【キャンプの失敗談】ガソリンバーナーの使い方を誤ると芝を焦がす

どもども、ヤマケンです。

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%83%b3
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ:アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
2017年の抱負はAllways be positive, Getting back the widerness.
安定した将来なんていらない。夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

先日ガルボ会が開かれまして、久しぶりのキャンプをしてきました。

が、久しぶりの失敗をやらかしましたので、シェアします。

スポンサーリンク

ヤマケン、芝を焦がす

キャンプサイトの芝の表面を焦がしてしまいました。

同じキャンプ場スタッフとして割とマジで1番のやらかしで、キャンプ場の方、本当に申し訳ありません。

では今回の原因と対策について。

原因①:地面の上での調理

まず、原因の1つとしては、地面での調理があります。

バーナー五徳足つきだったので、地面への熱の影響は大したことが無いと思ってやったのが失敗でした。

ついでに言うと、時期が時期だけに芝も乾燥していて、何かあればすぐに延焼する可能性もありました。

今回はすぐに気付いて消せたのが不幸中の幸いでしたが、周囲に燃えるものやテントがあったら一瞬で火事になってました。

オリジナルキャンプブランド

原因②:ガソリンバーナーのポンピング不足

もうひとつの原因はガソリンバーナーのポンピング不足です。

ガソリンバーナーはガス式のバーナーと違い、ポンピングと言って、燃料タンク内に圧力をかけてあげることで使用できます。

十分なポンピングが出来ていると、炎が蒼く安定しますが、不十分だと赤い炎が燃え上がります。特に、燃料が少なくなってくると、圧力を強めにかけないといけませんが、どうやらそれが足りなかったようです。

ポンピング不足→赤い炎が荒ぶる→芝に燃え移る

といった結果になった次第です。

対策:100均のバットかバーナーシートを使った上で、テーブルの上で調理

よって、今回の失敗談から言えるのは

  • 必ずテーブル上で調理
  • 100均の金属製のバットやアルミ圧着のバーナーシートを使用する
  • ガソリンバーナーのポンピングにちゃんと注意する

という対策です。

テーブル上で調理というのは割と当たり前ですが、ソロキャンプやツーリングキャンプなどだと積載量の問題で大きいテーブルを持っていけないこともあると思います。そういう場合は、路面が砂とか土とか、延焼の可能性の無い場所で行いましょう。

テーブルの上でも、何かしらあるかも・・・と考えると、100均で売っている様な金属製のバットやユニフレーム等から出ているアルミ圧着のバーナーシートの上で使用することでテーブル上での事故の可能性を減らすことが出来るでしょう。

また、ガソリン器具を使う際に、こまめにポンピングをして圧力を調整してあげるのが肝要かと思います。キャンプ道具って実は怖いんだなというのを改めて実感した経験です。

やたらとキャンプをやり続けて経験値は高い自信があったのですが、そういう慢心がこういう自体を招くんですね。

みなさんも安全に注意してキャンプをお楽しみください!!

キャンプ場の方、本当に申し訳ありません。

さくぽん
ガチで焦げたな!乾燥してる時は特に気をつけないとね。周りの落ち葉とかも火が移らないように気をつけてくださいね!
ヤマケン
マジやっちまったよ。

更に危ないのは、延焼した火がフューエルボトルを加熱してしまうことかなと。下手したら爆発するわ。

コメント

  1. drydog より:

    後は延焼防止に水バケツを付近において置くのも重要でしょうか
    火元に水は爆発を招きますが、燃え広がり始めてる芝の火を消すには有効ですよね

  2. camp-in-japan より:

    DD選手

    そうですねー。
    そう頻繁に起こることでもないからと油断してましたが、水を近くに置いておく方が良いと思いました。
    今回はガソリン器具でしたが、普通に焚き火だ炭火だーでも起こり得る話しですね。