[レビュー]ドッペルギャンガーのウルトラライトテーブルを組み立ててみた。

どーも!キャンプブロガーさくぽん(@sakumanx)です。

さくぽん

さくぽんキャンプブロガー兼Life FREEKs代表。日焼けにつぐ日焼けでいよいよタイ人。島耕作にハマってます。

僕の大学時代の友人たけしがドッペルギャンガーでキャンプ用品を揃えているということで、このブログでも何度か紹介してます!戦略通り若い人にはウケてると思いますねードッペルギャンガー!

スポンサーリンク

ウルトラライトテーブルは”買い”ではない?

IMG_2732

今回のドッペルギャンガーアイテムはこれです。「ウルトラライトテーブル」超軽いテーブルですね。

簡単に設営方法を紹介します!

IMG_2728

まずは脚となるなるポールを広げます。広げるだけでこの形になります。

IMG_2729

テーブルの天板を支えるポールをセッティング。これも簡単。

IMG_2734

最後に天板となる布を脚にはめ込むのですが、ここが少しめんどくさい。うまい具合に角度を合わせてはめ込まないとうまく入りません。少し入れにくいです。

これで完成です!脚を開く、天板を支えるポールを入れる、天板をはめ込むの3工程なので簡単です。

IMG_2733

下から見るとこんな感じです。耐荷重30kgなのであんまり重いものはのせられません。天板は布ですので、アッツアツの鍋とか置いたら焦げちゃいます。気をつけてくださいね!

このテーブルには、飲み物&ちょっとしたおつまみを2人分のせることができるくらいのイメージです。ソロキャンパーでしたらこれ1つで完結できる大きさです。(たて42.5cm×よこ57.0cmです)

天板を丸めてorたたんで収納することになります。ソロキャンパーには収納サイズが57.0cmになってしまう点が少し苦しい点かもしれません。

どんな人が買うべきか?

今言ったようにソロキャンパーや夫婦2人分のサイドテーブルが欲しいなーって考えている方が買うべき商品だと思います。グループやファミリーキャンプ用のサイドテーブルにもなりえますがね。メインテーブルにはさらないと思います。

もっとコンパクトなテーブルが欲しい場合はWILD-1のテーブルという選択も

似たような形のテーブルでもう少し小さいサイズの物がWILD-1に売ってます。実はこれを買おうか迷ってた時期がありました。

こっちはサイズがたて31cm×よこ39cmなので、少し小ぶりです。ソロキャンパー向けでしょう。同じような物がホームセンターのコーナンにもありました。たしか値段が1,980円くらい。

どれを買ったらいいのかちょっと迷いましたが、結局はサイズとデザインなのかなーって思います。

僕個人的には、この手のテーブルは買わないでスルーしようかと思ってます。

パッと!広げただけでテーブルになる物が欲しい。

ヤマケン所持のソロキャンパー向けテーブル「SOTOのフィールドホッパー」並みにパッと広げるだけで使える軽めのテーブルを探しているのです。

ドッペルギャンガーのいいなーっとは思ったのですが、めんどくさがりな僕は最後の天板をはめ込む工程がイヤで買わないことにしました。

毎日キャンプしてるのでこの工程が面倒になってしまうのです。

っというわけで、ドッペルギャンガーのウルトラライトテーブルのレビュー&勝手に僕の欲しいテーブル紹介でした!w

あなたにも素敵なキャンプライフを!