風がうるさくてキャンプでろくに寝れないって?対策方法を紹介しますよ。

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

去年お会いしたイケダハヤトさんという高知に移住してビジネスをガンガン拡大している方がいらっしゃいまして、その方が「キャンプでろくに寝れない」っておっしゃってたので、住所不定キャンパーで常にテント生活をしていた僕らからアドバイスをさせて頂こうと思います。

スポンサーリンク

キャンプの大敵は風!

20150801-IMG_0583

キャンプで睡眠を阻害する一番の要因は「風」です。風がものすごく強いとテントがバシバシ揺らされて全然眠れません。これに雨が混ざったら、朝まで寝れないなんてことも日常茶飯事。テントは布なので雨音が異常に響きます。

では、風対策をどうすればいいのかといいますと、「設営前の場所選び」と「テントの性能とペグダウンをしっかりやる」ことがポイントです。

設営前の場所選びって?

IMG_4092 IMG_0209

風の通り道ってありますよね?東京で言えばビルとビルの間から抜けてくる「ビル風」がそうです。

っで、キャンプの場合は景色が開けたロケーションのいい場所や山と山の間は風が強く吹く傾向にあります

反対に森の中は木が風を散らしてくれるので比較的風を感じにくいです。

そのため、今日は風が強くなりそうだなーと思ったら、その日はロケーションのいい場所を諦めて、端っこの方にテントを設営しましょう。これだけでも結構変わりますよ。

オリジナルキャンプブランド

テントの性能がものをいう場合も

IMG_3684

そもそもの話になりますが、安いテントは風に弱い傾向があります。登山系のメーカーのものは風の強い山で使用することを想定されているので風に強いです。その分値段も高いのですが。

細かい話ですがポールの材質・テントの形状によって風の受け方がかなり変わるので質の高いものを使っている=良いテントはやはり高くなります。

この独特な形状が風を逃がしてくれます

この独特な形状が風を逃がしてくれます

最近上場したスノーピークはさすがの製品力です。風に強い形状になってますのでオススメですよ。安いテントを卒業してスノーピークのアメニティドームを使うと全然違います。ちょっと飛躍した表現になりますが、木造のアパートからコンクリートのマンションに移るぐらい違います。ファミリーでお財布に余裕があればこのテントの購入をススメてます。

ペグダウン、ちゃんとしてますか?

IMG_7010

ペグ(杭)をしっかり地面に打ち付ける(ペグダウンっていいます)行為を怠ると風の影響をモロで受けます。

要はペグでしっかりテントを地面に打ち付けておけばその分、風でテントがブレることが少なくなるので風の煽りを防ぐことができるんです。

DSC00771

テントの種類にもよりますが、テントから出ているこのロープ(自在ロープっていいます)も全方向にしっかりとペグダウンさせておく必要もあります。特に、風上にあたる方向のロープは強めに張っておきましょう。

キャンプの大敵は風なので風が強い日はこれくらい対策をしなければいけません。

虫や鳥の声・・・こればっかりは仕方がない。それがキャンプの醍醐味!

20150803-IMG_0880

だいぶ温かくなってきたのでもうそろそろ夜はカエルの大合唱が始まる頃でしょうか。

外で寝る以上、虫の声や鳥の鳴き声を防ぐことは不可能です。耳栓をするくらいでしょうね。

あとはそれが気にならないくらいにお酒を飲んで気分よく眠ることですね(飲み過ぎ注意ですが)

朝日で強制的に起こされる時ももちろんありますが、そんなときは逆に早く寝ればいいんですよ。住所不定キャンパーの我々レベルになると時には20時過ぎに眠ることがあります(笑)

簡易ベットのコットを使うと快適!

他にキャンプで眠れない原因でよく聞くのは背中が痛くて眠れないなんてことも聞きます。そんな方はぜひ簡易ベットのコットを検討してください。家のベットのような寝心地とまではいきませんが、それなりに快適に眠れます。

IMG_1041

僕らはHelinoxのコットワンを使ってます。詳しいレビューは下記へ。床面の張り具合が絶妙で快適です。設営も簡単ですし。

ヘリノックスのコットワンがキャンプで快適に眠る最適解だと思う。

以上、住所不定キャンパーから高知のイケダハヤトさんへ

キャンプでろくで眠れなかったイケダハヤトさんへキャンプで快適に眠るための対策方法でした。