】とするので、見つけたら必ず寄りましょう。中々癖のある人が運営してるはずです。

◀那須塩原のイチオシスポット▶

【りんどう湖ファミリー牧場】の隣

栃木で今一番熱いスポットはここだ!!りんどう湖ファミリー牧場(の隣)

その辺の直売所で美味しそうな地場のモノを買う

IMG_8553

キャンプ場の周辺には直売所が多いです。それだけ自然が豊かな農村が広がっているということです。

そういう場所に寄ってその土地の美味しい野菜や肉を買ってキャンプで楽しむのは大人の嗜みです。

◀福島県会津美里町のアスパラガス

以前訪れた、会津美里町アスパラガス。都会では絶対に食べられない肉厚ジューシーなアスパラガスに感動。

アスパラガスのオススメの食べ方!!最高にうまくなるたった一つのポイント

キャンプ場に到着したらまず一杯のBEER

ビール

寄り道し放題の道中を過ぎ、目的のキャンプ場に着くのは恐らく14時頃なはず。では早速設営!!

待て待て待て。

まずはBEERを飲みましょう。折角昼から飲むチャンスですから、まずは一缶開けてから設営しましょう。

時間に追われる日常生活から精神を開放するのです。大人の嗜みキャンプでは、どうせキャンプ場を出ることはありません。

設営が終わったらグダグダしましょう。

設営が終わったら恐らく15時を少し過ぎた所でしょうか。さぁ、夕飯の準備だ!!

待て待て待て。

折角時間に追われる生活から開放されているんです。もうちょっとグダグダしましょう。グダグダしながら焚火の準備をしたり、つまみ片手にBEERを呷って下さい。

そしてほろ酔いになったらフリスビー辺りを投げ合うと良いでしょう。グダグダしながら童心に還ってグダグダに遊んでノスタルジーを感じることは、大人だからこそできる嗜みと言えるでしょう。

さぁ、少し凝った料理を作ろう。

丸焼き

グダグダを全身で楽しんだ後は料理を作りましょう。それも少し凝った料理を。

例えばダッチオーブンを使って鳥の丸焼きやピッツァ。

キャンプでピッツァ!!適当に美味しいピザを作ってみましょう!!

アヒージョなんてのも良いでしょう。

キャンプといえばこれ!スキレットで絶品アヒージョ作っちゃいました。(しかも薪ストーブで調理)

また、お酒に合う簡単な前菜も必要ですね。

生ハムとアボカドのフレッシュバジル和え|おしゃれキャンプ料理

こういう少し手の込んだ料理をお酒を片手に作るのも、やっぱり大人にしか出来ない嗜みですね。

夜は焚火と料理と酒

焚き火

日が暮れてきたら、焚火をしましょう。そして作った料理を楽しみます。

お酒も飲みましょう。ただ若い頃の様に何でもかんでも飲むのではなく、美味しい料理や焚火の火、自然の健やかさ、仲間との会話を楽しみながらしっとりと飲みます。

ここで酒を飲んで騒いでしまったら、大人の嗜みキャンプとは言えません。

しっとり楽しむのです。

遅くならない内に寝ましょう

昼からお酒を飲んで、身体を使って、お腹を満たしたら、眠くなってくるはず。

美味しいご飯とお酒、焚火と会話を十分堪能出来たら迷わずテントに潜り込みましょう。

夜中まで起きているのはキャンパーとしてクールじゃありません。自然のリズムに併せて生活するのが大人の嗜みキャンプです。

朝は早起きてして淹れたてコーヒーを味わう

IMG_0383

翌朝はなるべく早く起きましょう。朝はキャンプ場のゴールデンタイムの一つです。朝日がうっすら差し込んだ景色と鳥のさえずり、自然の音。

これらを楽しみながら少し旨いコーヒーを淹れる。朝イチの澄んだ空気の中でのタバコも楽しみたい。

これだけ上質な時間を楽しむことが出来るのも、大人の嗜みキャンプの特権です。

※ただし、早朝の声や生活音は非常に通ります。他のキャンパーを起こさないように物音を立てないように細心の注意を払いましょう。

帰りは余裕を持って。あと温泉。

十分キャンプを楽しんだら後は撤収するだけ。ただ、時間に余裕をもって行動しましょう。

【早く家に帰ってゆっくりしたい!!】ノンノン。あまり早い時間の撤収は他のキャンパーにも迷惑ですので、NG。

チェックアウトの時間に間に合う位に撤収を開始し、チェックアウトギリギリまでキャンプの朝を楽しむのが大人の嗜みキャンプです。

また、帰り際は温泉に寄りましょう。

キャンプ場の周りには温泉が湧いていることが多いです。帰りがてらに温泉に寄り、さっぱりしましょう。自分のお気に入りの温泉を探すのも楽しくなってきますね。


以上、大人の嗜みキャンプの楽しみ方でした。

自然や他のキャンパーを慮って、且つ自分たちがゆったりとした時間を楽しむことが大人のキャンプの楽しみの第一歩です。

僕の思う大人のキャンプの楽しみ方は以上ではありますが、この記事を読んでキャンプを始めて見たいと思ってくれる人が万が一にもいらしたら、僕は幸せです。

では、貴方も自分だけの楽しみ方で、最高のキャンプライフを!!

コメント

  1. ナベ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今回はニヤニヤしながら読んでましたので、思わずコメントしちゃいました。

    待て待て待て。設営の前にビール。

    この感じいいですね~

    我が家では昨年キャンプデビューしまして、こちらのサイトを参考に山形のいこいの森に行きました。

  2. 友CamProject! より:

    ナベさん
    どもどもども、ヤマケンです。
    コメント&ご覧頂きしてありがとうございます!

    天気がいい日は特に設営よりも先にビールを飲むべきと思うんですよね。
    なんで皆あんなにせかせかテント建てちゃうのかなぁっていつも思ってます。
    ビールを飲めば皆友達。ビールを飲めばラブアンドピースですよ。

    おお!キャンプデビューおめでとうございます!!
    あのキャンプ場は管理人のおっさんが面白かったなぁ。

    このブログでも初心者向けの情報をあれでもないコレでもないって発信してますけど、楽しければなんだっていいですからね。
    ナベさん流の最高のキャンプスタイルを見つけて、必ず僕に教えてください。楽しみにしてますので必ずですよ!!

  3. テル より:

    最近、こちらのブログを知りまして楽しく拝見しています。
    学生の頃、山岳部だったのでキャンプはストイックで辛い物と思っていました。
    子供が産まれて、キャンプ場据付のテントやロッジを利用してまたキャンプをはじめました。
    おっしゃられる通り今は、ゆったりとした時間をビールを飲みながら、僕も楽しんでおります♪
    次はこちらのブログを参考にさせて頂き、自分のテントを購入してゆったりと大人の時間を楽しめたら良いなぁ~と思います。
    これからもブログの更新を楽しみにしています(^_^)

  4. camp-in-japan より:

    テルさん
    コメントありがとうございます〜!
    僕達からするとキャンプってゆっくりするもんだよね?っていうのが当たり前といいますか。
    ビール飲むためにキャンプしにいくまであります笑
    これからも楽しんで頂けるようにブログ書きますのでよろしくお願いします!