台風の時、キャンプは中止すべき?対策と対処方法

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

キャンプの大敵は風です!ということをブログでお伝えしていましたが

風がキャンプの一番の大敵!!キャンプで必ずやらなければならない風対策〜初心者のためのキャンプ入門〜

風&雨のダブルパンチの台風が来た場合はどうしたらいいのかー?ということについて書こうと思います。

スポンサーリンク

基本、中止にした方がいいです。

IMG_5092

風&雨のダブルパンチは本当にしんどいです。風速が10mを超えてきたらテント・タープに影響が出始めます。安物のテントの場合、ポールがしんなり曲がって、最悪の場合は折れることもあります。スノーピークや小川キャンパルのテントなら風速15m〜20m級でも耐えられますが・・・。

自然の脅威を感じる瞬間でもあるのですが、風がテントに横殴りで打ち付けてくるときはちょっとした恐怖感があります。

ちゃんとペグ打ちをして対策しましょうね!

ベテランキャンパーでさえも、風の餌食になる。

谷間にあるキャンプ場で風が非常に強い日でした。シニアベテランキャンパーの方が熟年の技術でロープに、ペグにガッチリと対策をされていましたが、まさかのスクリーンタープのフライシートが破けるという事態に。それくらい風って怖いのです。

オリジナルキャンプブランド

ただし、むやみやたらにキャンセルしないでくださいね。

ここがまた微妙なところで、天気予報が台風だからといってすぐにキャンセルしないでほしいなーって思います。去年はそれでキャンプ場が苦しんでましたので。台風の予報って結構外れることが多いですよね。当日になってみたら全然晴れてたとか。

台風の場合、基本的にはキャンセル料は発生しないキャンプ場がほとんどです。だからといって、むやみやたらにキャンセルして欲しくないなーて思います。難しい判断なんですけどね。

風の影響が少ないキャンプ場も

千葉県の勝浦にあるオートキャンプin勝浦まんぼうはキャンプ場全体が小さな丘に囲まれていて外から吹いてくる風が弱まります。キャンプ場の外が風速15mでもキャンプ場内は全然風が吹いていないなんてこともしばしば。山の中にあるキャンプ場も木々が風を打ち消してくれるので割と風の影響を受けにくい傾向にあります。

一方で海沿いや高原、山の谷間にあるキャンプ場は非常に風が強いです。これに該当するキャンプ場へ向かう際はペグやロープを多めに持っていくなどの対策をしましょう!

対策は・・・

ペグ・ロープを多めに持っていくことと、もし車が自由に動かせるのならば風上に車を置くなどして風を打ち消す方法をとりましょう。フリーサイトのど真ん中にテント張ってたらもろに風の影響を受けちゃいますからね。端っこの方にテントを建てましょう。

以上、キャンプへ行くときに台風だったら中止にした方がいいのかー?ということについて書いてきましたー!

あなたにも素敵なキャンプライフをー!