【超高規格】ルピナスが咲くレイク・テカポのキャンプ場が天国だった。

レイク・テカポキャンプ場28

ども、さくぽんです。

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e4%ba%ae%e4%bb%8b%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はニュージーランド。新たな一歩の始まりにウキウキ。

早いものでニュージーランドに来てから1ヶ月が経ちました・・・ニュージーランドはWi-Fi環境があまりよくないので、なかなか状況がアップできませんでしたが

今回は、ニュージーランドの超高規格キャンプ場を紹介しますよ!

スポンサーリンク

レイク・テカポの超!高規格キャンプ場

レイク・テカポキャンプ場1

おまたせ致しました。ニュージーランドのキャンプ場を紹介していきます。

こちらは星空やルピナスの花が有名なテカポ湖の湖畔にあるキャンプ場です。

レイク・テカポキャンプ場2

テントサイトはこんな感じです。もちろん車の乗り入れができます。ボクが支払った料金は18ドル(約1,500円くらい)です。

ヤマケン
日本のスタイルと同じっぽい・・・?

レイク・テカポキャンプ場3

ちなみに新しいテント買いました。Expedというスイス?のメーカーのテントです。

ヤマケン
かっこいいいいいいいいいいい

Expedって、バックパックとか、エアーのマットとか出してるメーカーじゃないっけ?日本だと。

ガルボ
登山系ぽいね!シンプルでいい感じ!

受付は日本とあまり変わりありません。

レイク・テカポキャンプ場4

順を追って紹介していきます!こちらが受付です。朝8時〜夜の8時半までやってます。もしこの時間に間に合わなくても、入り口の手前にある記入用紙に必要事項を記入し、お金を封筒に入れれば空いているキャンプサイトを利用することができます。

レイク・テカポキャンプ場5

ニュージーランドを旅しているとキャンピングカーにこれでもか!ってくらい遭遇します。

日本で言う所のプリウスに遭遇するくらいの確率で会います。(これホントです)

ヤマケン
やっぱりこの辺は海外のキャンプ!って感じだね。

プリウスレベルって、10分に一回はキャンピングカーじゃん。

レイク・テカポキャンプ場6

レイク・テカポキャンプ場7

ニュージーランド人も自分たちのキャンピングカーやトレーラーを持っているのですが、半分以上は外国人です。キャンピングカーのレンタルが充実しているので、皆キャンピングカーに乗って旅をしています。

そのため、ホリデーパークと言われる、日本で言う所の高規格キャンプ場は、電源付きサイトがメインになってます。当然、ダンプステーションもあるので排水処理も簡単にできます。

ヤマケン
あっちの自走式格好良いな。並んでるのがかっこよすぎる。

レイク・テカポキャンプ場26

キャラバンの保管場所。日本でいうとヤマケンがいる有野実苑がこういうのをやってますね。

オリジナルキャンプブランド

グランピングやロッジ、バックパッカーズも

レイク・テカポキャンプ場8 レイク・テカポキャンプ場9

こんなテントも見かけました。合計で8張り?くらいあったかな?ちら見した感じだと中にベッドなどがあって、まさしくグランピングだなーと思いました!

他のキャンプ場で泊まってみるのでまたレポートします!

ヤマケン
グランピング施設もあっちにあるんや!!

あっちの人たちの中ではどういうポジションなんだろうな。

レイク・テカポキャンプ場10

レイク・テカポキャンプ場11

レイク・テカポキャンプ場12

その他にもロッジやキャビン、そしてバックパッカー向けの宿泊所もあります。

ヤマケン
上の写真だけでもう既に日本じゃない感がすごい!!

設備の充実度がやばい!

レイク・テカポキャンプ場13

こちらが場内に2箇所ある炊事場です。

レイク・テカポキャンプ場14

こちらがキッチン。ニュージーランドのキャンプ場(ホリデーパーク)はこういった炊事場になっています。

レイク・テカポキャンプ場15

電熱コンロ、電子レンジ、トースター、オーブン、さらに冷蔵庫まで。とにかく超便利。すべて利用料金に含まれていまので、皆で譲り合って使います。

ニュージーランドのアウトドアショップをいくつか巡ったんですけど、はっきり言ってそれほどワクワクしませんでした。

というのも、キャンプ場にほぼすべての施設・道具が揃っているから日本みたいにアレやコレやと揃える必要がないんでしょうね。

ヤマケン
それは凄い!!道具持っていく必要ないんだ。キャンプっていうよりは外で遊びたいってだけな感じなのか。
ガルボ
普通に生活出来ちゃうじゃん!すげー充実してるね!

