【レビュー】バーゴ(VARGO)のUltimate Fire Starterは案の定ロマン心くすぐるソロキャンパー向け装備だった

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

そろそろ4ヶ月位、他のキャンプ場にキャンプしに行ってません。

なんかこう、色々余裕が無くなるとやっぱりキャンプに行きたくなる不思議。キャンプ行こ。

さて、今回は無駄に買った、無駄に格好良い道具をレビュー。

スポンサーリンク

VARGO Ultimate Fire Starter

Amazonのキャンプカテゴリで関連商品をオススメされるがままにクリックしまくっていたら出会ったのがVARGOのUltimate Fire Starterです。

VARGO Ultimate Fire Starter

このUltimate Fire Starterは、ファイヤースターターとファイヤーブラスターの機能がついたものです。そして超小型です。

上部の黒い部分がスクリューキャップになっていて、外すとマグネシウムの棒になってます。

あと全然関係ないけど、ファイヤースターターとファイヤーブラスターとか必殺技っぽいよね。

※ファイヤースターター:火打ち石。マグネシウムだかなんだかをシュッて削ると火花が散るので、それを利用して焚き火を熾す道具。

※ファイヤーブラスター:火吹き棒。焚き火や炭火を効率よく起こすために使う道具。まぁ、有り体に言ってしまえば、穴の空いた棒です。

先に結論を述べると、キャンプにどっぷりハマって、他の人が買わないだろ!という道具を欲しい人にオススメですね!高いので多分買う人は少ないはず!笑

小型感と2つの機能がついてるのが男のロマンをくすぐります。

ではどんな感じかお見せします。

使い方1:ファイヤースターター

VARGO Ultimate Fire Starter

本体とマグネシウムのやつを取り外して、上の写真のように使います。

左手に黒いやつ、右手に本体をもってシュッとやると火花が出ます。本体でマグネシウムをこする感じですねー。

使い心地としては、他の小さいファイヤースターターよりも簡単に火花が散ってやりやすいですね。

余談:マグネシウムで本体を擦ると全然火花がおきません。最初それでやって一切火花が熾きず、終わったと思いました。

下記の記事で、120円で買えるファイヤースターターを試したんですが、その時、凄い力を入れてやってたんですよね。でもこのUltimate Fire StarterはUltimateなだけあって、ほとんど力を入れずに使えます。

オリジナルキャンプブランド

使い方2:ファイヤーブラスター

VARGO Ultimate Fire Starter

この本体を伸ばすと

VARGO Ultimate Fire Starter

こんな感じで伸びます。

VARGO Ultimate Fire Starter

そしてマグネシウムの部分を外すと、こんな感じでファイヤーブラスターになります。

当たり前の話ですが、ちゃんと使えます。

距離が少し短いように見えますが、色々大丈夫かと思います。先が細くなってるのでかなり勢いよく吹けます。

ただ、先っぽがプラっぽい感じの素材なので、近づけすぎないほうが良さげです。そんなにギリギリまで近づけなくても十分吹けるので!


というわけで以上、VARGO Ultimate Fire Starter  を紹介しましたー!

いやーこれで定価3,800円くらいするんだよね!笑

ぶっちゃけファイヤースターターを使う機会ってそうそう無いとは思うので、そうなるとファイヤーブラスター機能しか使わない・・・というかぶっちゃけファイヤーブラスターも無くても全然構わない・・・・

・・・・

ということでかなりニッチな道具ですねー!!笑

ファイヤースターターとしてはかなり使いやすい方ですし、小型になるファイヤーブラスターってそうそう売っていないので、需要は在るはず。

VARGO Ultimate Fire Starter

でもほら、格好良いポーズとかとれるのでオススメ。

さくぽん
微妙にフザケたな。微妙にな。

今回紹介したキャンプ道具