【有料コンテンツ】お前たちが会いに来てくれたり、コメントをくれることが僕たちを度々立ち上がらせてくれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプの雑談

どもども、ヤマケンです。

noteを僕個人で書くのは初めてですね。よろしくどうぞ。

この記事を書いているのは、諸用で三重県の青川峡キャンピングパークに向かってる最中でありまして、

今さっき佐久間と車の中で話をしていて思ったことを書いていきます。

今回はキャンプに関係ない内容となりますので、ご注意ください。

お前らへのラブレターです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【人が1人で出来ることは本当に少ない。】

僕たちはこれまでいろいろやってきました。

いろいろの内容については、noteを購読してくれている人達はわかってくれていると思うので端折りますが、なんかこう、いろいろ。

で、いろいろやってきて、今年で5年目。間もなく6年目。

それでも思うのは、【僕たちが出来ることはあまりにも少ない】ということです。

なんでもやり続けて経験値が上がったり、フォロワーが増えたりすると出来ることは増えていきます。
ブログで書いている以外にも、10月にはレシピ本出したり、WANDER THE LIFE, Yamafaceでオリジナル商品を出したり。

キャンプ場業務でも、この2年でキャンプ場の殆どの業務をこなせる様になりました。

でも、やっぱり自分一人だけじゃ出来ないんですよね。

佐久間がいなかったら、ガルボがいなかったら、有野実苑の社長が、ガッツが、あいかちゃんが。

そして、ブログを読んでくれるお前らがいなかったら何も成し得てないんですよね。

僕たちはあまりにも無力で、お陰様で、僕たちにあるのはただキャンプを好きだという情熱だけなんですよね。

人は経験値が上がると、どこかで自分の力を過信しがちで、もちろん自信に思うことはとても重要なんですが。

そうなってくると、回るものも回らなくなるし、進むものも進まなくなる。

だから、どこまでいっても、人には1人で出来ることは全然無いんだなと気づくんです。

続きはnoteで

お前たちが会いに来てくれたり、コメントをくれることが僕たちを度々立ち上がらせてくれる。|Sakuma Ryosuke|note
どもども、ヤマケンです。 このnoteで僕個人で書くのは初めてですね。よろしくどうぞ。 この記事を書いているのは、諸用で三重県の青川峡キャンピングパークに向かってる最中でありまして、 今さっき佐久間と車の中で話をしていて思ったことを書いていきます。 今回はキャンプに関係ない内容となりますので、ご注意ください。

みんなのコメント!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました