▶冬キャンプの始め方全部まとめ | 詳細はこちら◀

リサイクルダウンを使ったランタンカバー『チョウチンポーチ』って知ってる?【fromエポックアウトドア】

キャンプ用品レビュー

ども、さくぽんです。

さくぽん

佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。
このブログの発起人。ライター、モデル。小型ロッジテント「ガレージテント」がtent-Mark DESIGNSから発売!イベントやコンテンツ企画をやる人。あと、地味に教員免許持ってる

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!

ブログはあんまり細かいこと気にせず、好きなように自分が書きたいことを書き出せるのがいいですよね。救われます。俺たちの原点はここにあったのだ。

さて、今回は、私さくぽんが、女子キャンプの先駆者こいしゆうかさん、キャンプ民泊を運営する野あそび夫婦のお二人と始めたキャンプのオンラインコミュニティ【エポックアウトドア】で企画した

リサイクルダウンを使ったランタンカバー「CHOCHIN POUCH(チョウチンポーチ)の紹介です。

エポックアウトドアって?

キャンパーである自分達が遊ぶ場所=「自然」の未来について、みんなで考えていくオンラインコミュニティが「エポックアウトドア」です。

このキャンプブームの中、

直火の跡をそのままにしてしまったり、キャンプ場にゴミを放置したり。

自分たちが遊ぶためのフィールドなのに、それを汚してしまう人たちが多く見受けられるようになったことにとても心苦しい思いをしていました。

そんな現状をなんとか打破できないか?どうやったら自然について考えるキッカケを持てるのだろうか?

なんて考えていたときに、こいしさんが発起人となって作ったのがこのコミュニティです。

日本全国津々浦々。オンラインだからどこからでも参加できて、2週に1回ミーティングをしながら、キャンプのこと、自然のこと、ギアのことについて話し合いをしました。

また、このコミュニティの目玉の一つ、メーカーさんとモノづくりをしながら、自然について考える時間を持てること

今回は、ダウンメーカーのNANGAさんご協力のもと、「リサイクルダウンを使ったキャンプギアの開発」

多くの方に”ダウンの真実”を知ってもらおうとみんなで進めてきたギアがついに完成、販売へとこぎつけることができました。

エポックアウトドアについて気になった方は、過去記事も御覧ください。

NANGAさんと一緒にギア作りができる?キャンプオンラインコミュニティ「epoch outdoor」が始まるよ!
ども、さくぽんです。 久しぶりのブログ更新です・・・あぁ、ブロガーの名が・・・すみませ

ダウンメーカーNANGAさんコラボ「CHOCHIN POUCH(チョウチンポーチ)」が完成!

そんなエポックアウトドアと羽毛メーカーのNANGAさんとがコラボして作ったキャンプギア

その名も「CHOCHIN POUCH(チョウチンポーチ)」です。

「CHOCHIN POUCH」はリサイクルダウンを使ったLEDランタンカバー。

昼間は肩にかけてポーチに、夜はLEDランタンのカバーに。

LEDランタンを中に入れて点灯させると、1枚1枚の羽毛が浮かび上がって見えるようになっています。

なぜ、リサイクルダウンを使わなければいけないのか?それは、ダウンが生き物から採取されていて限りある資源だから。

僕が担当させてもらっている日本オートキャンプ協会主催のオートキャンプインストラクターの講習で「寝袋に使われているダウンって何か知ってますか?」と受講生に聞くと、少なくない人(キャンパー)がその答えを知りません。

ダウンは、水鳥(ダチョウやアヒル)の羽毛です。生き物から採取をするのですが、飼育方法や採取の方法が非人道的な側面があることをNANGAさんを通じて知りました。

生きた水鳥から毛をむしり獲る様子は見るに耐えないです。その残虐さは、パタゴニアがアニメーションを作るほど。下記にそのアニメーションを貼り付けておきますので気になる方はどうぞ。一部グロテスクなところもありますので、苦手な方はスルーしてください。

Patagonia, “What the Pluck?” from Moving Colour on Vimeo.

この事実を知ったメンバーが「では、どうやったらリサイクルダウンについて、もっと認知を広げることができるのだろうか?」

とアイデアを出し合い議論を重ね、NANGAさんからフィードバックをもらって出来上がったのがこのアイテム「CHOCHIN POUCH」です。

そういう経緯があるので、このアイテムの大きな特徴

「灯すとダウンが透けて見える」仕様になっています。これはおそらく今まで市場になかった新しい発想。

他にも製品化にむけたアイデアがたくさんあって、メンバー間・NANGAさん・運営者で何度もミーティングを重ね、半年以上も時間をかけてきました。

が、「キャンプをしながらフィールドについて考え、思いを馳せる時間を作れるのではないか?」というコンセプトがメンバーの多くに響きました。

この商品を通じて、たくさんの人にダウンのこと、リサイクルダウンのこと、自然のことを思うキッカケになってもらえたら嬉しいです。

カラーはレッドとイエローの2色

レッドとイエローの2色展開で、エポックアウトドアとNANGAさんのダブルネーム。

生産は滋賀県にあるNANGAさんの工場。MADE IN JAPANです。

もちろん、商品に使われているダウンはリサイクルされたもの。

ちなみに、「リサイクル」という言葉が入るとどこかちょっと“キレイじゃない””汚れている”イメージを持ってしまう人も少なくないかもしれませんが、

リサイクルする過程でダウンを洗浄することで、ダウンが“研がれて”新品のダウンよりもキレイになるんだそうです。

下げタグも参加メンバーが考え、こだわり抜いて作った1枚。ぜひ購入された方はこのタグの裏側も読んでみてください。そこには僕らがこの商品を作った背景やこれからもキャンプやアウトドアを楽しむために知ってもらいたい事が書かれています。

中に入れるLEDランタンは小型のものがおすすめ

手のひらにちょこんとのるくらいのサイズ感。ダウンなので、使わないときはコンパクトに。寝袋同様、ふわふわと広げるようにするとこの形になります。

中に入れるLEDランタンは、ベアボーンズのビーコンライトやスノーピークのほおずき、ゴールゼロのライトハウスマイクロなど、小ぶりなものがおすすめです。

テントの入り口に目印として吊るしたり

ランタンポールに引っ掛けて、夜な夜な美しい星空と光るダウンを眺めてみたり。

色んな使い方を楽しんでもらいたいです。

※ガスやガソリンなどの燃料を使うランタンは入れないでください。

販売開始日は10月25日の22時〜。お値段16,000円

エポックアウトドアのはじまりが、2020年の5月ごろ。コミュニティに参加した34名のメンバーが、1年以上かけて作ったこのキャンプギアがいよいよ発売されます。

販売開始日は、10月25日の22時〜。お値段は16,000円(税込)です。時間になったら下記のウェブサイトより購入可能ですので、気になる方はぜひ。

epochoutdoor / エポックアウトドア powered by BASE
いつまでも心地いいフィールドで外遊びをしたいわたしたちが、わくわくを通して自然を守ることについて学び考えるコミュニティです私たちは限りある資源のなかで、生活をしキャンプをしています。CHOCHIN POUCHは、その意識を忘れないように、その想いを誰かに繋げるように、私たちepoch outdoorがつくりました。

おかげさまで先行販売にて購入頂いた方がいらっしゃっいました。在庫数はそれほど多くないのでお早めにご検討ください!

ダウンに光を灯し、自然について思いを馳せる時間が生まれるキャンプギア

「CHOCHIN POUCH」

たくさんのキャンパーの心に響くことを願います。

タイトルとURLをコピーしました