▶冬キャンプの始め方全部まとめ | 詳細はこちら◀

【アサマ狼煙2019】晩秋の北軽井沢スウィートグラスが焚き火の煙で包まれた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ども、さくぽんです。

さくぽん

佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。
このブログの発起人。ライター、モデル。小型ロッジテント「ガレージテント」がtent-Mark DESIGNSから発売予定。イベントやコンテンツ企画もやる、キャンプのなんでも屋さん。

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!

今年は仕事でもプライベートでも秋冬キャンプにたくさんいけて良さげな感じです。夏は雨が多かったからか、比較的いい天気が続く最近は、キャンプ場も大賑わい。秋冬キャンプを楽しむ方は、諸々ご準備の上、お楽しみください!

さて、今回は、僕らが2014年、2015年と断続的にバイトさせてもらっていた北軽井沢スウィートグラスで開催された「アサマ狼煙」というイベントについて。

イベント内のコンテンツの司会役(盛り上げ役)としてお呼ばれしたので、お邪魔してきましたよー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アサマ狼煙2019 煙に包まれた最高の空間

2016年に初めて開催されてから、今年で4回目となった「アサマ狼煙」。

北軽井沢スウィートグラスの広々サイトから望むことができる浅間山は、活火山で1783年に大噴火が起きたんだそうです。

そんな場所に位置しているキャンプ場ですが、だからこそのこの「アサマ狼煙」というイベントが実現。

日常的に、活火山の浅間山とともに生きる北軽井沢の自然の中で、火に何かを感じる、火のある生活に思いをふける、そんなイベントでした。

我々は司会&ワークショップで参加!

で!そんなイベントになぜ、我々が参加させて頂いたのかといいますと!

このイベントのコンテンツの一つ「はじけろ!ポップコーン 焚人選手権」の司会を勤めさせていただくためでございました。

このコンテンツは、北軽井沢スウィートグラスを運営する会社が新しく始めた、火と人との語り場「タキビバ」がプロデュース。

スウェーディッシュトーチの上で、ポップコーンを誰が一番上手に作ることができるのかを競うものです。

与えられたのは、マッチ10本と小枝や白樺の皮などの焚付のみ。それをスウェーディッシュトーチを使いながら火をおこして、ポップコーンを作りましたとさ!

家族であーだこーだいいながら楽しそうに火をつけている様子がなんともたまらんイベントでした。

「タキビバ」は、2020年秋に新施設をオープンさせるために現在準備中だとか。

気になる方は下記、HPをチェックくだされ!

TAKIVIVA│タキビバ
タキビバとは、焚火に集う 宿泊型ミーティング施設。キャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」の25年にわたる蓄積から得た確信。VUCA時代に確かな未来を創造するため、あらたな視点で「焚火の社会的効用と可能性」を活用します。

オリジナルエプロン作りワークショップも

そして、ヤンさん&みきちゃんには、オリジナルエプロン作りワークショップで一緒に参加してもらいました!

ベースとなるエプロン、前掛けを選んで

ワッペンをつけたり、ステンシルで文字を入れたり。

子ども向けに発案したのですが、やってみると大人も楽しめるワークショップでした!

自宅待機のかあちゃん用にワークショップをやる子ども達が可愛かったなぁ。

このワークショップは、11月23日(土)の有野実苑オートキャンプ場や、2020年1月11日〜13日のリゾート大島のイベントでもやっていただく予定ですので、タイミング合う方はぜひ!

こだわりの一品を作ってください!

煙に包まれ。アサマ狼煙の雰囲気、最高

そんなこんなでイベント出展&司会を担当している間に日が暮れてきて、「アサマ狼煙」の名の通り、各所で狼煙が上がり始めます。

人の高さ以上もある丸太のスウェーディッシュトーチ

丸太に切り込みを入れて、そこに炭火を投入するワイルドな焼き場。

大量の煙でいぶされながら焼く500gのベーコン、最高でした。

日が沈んで

本当に狼煙があがっているかのような景色に。

締めくくりは、100人が作った松明で点火する「華炎の陣」とパフォーマンスユニットのゴロピカさんによるファイアーダンスショー。

写真とか撮る暇もないくらいに超素敵なパフォーマンスでした!

これを見に行くだけでも価値があると言っても過言ではない圧巻のパフォーマンスなので、来年も開催されるようでしたら、ぜひ見てみてください!

振る舞い酒、豚、飯、薪

出展されていたサンゾクマウンテンさんによる豚の丸焼きの振る舞い

まさかの薪のふるまい

みんな大好きザッキーは脇割りおじさんと化してました。楽しそうに薪を割ってたよ、ザッキー!

浅間酒造さんによるふるまい酒、甘酒には長蛇の列。

嬬恋キャベツの入ったメンチカツに、南三陸の牡蠣に、のろし汁に、最高でした!

晩秋の北軽井沢スウィートグラス

11月も半ばに差し掛かるタイミングでのイベント開催。毎度アサマ狼煙をやる日は天気があまり良くなかったんだとか。

でも、今年は2日間に渡って快晴。風もそろほど強くなく、夜の冷え込みは3〜4℃くらい。

時より吹く風で落ち葉がひらひらと落ちていく感じが、冬がもうすぐそこにいるような気がして、なんだか懐かしい気持ちになりました。

っというのも、僕もヤマケンもこの時期にここスウィートグラスでバイトをしていたから。

2014年、2015年の秋。寒い寒い北軽井沢の土地で、えっさほいさと僕は場内の落ち葉をひたすらに片付けて、ヤマケンは冬の厳しい寒さの中、延々と薪を割ってましたとさ。

僕らが、キャンパーさんを受け入れるための場を作りたいって思ったのは、落ち葉の片付けにしろ、薪割りにしろ、

キャンパーさんが楽しめるための下準備を経験してきたからなのかも。

なんてことを4〜5年ぶりに、またこの季節に北軽井沢に来て思いましたとさ!最後、なんかエモくなった

北軽井沢最高!

っというわけで、北軽井沢スウィートグラスで行われたアサマ狼煙2019のレポートでした!

あ、もう一つあったコンテンツ「Hyper Camp Creatorsのキャンプおしゃべり場」は、イベントのクライマックスのタイミングと重なったことなどにより、それほど盛り上がらず。何名かのブログ読者の方が来てくれつつも、ほぼ僕とヤマケンが焚き火をしているだけに終わりました(笑)

北軽井沢、最高です。

来年も行きたいなぁ。

みんなのコメント!

  1. アバターパーシー より:

    少しでしたがお話出来て嬉しかったです
    (((o(*゚∀゚*)o)))
    お二人とも顔面的スーパースターだったんで、嬉しくて若返りましたわ♡
    狼煙、あの雰囲気は最高ですね!
    スイートグラスも最高(^^)d
    いつも初心者に優しいキャンプの情報をありがとうございます!
    とても参考になってます♪
    キャンプ場、楽しみに。応援してますよ~d=(^o^)=b
    頑張ってd=(^o^)=b

  2. さくぽんさくぽん より:

    パーシーさん
    どもですー!「顔面的スーパースター」という謎のパワーワード!!笑
    若返っていただけてよかったです笑

    アサマ狼煙最高でしたね〜〜。キャンプ場がんばりますー!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました