DAYキャンプとは?〜初心者のためのキャンプ入門〜

IMG_3992
さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

キャンプといえばBBQ!!

今回はDAYキャンプとは何かについてお話します。

DAYキャンプとは?

DAYキャンプとは、簡単に言えばキャンプ場で行う日帰りのBBQのことです。

用品を必要としないコースや食材のみ持参のコース、全ての持ち物が持参のコースなど、その内容はキャンプ場によって様々です。

言葉の意味合いから考えれば、日帰りでキャンプを楽しむのがDAYキャンプです。

仲間とのBBQも楽しみ方のひとつですが、他にも自然の中でゆったり過ごしたりする、自然の中にいることを楽しむ事もキャンプの楽しみ方です。

したがって、個人的には現在のDAYキャンプは日帰りのBBQという認識ですが、それはDAYキャンプの一側面だと思います。

DAYキャンプとオートキャンプは別物??

DAYキャンプは、宿泊を伴うキャンプに比べて圧倒的に荷物が減ることがメリットの一つでもあります。

僕、個人の意見としてはDAYキャンプとオートキャンプは全くの別物です。なぜならば明らかに目的が違うからです。

DAYキャンプの場合、ご飯を食べる事を目的としているだけでなく家族や友人と皆で楽しみながら食事をする事を目的としています。

もちろん、それを自然の中でできればなお良いという考えがあるのでキャンプ場で行うわけですが、僕のイメージとしてはビアガーデンに近いものがあります。

一方宿泊を伴うキャンプの場合、家族や友人と楽しむ事はもちろんのこと「その上で何をするか」というところに目的があります。

  • BBQをして一つ屋根の下でみんなで寝る。
  • 家族風呂にみんなで入って普段味わえない家族の絆を感じる。
  • なんにもしないで、ただ1日を子供達とキャンプ場の中で過ごす。

宿泊を伴うキャンプは、選択肢の幅が広がります

その一方で上でも述べたように「手軽に自然を感じながらみんなで食事を楽しめる」というメリットがありますので、DAYキャンプはキャンプに興味のない方がキャンプ場へ向かう足がかりになるという点もありますね!

DAYキャンプはやっぱりキャンプじゃないのかもしれない

キャンパーの中には下記のように思っている方が居ると思います。

一般的にDAYキャンプをされる方々で、マナーがとても良くない方々が一定数いる。それも少なくない数。ゴミは大量に出すし、大騒ぎばかりして他人に迷惑をかける。

実際にこれまで多くのキャンプ場で働かせてもらいましたが、ある程度は同じように思います。

反対に、DAYキャンプをやっている人たちは概ねキャンプの一部をやっているという感覚がない人が多いと思います。

DAYキャンプに来ているけど、「自然の中を楽しみながらBBQなどを楽しむ」というのではなく、ただ単純にBBQを家族や友人と楽しむために来ている。そこに「なるべくゴミを出さないようにしよう」だとか、そういった考えはあまり存在していない様に感じます。

最初に話したように、本来のDAYキャンプと実際のDAYキャンプは違うのかもしれません。

私見:DAYキャンプとキャンプは別個のものとして考えて欲しい

ただ、決してDAYキャンプの方々を否定したいわけではありません。単純に、キャンプをする人達が思うDAYキャンプと実際に多くの方が行うDAYキャンプには乖離があるんじゃないかという話です。

つまりは「DAYキャンプとキャンプは別個のものとして考えて欲しい」という提案です。

変にDAY”キャンプ”なんてキャンプが付くから、キャンプを楽しむ人達はDAYキャンプを楽しむ人達の行動に目くじらを立てる事になります。

でも実際は、キャンプをする人達が思うDAYキャンプ=自然の中でルールを守って楽しむ、というものではなく、DAYキャンプ=外で賑やかにBBQを楽しむという、意味合いになっている。

だから、単にこれはDAYキャンプを楽しむ人とキャンプを楽しむ人の間で認識に違いが出ているだけです。

勿論ルールや環境を守ることは大前提だと思いますが、そう考えることで、DAYキャンプとキャンプの住み分けが出来て、いざこざやお互いの悪感情が生まれにくくなるのかなと思います。

論点がずれてしまったかもしれませんが、DAYキャンプの本来的な意味合いと、実際的な意味合いを紹介しました。

少しDAYキャンプを楽しまれる方に対して否定的な論調になってしまいました。もちろん何にせよ、キャンプを楽しむ人の中にもマナーが悪い方は一定数います。

何にせよ、キャンプを楽しむ人もDAYキャンプを楽しむ人もキャンプ場だけでなく、その場その場の場所を借りて行うわけですから、ルールがあればルールを。ルールが無くても常識を守る意識が重要です。

同じキャンプ場を利用する一キャンパーとして、DAYキャンプを利用する方にはキャンプ場がどういう所なのかを今一度ご理解をいただいて、賑やかに騒ぐだけではなく、節度ある行動をしてほしいと思います。

DAYキャンプを楽しむあなたにも素敵なアウトドアライフを!!