【キャンプ初心者向け】キャンプの時の服装ってどんな格好すればいいの?

IMG_0669

こんにちは!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

「キャンプの時ってどんな格好していけばいいのかイマイチわからない・・・」

なんて思っている方向けに、キャンプへ行く服装をご紹介!!!

※服装が如何に重要かについての記事は下記を御覧ください。

キャンプに行く服装を間違えると色々やばい。キャンプでの服装に関する基礎知識
今回はキャンプに行くときの服装について、普段とおなじ感覚で服を選んでしまうとどんなことが起きるのかについて書いてみました。寒かったり虫に刺されたりお気に入りの服がダメになったり、色々やばいんです。

アウトドアウェアが流行している昨今、着ていく服装はそのイメージのままで問題ないですが、気温・気候の問題がありますので、そこを詳しく述べていきます!!

スポンサーリンク

キャンプでの服装。思ったよりも寒いので注意!

キャンプの夜は思ったよりも寒い

キャンプ場は平地に比べて寒いです。特に標高が高いところ、水辺に近いところは寒くなります。

標高は100m高くなると0.6度気温が下がると言われていますので、それなりの服装を準備していきましょう!

春なら秋の服装を

春キャンプも夜は冷え込みます。

3月、4月のキャンプはまだまだ冷え込みます。「春になったし、暖かい格好で!」なんて考えていると朝晩の冷え込みにやられてしまいます。

日中は暖かいので春らしい服装で問題ないですが、朝晩は10度を下回ります。 ですから春であっても秋の服装を、というよりも冬の服装でも問題ないと思います。

暑かったら脱げば対応できますが、寒いのは洋服がなかったら対応できませんので。

夏でも油断せず

夏キャンプでも長袖はあったほうが良い

夏といえども朝は冷え込むところもあります。夏だからといって半袖、半ズボンだけで行くのではなく、最低でも1枚は長袖のシャツなどを持っていくようにしましょう。

また、キャンプ場は大自然の中ですから、もちろん虫がいます。 後ほど別記事で虫については詳細のレポートをしますが、半袖半ズボンだと虫に噛まれてしまう危険性とケガをする可能性が高くなります。 ですから、なるべく肌の露出を抑える形が無難です。

なんて堅苦しく書きましたが、自己責任なので楽しめればなんでもいいです。

ただ、あんまりにも準備不足だと風邪を引いてしまって、せっかくのキャンプが台無しに・・・ってことが無いように最低限の準備をしていきましょう!

秋冬の服装はヒートテックとフリースは必須!

秋冬は本当に暖かい格好でキャンプに行きましょう。

最期に秋冬のキャンプについてですが、秋冬こそ油断してはいけません。

標高が高いキャンプ場では夜に10℃を下回る気温の場合が多いです。

最低限ヒートテックとフリースは準備しておきましょう。冬はそれに中綿パーカーやダウンジャケット、マウンテンパーカーなどを重ね着します。

夏と違い、寒いのは我慢できないので、秋も本気の冬の格好していきましょう。

個人的には冬キャンプが好きなので、春・秋の冷え込みには幾分慣れてきました。 初心者からいきなり冬キャンプはオススメしませんが、キャンプにハマればハマるほど冬キャンプの魅力がわかるようになります!!

あなたにも素敵なアウトドアライフを!