レイク・テカポキャンプ場16

至るところに充電用コンセントがあるので、わざわざ電源サイトを使わなくても携帯やカメラの充電ができます。

レイク・テカポキャンプ場16

そして極めつけはコレ。沸騰したお湯がでます。これが超便利。カップ麺とかもすぐ食べられますし、コーヒー飲もうと思ったらすぐに飲めます。

ちなみに、当然のごとく炊事場でお湯がでます。

ヤマケン
え?今どこの施設を紹介してるんだっけ?え?キャンプ場?

レイク・テカポキャンプ場18レイク・テカポキャンプ場19

洗濯機、乾燥機もあります。利用は1回2ドル(160えんくらい)。

シャワーも同様に10分の使用で1回2ドルでした。

レイク・テカポキャンプ場20

もちろんゴミも捨てられます。

レイク・テカポキャンプ場21

遊具もありますが、目の前が湖なので湖で遊んでる子供もたくさんいました!

レイク・テカポキャンプ場23

TVラウンジも!長期滞在を想定しているので、ここでテレビみたりしてくつろぐみたいです。ボクが中に入った時はカップルがトランプしてました。

ヤマケン
ファーーーーーーー!?

レイク・テカポキャンプ場25

ホットスプリングとありますが、ここは単なる沸かし湯だそうです。たしか入場料22ドル?だったかな。ニュージーランドは日本同様に温泉が国内にたくさんあるそうなので、今から楽しみです!

ヤマケン
僕らの愛する九州の温泉とどちらが上か。気になる。

BBQフリー!

レイク・テカポキャンプ場22

そして!さらに驚くべきなのが、この本格的なコンロが無料で使えます(施設利用料に含まれる)。しかもこのロケーション。レイク・テカポを目の前にしてBBQできるとか天国かと思いました。

ヤマケン
プ、プロパンまでついてるやんけ・・・・

レイク・テカポキャンプ場24

なんかもうこういうカップルとかみたらマジで幸せな気分になりました。もちろんここにあるベンチも無料で使えます。年配の夫婦がワイン飲みながら楽しそうにお話をしていて、すごく微笑ましい感じでした。

ガルボ
いい雰囲気。この湖畔すげーいい感じだね!

ボクのお気に入りポイント

レイク・テカポキャンプ場28

レイク・テカポといえばこれ!ルピナスという花です。キャンプ場の目の前に群生してますので、12月に行けばキレイなルピナスがそこかしこで見ることができます。

ルピナスの見頃と見れるポイントをお探しの方はこちらを参考にしてください。

レイク・テカポキャンプ場30

レイク・テカポキャンプ場29

そして!星空も有名なレイク・テカポ。この日は残念ながら中月で、月の光がかなり明るかったのでこんな感じでしか撮れませんでした。

っが、2月にもう一度来ようと思うので、最高の星空を撮影したいと思います!

レイク・テカポキャンプ場31

電源サイトからの眺めはマジで最高です。

ガルボ
湖畔好きの自分にとっては最高すぎる!!

この景観に設備と日本にはない良さがあるね!

料金

以下、ざっくりとした料金です。ニュージーランドドルが1ドル80円ちょっとです(2016年12月現在)

  • テントサイト(ソロサイト) 1人18ドル(1,500円)
  • 2〜3人用サイト 2人まで36ドル(3,000円)
  • 8人までのテントサイト 46ドル〜(2人までこの料金。大人1人追加ごとに18ドル)3,800円〜
  • 電源付きサイト 46ドル〜(2人までこの料金。大人1人追加ごとに18ドル)3,800円〜
  • グランピングサイト 90ドル〜(7,800円〜)
  • キャビン、ロッグ 130ドル〜(10,000円〜)
  • バックパッカー35ドル(2,800円)

詳細は公式HPへ!

公式HP:http://laketekapo-accommodation.co.nz/

ってな感じです!今調べてみたら、ニュージーランドの夏の終わり2月頃まですでに建物の予約はいっぱいでした。人気のキャンプ場みたいですねー。その理由もわかります。

場所

レイク・テカポまで車で行けばすぐにわかります。ちなみに、i-Siteという日本でいうところの観光センター的なところの近くに小さめのスーパー(Four Square)があります(上記地図で示してます)ので、そこで買い物ができます。

レイク・テカポキャンプ場40

ってなわけで、ニュージーランドの超高規格キャンプ場「レイク・テカポ モーテル&ホリデーパーク」を紹介しました!

いやー、いきなり度肝を抜かれるようなキャンプ場でビックリしました。天気も最高だったので、うっかり連泊してしまいそうになりました。ニュージーランド最高です!

ヤマケン
普通に写真のレベルが上がりすぎて失神してハゲたわ。

コメント

  1. ぎぐぅす より:

    もっとワイルドな感じを想像してた!てか、ココが特別なのかな?今後のレポート楽しみにしてやす!

  2. さくぽん より:

    ぎぐぅすさん
    意外と?!こういう感じのところが多いです。普通に町中にキャンプ場があったりして。
    山の中行くとワイルド系があるっぽいですね!
    また追って紹介していきます!