【秋.ver】キャンプの時の服装ってどんな格好したらいいの?〜初心者のためのキャンプ入門〜

どーも!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

以前投稿した、「キャンプの時ってどんな服装をしたらいいの?」 という記事が非常にたくさんの人に読まれていまして、また同じようなテーマの夏.verも読まれておりましたので、今回は秋キャンプ(9月、10月)の時の服装について、初心者の方向けにご紹介していこうと思います!

※服装が如何に重要かの記事はこちら↓

キャンプに行く服装を間違えると色々やばい。キャンプでの服装に関する基礎知識

スポンサーリンク

秋キャンプは朝・晩、結構寒いっす。服装に気をつけて!

IMG_7911

秋といえばオシャレをしたくなる季節ですよね。キャンプ場のキャンパーさんも思い思いのスタイルでオシャレにキャンプを楽しんでいる人たちを見かけます。

秋なのでもちろんそれなりの格好をして寒さ対策をしていこうと思いますが、初心者の方は想像している以上に寒いと思って頂いて問題ないです。

先日の8月末に千葉県でキャンプをした時、朝晩の冷え込みが激しくて人に寄ってはフリース素材のジャケットを着てらっしゃいました。8月末でこれですからね?想像して頂けるとわかると思います。

ウルトラライトダウンがあると便利!

収納時に非常にコンパクトなわりに暖かいウルトラライトダウン系は本当にオススメです。これ1つ持っているか否かで朝・晩の冷え込みに対する備えが全然違ってきます。画像はモンベルの製品にしましたが、ユニクロのウルトラライトダウンの方がオススメです。(安いので)

ただし、ダウン系は焚き火している時には注意しなければいけません!!!火の粉が飛んで来て穴が空いてしまうと本当にへこみます。。。なので、モンベルよりもユニクロを押してるんです。(笑)

大活躍!ブランケットを持って行きましょう!!

20150918-IMG_5515

寒いなーって思った時に身体を覆える程度のブランケットがあると非常に便利です。急激に冷え込んで来たりしますからねー、秋キャンプは。

防寒もできるし、大切なオシャレ着を焚き火の火の粉から守る役目も果たしてくれる優れもの。

購入する際のポイントはコットン生地(焚き火の火の粉で穴が空きにくい)で値段の少し高めな長持ちをするブランケットか、もしくは最初から焚き火で穴が空いてしまうことを前提に、消耗品的な安めのブランケットの2択だと思います。僕個人的には穴が空いてもショックをうけない安めのものをオススメしてますが、あとは好みの問題です。

コールマンのちょい高め(5,000円〜6,000円)のブランケット。コットン生地。オシャレー。

安めのブランケットならどこでも売ってますよね。僕個人的にはこのブランケットでいかにオシャレできるかが「お、こいつちょっと違うな?」って思わせるポイントな気がします。(自分は貰い物の茶色い穴の開いたブランケットを使ってるくせに・・・)

冷え込んできた時に女子に優しくブランケットを差し出す。これこそ、ワイルドでスマートなイケメンキャンパー。よし、目指そう。

あー焚き火を囲みながら秋キャンプしたいなー。

以上、秋キャンプの時の服装についてでしたー。

あなたにも素敵なアウトドアライフを!

◀関連記事※2015/09/16更新▶

9月〜11月の秋キャンプの服装ってどんな感じ?細かく書いてみました。