ついに壊れてしまった・・・ユニフレームのミニバーナーUS-700は使用回数500回以上

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

ついに壊れてしまったあの道具・・・僕らの旅の道具が・・・

スポンサーリンク

ユニフレーム ミニバーナーUS-700

P4151733

ついに壊れてしまいました、ユニフレームのミニバーナー・・・。

旅の当初から僕らを支えてくれたバーナーでした・・・。

ありがとう・・・。

あー、点火スイッチが反応しなくなってしまったね・・・。

使用回数はざっくりで500回はゆうに超えているでしょう・・・。

今までありがとう。5,400円で買えることを考えると最高のコストパフォーマンスだよ!

ま、まだ使えるけどね

P4151732

壊れたのはこの点火スイッチでカチッと反応するはずが、何も反応しなくなりました。

P4151731

しかし、ガス缶をさしてバルブを開ければガスが出てきます。

P4151734

そのため、ガストーチやライター、マッチなどがあれば未だに全然使えます。どこまで使えるんだ、このバーナー!

P4151736

コスパなかなかいいですね!

さっきも書いたように、おそらく使用回数は500回を超えてます。カセットガスが使えるので基本的な調理はこのバーナーでやってました。

仮に500回で壊れたとしても値段が5,400円なので一回あたり10円ちょっと!驚きのコスパ!!

普通に使っている分には火力が弱いなーと感じることはそんなになかったです。

ただ、気温が10度を下回ってくるとガスの気化ができずにとろ火になってしまいます。

そのため、春先(4月下旬)〜シルバーウィーク(9月末)くらいまでしかキャンプをしないという人には持ってこいのシングルバーナーです。

それ以外の寒い時期にキャンプをする場合は冬用のガス缶が使える登山系のバーナーがいいでしょう。(コンパクトにもなるので)

冬用(寒冷地用)のガス缶があるのって知ってましたか?〜僕らの失敗談〜

P4141719

ユニフレームのミニバーナーもプレミアムガスという寒冷地でも使えるガスを使用すれば、冬でも大丈夫ですが、市販のカセットガスが使えるからこれを使うのであって、、、

まぁその辺は好みの問題ですね。

わざわざ冬用にバーナーを買うのはもったいないと思う人は、ミニバーナーを使い続けて寒冷地用のプレミアムガスを購入すればいいと思いますよ!

こちら、コスパ最強のミニバーナーUS-700

寒冷地でも使えるプレミアムガス(1本440円)

以上、旅の道具「ユニフレームのミニバーナーが壊れてしまった(点火スイッチが)」という報告でした!

さすがのユニフレーム、まだまだ使えそう。

コメント

  1. ビッグ より:

    500回‼︎さくぽんの使用頻度は高そうですし、さすがユニフレームさん

    普通の使用感なら、こっちの寿命が尽きそうですね(笑)
    点火スイッチさんもお疲れ様でした

  2. camp-in-japan より:

    すくなく見積もって500回なのでたぶんもっと使ってる気がします(笑)
    さすがのユニフレームですねー。すごいです。
    点火スイッチはお疲れ様と労いますが、本体にはまだまだ動いてもらいます(笑)