水道付きサイトを初めて利用してみたら、想像以上に便利でウォータージャグをわざわざ持って行くよりこっちの方がいい気がする。〜初心者のためのキャンプ入門〜

IMG_5025

どーも!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

先日、淡路島でキャンプをした時に初めて水道付きサイトを使ったのですが、想像以上に便利でまた使いたいという話です。

下手にウォータージャグとかを持って行くよりも、数百円増しで利用できるので荷物を減らしたいという方には水道付きサイトのほうがいいかもですね!

スポンサーリンク

まるでコンビニ?!(笑)近くて便利!

キャンプをしている時に結構めんどうなのが、炊事場を何度も往復する行為。野菜を洗いに、お米を洗いに、洗い物をしに、1泊の間に何度も炊事場に行った経験のあるお母さん方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうかね。

じゃぁ、炊事場に近いサイトにすればいいのかって言うとそうでもなくて。炊事場に近いということは人の行き来が激しいということでもありますから。炊事場には近くてもリラックスしてキャンプができなければ本末転倒ですよね。

そんな問題を解決するための商品がウォータージャグ。

<巷で流行中のiglooのウォータージャグ。カワイイですよね。でも5,000円近くしますが)

イグルーのジャグがオシャレで人気があるそうですが、ジャグで5,000円って高い気がするのは僕だけでしょうか。

ちなみにほぼ同じサイズをコールマンで探してみると3,980円でした。

水道付きサイトは500円増し程度で利用できるから、ジャグは持たずに水道付きサイトにした方が便利で荷物を減らせるのでは?

ジャグに5,000円払うんだったら、その分荷物を減らして水道付きサイトにした方が便利で身軽になれるような気がします。

だいたい相場が500円増し〜高いところだと1,000円増しですが、仮に500円だったとするとジャグを購入しない変わりに10回分水道付きサイトでキャンプすることができます。

また、その都度水を汲みにいって重たいジャグを持って返ってくるお父さんの負担を減らすこともできると思いますよ。(笑)

ファミリーキャンパーだと子供の運動会とかでも使うので持っておいて損はないのかもしれませんが、ことキャンプのみで言うならば、ジャグは不要なんじゃないのかなって僕は思います。

山に登ったりする人、ワイルドな場所でキャンプをする人はコンパクトに折り畳めるタイプ

このタイプを使っている人を結構みますが、このタイプで約2.5L。ファミリーキャンプではちょっと足りないですもんね。それにこれはあくまで飲用、調理用に用途が縛られます。

洗い物をこれですることはできませんので、あんまり参考にならないか・・・。

ということで、水道付きサイトがいかに便利かを今更ながらツラツラと語ってみました。

大量の洗い物をサイト内で完結できるってのは思いのほか、お母さん達を喜ばせるんじゃないでしょうかね。これを見て下さってるお父さん。ぜひ、お母さんに優しさを。

洗い場付きのサイトがあるキャンプ場は、、、有野実苑エコキャンプみちのくオートリゾート八雲オーキャン宝島スウィートグラスとかですかね。。。今思いつくのは。



ぜひ、試しに水道付きサイトを利用してみてくださいねー!