【初心者向け】キャンプの夜寝る前にやるべきことを確認しましょう!

どもどもガルボです。

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。
ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

最近さらに運動とかしなくなりました・・夏だからこそ頑張って動かねば。

さて、今回はキャンプで寝る前にすべきことについて

スポンサーリンク

キャンプで寝る前にすべきこと

キャンプ場の1年

みなさんキャンプして起きた朝に愕然としたことありませんか?

ゴミ箱が荒らされたり、荷物がびしゃびしゃになってたりと数多くキャンプされている方は何かしら体験していると思います。

今回はこれからキャンプを始める方が、そんな失敗を出来るだけしないように気をつけるべきことを書きますね。

食材やゴミ箱をしまう(片付ける)

まず食材・ゴミ箱を片付けることは必須です。

キャンプ場にはカラスや野生動物がたくさんいます。堂々と置いておくと夜中に荒らされるだけでなく、熊や猿など危険な動物をキャンプ場に近づけることとなります。

なので食材はクーラーボックスにしっかり入れること、ゴミ箱は袋を密閉して車の中かテントの前室にでも入れて起きましょう。

外に置いておくと袋を縛って密閉したつもりでも漁られますよ。ツールームテントのリビングスペースでもしっかり対応しましょう。

オリジナルキャンプブランド

チェアやテーブル、貴重品を片付ける(タープ下やテント内)

続いてテントサイトのチェアやテーブルなどを片しましょう。

理由は2つあります。1つは盗難防止のため。2つ目は夜露などでびしゃびしゃにしないためです。

しっかり管理されたキャンプ場なら盗難というのは聞いたことがないのですが、注意するに越したことはないです。

夜露対策としては、タープの下や車の中に入れることで対応するといいです。

あまりに濃霧が出ていたりするとタープ下に置いても濡れてしまいますが・・

焚き火を処理する

焚き火は寝る30分くらい前から薪をくべるのはやめて起きましょう。

寝る前に完全に消火させるのがベストですが、なかなか難しいので薪を熾火の状態(火が上がっていない状態)にして火ばさみで小さくして放置するのがいいです。

風がある場合には火の粉が舞い上がり危険なので火消し壺に入れておきましょう。

ランタンを消す

意外と気をつけて起きたいのがランタンを消すこと。

常夜灯として小さいLEDランタンをテント内につけておくのはいいかと思いますが、明るいガスランタンやガソリンランタンをつけておくのは周囲に迷惑となります。

就寝時間には完全にランタンを消し、夜中トイレ行く用に枕元にLEDランタンを置いておくのがいいでしょう。

ヤマケン
ガル外に常夜灯を置くなら、小さいLEDランタンでオナシャス!光量有り過ぎると、結構他の方が気になるよ!

自分たちだけじゃない!周囲を考えて行動しよう!

キャンプ場には意外に知らなかったマナーとかルールとかあります。

なので、分からないことがあればこれ周りに迷惑かかるかな?と一度考えてみてください。

キャンプ場によって禁止されていることもあるので気になることがあれば一度聞いてみることもいいかと思います。

少しの配慮でキャンプを楽しく過ごしましょう。

ではまた!

たかにぃ
自分そのまま寝てて、急にポツポツ雨降り出して夜中にお片付けとかやったなー。あれ切ない(笑)
さくぽん
酔っ払って片付けがめんどくさくなるんだよなぁ・・・特にゴミや食べ物を荒されないように気をつけてね!
ヤマケン
面倒くさいのは超わかる!笑

ちなみに100サイト位の規模のキャンプ場がフルになると、大体一晩で400人弱の人がキャンプ場にいることになります。もうちょっとした村が出来る感じ。そういうことだ。