【BBQレシピ】野菜本来の味をそのまま活かして!キャンプやBBQで野菜を美味しく食べる方法

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

「キャンプといえばBBQ!でも肉だけじゃ物足りないよねー。」

そんなあなたにキャンプにおける美味しい野菜の食べ方をレクチャー致します!

スポンサーリンク

BBQに大事なのは実は野菜

BBQといえば、肉!!とにかく肉を焼いて、豪快に食べれば最高!!

と思うかも知れませんが、実はそれだけではBBQは完成されません。

普段のBBQでは一応たくさん持ってくるけど、結局食べなかったりで大量に余る野菜が実は重要です。

その影の主役野菜を美味しく食べる方法をお教えします!

包丁は入れずに、串打ちとアルミホイルで

野菜は切らずにそのまま串打ちします

BBQで野菜といえば鉄板での焼き野菜が一番イメージしやすいと思います。焼き野菜の場合ほとんどがカットされた状態で出てきますよね?

本当にモテる楽しいBBQでは野菜は基本的には丸ごと使います

なぜかと言いますと、野菜に切れ口を入れてしまうと野菜本来の水分が炭火によってあっという間に奪われてしまって、それと同時に旨味もなくなってしまうんです。

つまり、切り口から水分と旨味が逃げて行ってしまうんですね。

逆に言えば、切らずにまるごと焼くと、旨味と水分が中に閉じ込められジューシーな美味しさを楽しめるのです。

BBQオススメレシピ1:ピーマン

子供は食べないし、大人もあんまりBBQで食べないピーマンですが、こいつがBBQで1番うまい野菜です。

焼き方はへたも取らないでまるごと串打ちして、表面にオリーブオイルを薄く垂らします。その上に塩をかけて焼きます。こうすること、ピーマンの水分がしっかり中に残り、野菜とは思えないジューシーさを楽しめます。

ちなみに、こうやって焼くと普通よりも苦味がマイルドになるような気がしますので、苦手な人は是非お試しください。

BBQオススメレシピ2:玉ねぎ・じゃがいも

玉ねぎもスライスをせず、まるごと使います。皮がついたままの玉ねぎに、少しのオリーブオイルと塩を入れて、2重3重にしたアルミホイルで包み、炭火の中にいれます

炭火のお気具合にもよりますが、20分〜30分すると芯までしっかり火の通った柔らかい玉ねぎが出来上がります。

じゃがいもも同様です。ホクホクのじゃがいも

皮を向いて、ナイフで十字に切り口を作り、中にバター一欠と醤油を垂らせば・・・・肉よりもうまいかもしれません。

じゃがいもにはバターと塩辛なんて組み合わせもいいですよね。

BBQオススメレシピ3:きのこ類

しいたけ、エリンギ、しめじ、えのき、舞茸・・・・これらのきのこもホイル焼きがおすすめです。

しいたけは軸も落とさず、軸が上になるよう。エリンギはそのまま。しめじ、えのき、舞茸は大きめにばらして、一緒のアルミホイルに包みます。

お肉を焼いている隣で遠火でジックリ入れていくと、水分がしっかり残ったとっても美味しいキノコ料理のできあがりです。

BBQオススメレシピ4:ナス

ナスもまた、アルミホイルで美味しく仕上げます。

まぁ、やることは一緒で、薄くオリーブオイルを垂らしかけてまるごと2重3重にしたアルミホイルに包むだけ。

玉ねぎ、じゃがいもと同様に炭火の中にいれて30分程待つと、ナスってこんなにジューシーなの?ってくらいにみずみずしくて旨味が凝縮された焼き茄子を食べられます。

生姜醤油で食べたいところです。

生野菜サラダが意外といいアクセントに!

サラダを作っておくと、焼き上がるまでの繋ぎ、箸休めになります。

BBQの時って味付けは基本的に塩とブラックペッパーや焼き肉のタレですよね。

確かに美味しい味付けなんですが、ずっとこればかり食べていると正直飽きてきてしまいます。

また、お肉ばかりだと油っこくてお子さんや女性の方には辛いかも知れません。

そこで活躍するのがサラダです。

野菜の食感とドレッシングのさっぱり感が、肉ばかりのBBQに良いアクセントになります。

また、肉が焼き上がるまでの繋ぎにもなりますので、実は万能なんです。

BBQオススメレシピ5:サラダ

レタス、トマト、タマネギを適当な大きさに切って、フレンチ系のドレッシングをかけておくだけで問題なしですね。

ポイントは、玉ねぎをスライスして加えること。生玉ねぎが苦手な人だったら無くていいですが、玉ねぎの食感と香りが、1番良いアクセントになります。

また、ドレッシングがなければ、オリーブオイルとハーブソルト、レモン汁をかけて混ぜ合わせるだけでも十分美味しいドレッシングになります。是非お試しください。

その土地の地場の野菜は美味い。

その土地の地場野菜は普段食べる野菜の数倍うまい

大都市近郊じゃなくても、最近は大手スーパーに売っている安い野菜を日常的に食べていますよね。もちろん旬の物がスーパーにも並ぶんですが、その土地の地場の旬な野菜には敵いません。

その土地の土壌や気候にあった美味しい野菜を、地元の農協や直売所で購入して、それをBBQで使う。間違いなく美味いです。複雑な事をしなくても野菜本来の味がぜんぜん違います。シンプルに焼くだけで美味しいので、実はBBQとの相性もバッチリなんです。

BBQオススメレシピ6:アスパラガスのオリーブオイル焼き

福島県美里町のアスパラガスは太いのに柔らかい絶品の野菜。

アスパラを10分ほどオリーブオイルに漬け込んで置きます。

たったこれだけでアスパラガスの旨味と水分がこれでもかというくらい溢れ出てきます。

上の写真ではフライパンを使っていますが、ホイル焼きでも網の上で焼いても美味いです。

本当に簡単なので、是非お試しあれ。味付けは塩でシンプルに。

以上、キャンプでの野菜の美味しい食べ方でした!

肉がメインのBBQですが、野菜も食べ方次第では肉に負けない位美味しくなります。

前回書いた、BBQでモテるためには知っておけ!BBQの必需品「炭」の効果って知ってますか?と合わせて実践すれば、よりBBQモテ男になれます。

ちなみに子供や嫁さんにもモテますし、男の友人にもモテます。ついでにいうと女子がこれをやっていたら男子にモテます。

あなたにも素敵なアウトドアライフを!