テントを買った時についてくる付属のハンマーはとっとと捨てた方がいいよ

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

初心者キャンパーの皆さんにお伝えしたいことがあります。

スポンサーリンク

テントを買った時についてくる付属のハンマーはとっとと捨てた方がいいよ

IMG_5578

テントを設営する時に必要になってくるのがハンマーです。ペグを地面に打ち付けるために必要なのです。ただし、付属で付いているハンマーはほとんどの場合ポンコツなので、とっとと捨てて家にある鉄製のハンマーを持って行った方が断然いいのです!

そもそも、よくぞこんなしょぼいハンマーを付属品として入れているなって思うくらいです。

普通に考えて、ゴツゴツした地面にプラスチックの軽いハンマーで、プラスチックのペグを打ち付けられるとは思えないですよね。

ホームセンターへ!レッツゴー!

<こういうハンマーでいいんです>

ホームセンターへ行けば1,000円以内でこの手のハンマーが手に入ります。このハンマーを使えば余裕でペグが刺さりますし、反対側で引っ掛けてペグを抜くこともできます。周りのキャンパーの方をみると結構こういった普通の金槌を使っている人をみます。

<スノーピークはこれ系に強いですが、これを買わなきゃいけないわけではないです。高いですし>

ペグも改めて購入することをオススメします。

初心者こそ使って欲しい!ペグはスノーピークの「ソリッドステーク」が最強。〜初心者のためのキャンプ入門〜

こちらの記事でも紹介しているように、初心者にこそスノーピークのソリッドステークというペグを使って欲しいのです。鍛造(たんぞう)でどんな地面の状態でもペグが刺さっていきます。

ただ、上で紹介したハンマー同様にスノーピークの製品は基本的に高いです。ソリッドステークはまさかの1本300円以上・・・製品力が高ければ当然なのですが。それでもちょっと高いです。

そんな時はアルミかジュラルミンという素材のペグを購入しましょう。ソリッドステークほどの強度はないですが、付属品のプラスチック製のペグよりは強度が増します。

おおよその1本単価が150円前後ですので、買っておいて損はないです。

主にコールマンのエントリーモデルのテントを購入した方はハンマー、ペグを新しく購入したほうがいいですよ。僕らもエントリーモデルを購入したのですが、ペグの刺し抜きに結構困ってました。ペグはまだしも、ハンマーはすぐにでも変えた方がいいです!劇的にペグが刺さりやすくなります!

以上、テントの付属品のハンマーはとっとと捨てて、金槌を新しく購入した方がいいですよー!っという話でした!

あなたにも素敵なキャンプライフを!