【注意喚起】キャンプ場の過剰予約、過剰キャンセルは控えてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ場information

どもーさくぽんです。

さくぽん
さくぽん
このブログの発起人。年間閲覧者数は160万人。
キャンプで人生が幸せになりました。プロフィールはこちら

あれだけ暑かった東京も、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたねー。いよいよ快適な秋キャンプの時期がすぐそこに!!

今回はここ数年のキャンプ熱で異常発生したキャンセルの話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプ場は予約が必要。

5月は子供をキャンプデビューさせるのにちょうどいい時期かも

キャンプ場では、GWや夏休みなどの繁忙期は特に予約が必要です。

人気のキャンプ場ともなれば特に大きな連休でもない週末のキャンプでも予約をしなければ空いていないなんてこともたくさんあります。

これはこれで、人気のキャンプ場に予約が集中してしまうという問題もあるのですが、

それはキャンプ場側の一つの努力の結果でもあると思うのです。

ヤマケン
こないだも穴掘ってて、キャンプ場を作った人すげぇなと思いました。

しかし、問題が

そんな状況なのもあるし、さらに拍車をかけるように、ここ数年のキャンプブームの中で、

キャンプをしたい熱が高まりすぎて、キャンプ場を複数予約する事案が発生しているそうです。

例えば、キャンプできそうな候補日は、とりあえずネットでできる限り予約しまくって。

っで、予定が分かり次第、キャンセルするとか。

実際にはキャンプに行くのは1箇所しかないのに、同じ日に違うキャンプ場の予約を入れる人もいるんですって。

そんなことあるんかいって感じですが、実際に起こってるみたいなんです。

キャンセルが全て悪いわけではない

もちろん、キャンセルが全て悪いなんてことはないです。

急に体調が悪くなってしまったり、どうしても外せない用事ができたり、仕事が入ったり。

台風や大雨などの自然災害もあります。

なので、すべてのキャンセルが悪いなんてことはないです。

キャンプはレジャーなので、楽しくやってなんぼ

各キャンプ場のキャンセルポリシーに則って、キャンセルをすればいいのです。

「一回予約しちゃったから、キャンセルするのは申し訳ない・・・」なんて思わなくて大丈夫です。そんな心配をするあなたはきっと心の優しい人。

キャンセルの連絡だけしっかりしてもらえればいいのです。

予約でいっぱいってことは他の人の予約を断っているということ

キャンセルを繰り返す人に言いたいのは、他の人のキャンプの楽しみを奪っているということです。

本当に残念なのですが、繁忙期や週末は少なくないキャンパーさんの予約のお電話をお断りせざるを得ない状況です。

それはすでに予約でいっぱいになってしまっていて、予約してくれたお客さんのためにスペースを確保しているから。

でも、いざ当日になってみると、予約していたはずの人が来なくて、ポツポツとキャンプサイトが空いているなんてことも。

電話で確認をすると「え?キャンセルしましたよ」とか「予約してないです」なんて。

そんなのありかよ・・・。

悲しいんです・・・キャンプサイトがあいてるとね・・・本当は予約でいっぱいだったのに。

ヤマケン
これは凄く悲しい。

キャンパーさんが来ないと心配になる

スタッフ目線でいうと、その日のチェックインのお客さんが何名なのか、もちろん把握してます。多くのキャンパーさんは、チェックイン時間が来たらそうそうにチェックインを済ませて、キャンプ場でキャンプを楽しみます。

っで、夕方ころになって「あれ、あと何組チェックインある?」なんてお互いに確認をしながら、予約があるけど、まだチェックインをしていないキャンパーさんをお待ちしているのです。

実際にあるのが、キャンプ場に来る途中で事故にあってしまうとか、そんなことも想定し若干心配になりながらもチェックインされるのを待っています。

それにもかかわらず、電話もせずに黙ってキャンセル、しかも複数予約してるとか。

これはもはやモラルとかマナーの問題であると思うのです。

ヤマケン
やー、ほんと。どうしたんだろう。大丈夫かなってなる。

不確実な予約は極力さけて!キャンセルするときは連絡するのを忘れずに!

さっきも言ったように、キャンセルすること自体を全否定はしません

しかしながら、あまりにも不確実な大量予約、大量キャンセルは控えてほしいというのが今日のお伝えしたいことです。

この記事を書いたたのも、僕らが普段からお世話になっているキャンプ場さんでのキャンセル数の多さを知ったことがキッカケです。

あまりにも多いキャンセルは、誰も幸せにしません。

その人はいいのかもしれません。予約できたキャンプ場の中から、実際に行くのは一つのキャンプ場で、実際にキャンプもするわけです。

でも、来場を待っていたキャンプ場、そこのキャンプ場でキャンプをしたかった他のキャンパーさんにとっては何も生み出しません。

自分だけがいいなんてことはないです。あなたもキャンプが好きなキャンパーなんだったら。

まとめ

人気キャンプ場の予約いっぱい問題とキャンセル問題は、ずっとある問題なので、一概にキャンパーさんだけが悪いということもでないです。

きっとキャンプ場側からも何かしらの対策を考えなければいけないのかもしれません。

でも、今年はあまりにも大量キャンセルが多いんですって。

皆で優しい世界、楽しいキャンプの世界を作りましょう。

せっかくの楽しいキャンプなんだから。悲しい思いはしたくないし。

ヤマケン
はい。

みんなのコメント!

  1. より:

    居酒屋さんとかホテルとかでも問題になってるみたいですね
    そういう事する人は予約しすぎてどこを予約しているかも忘れていると言う事も聞きます
    ガッチガチの認証システムとか前払いもそう考えるとありなのかなぁと思っちゃいますね

  2. さくぽん さくぽん より:

    壱さん
    そうなんですよ。予約しすぎて本人が忘れるパターンも結構あるみたいで。
    でも、キャンセル料は払わないという人もいるようなんです・・・。悲しい。
    個人的には、前払いにしたほうがお互いにメリットあるかなーっと。キャンプ場はキャンセルによるロスが減って
    支払い済みであることでチェックインが今よりも簡素化されて、キャンパーさんも多少ストレスが減るので。

  3. hide.T より:

    こんにちは

    私営のキャンプ場にとっては死活問題でもありますよね…
    ホント自分勝手な人が多すぎ。

    公営の若洲公園キャンプ場等も酷いです、しかし公営なので職員の懐が傷まないからなのでしょうかね
    何も対策はしていない模様で、以前友人と2区画予約していてもう一人参加したいと問い合わせしたら
    いっぱいだと断られ、仕方なく友人は幕営を諦め自分のサイトに人数追加でパラサイト。
    しかし当日行ってみたら雨予報だったせいか自分たち以外に4~5組しかいない!!
    そんなことがありました。
    そうそう、若州といえば初めて二人に会ったのは若州でしたね~。

  4. さくぽん さくぽん より:

    hideさん
    どもですー!
    この問題、結構根深いですよね。。。なんでこうなるんだか。
    こういう問題が発生すると、キャンプ場としても厳しくせざるをえなくなり、結果自分たちに帰ってくるのに。
    しかも、それで損をするのは、マナー・ルールを守るキャンパー。
    このおかしき世界を僕はなんとかしたいです・・・
    若洲でもそんなことがおこってるんですね・・・若洲懐かしいです!!

スポンサーリンク