さくぽんのニュージーランド南島キャンプ旅日記1日目〜2日目

さくぽん旅日記

ども、さくぽんです。

さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はニュージーランド。新たな一歩の始まりにウキウキ。

ついに!南島に渡りましたー!北島と南島に分かれているニュージーランドですが、南島の方が自然がキレイといいます。すでに北島でも相当キレイだったのでワクワクです。

さて、今回からはちょっとやり方を変えていこうと思います。というのも、断片的にキャンプ場の写真と登山の様子とかをあげていってもなんかこうあんまり面白くないなーと思いました。

ので、よくみる海外旅ブログみたいな、日々の生活をさらけだすスタイルでいきたいと思います。

キャンプに関係ないこともたくさん出てきますが、意外とみなさんニュージーランドの普通の生活(調味料とか食事とか)に興味があるみたいなので、その辺も紹介していきますね!

スポンサーリンク

フェリーで南島へ!

さくぽん旅日記1

北島から南島へ!フェリーを利用して渡ります。片道、車(140ドル)+ドライバー(50ドル)で約190ドル(18,000円くらい)です。早めに予約したり、時期によっては20ドルくらい安かったりします。

ボクが今回利用したのはbluebrigheです。もう一社ありますが、まぁあんまり変わんないですね(前回はそちらを利用した)。

さくぽん旅日記4

船内はレストランがあったり、コジャレた感じです。一応フリーWi-Fiがあるんですけど、みんなで使うのですげー遅いです。

ヤマケン
日本のフェリーと雰囲気が違うな。普通に陸上のカフェみたいな。

フリーWi-Fi充実してるけど、そんなガッツリ使えるわけじゃないのな。

さくぽん旅日記3

っで、ついに南島に到着!ピクトンという小さな街に着きます。

到着時間がすでに夕方の5時半だったので、すぐにキャンプ場へと向かいます。ここから1時間ちょっと。

ここが本日のキャンプ場。

さくぽん旅日記2

かなりヘビーな悪路を進んでいきますが、こういう道は結構みかけます。とくにキャンプ場へと行く道や森の中に進んでいくときなんかはそうですね。この辺も含めてニュージーランドは北海道に似てます。

ヤマケン
必要以上に手をかけないんだろうか。自然と共生。

さくぽん旅日記5

そして、こちらが本日のキャンプサイト。

隣にいたノースフェイスのテントが超かっこよかったです。このあたりはクイーンズトラックというトラック(トレッキングコース)が世界的にも有名で、キャンプ場にはトラッカーがたくさんいました。

ヤマケン
もし日本で輸入品買うより安いなら、帰りしなに買ってきて欲しい。

本日の夕食!

さくぽん旅日記6

いやー、ぶっちゃけ見せられるようなもの食べてないんですけどね。

みんなニュージーランドのキャンプ飯が気になるかもしれないのですが、ぶっちゃけキャンプ飯っていうのはないですね。

みんな普通にパスタ食ったり、蒸したジャガイモとビーフをナイフとフォークを使って食べてます。わかりやすくいうと「つばめグリル」みたいな感じです。

ダッチオーブンは1回も見てません。

話が横道にそれましたが、ボクの今晩のご飯はコメです!コメ!オーストラリア産!

さくぽん旅日記7 さくぽん旅日記8

クッカーでも普通にコメが炊けるようになったので、腹が減りまくった時はひたすらにコメを炊いて食ってます。

ヤマケン
日本一周の時と一緒や!!笑

さくぽん旅日記10 さくぽん旅日記9

謎にスーパーで見つけたサバのトマト煮という缶詰と長ネギ、ニンニク炒めて食します。

さくぽん旅日記12 さくぽん旅日記11

カウントダウンというニュージーランドのチェーン店のスーパーで見つけた味噌汁とともにね!!

この味噌汁がボクのMPを回復させてくれるのです。外袋は英語表記ですが、小分けになったパックは完全に日本語なので、日本で作ったものを持ってきてる感じです。なので、味が一緒。最高です。

ヤマケン
完全にマルコメ料亭の味

さくぽん旅日記13

あとはこういう生野菜が売っているので、塩振ってくってますね。ニュージーランドは野菜が美味しいし、ボクは農耕民族で生で食べても全然平気な人なのでバリバリ食べてます。

オーストラリア産のお米は、、、まぁ日本のお米と比べるとちょっと味が違うかなーって感じる程度で普通に食べれます。あとサバのトマト煮はあんまり美味しくなかったです。

ヤマケン
野菜が美味いかどうかは我々には死活問題だったりするからな。

こちらも千葉の美味い葉っぱばかり食ってます。ほうれん草うまし。

翌朝は・・・

さくぽん旅日記14

すこし雲がかかっているものの晴れてます。っが、少し風があります。キャンプ場でカヤックのレンタルがあったので借りようかなーと思ってたのですが、どうも微妙な感じなので辞めました。

朝ごはんはこんな感じです。

ヤマケン
ほんと、大体どのキャンプ場でもこういうのがあるんだな、ニュージー。すげぇ。

さくぽん旅日記17

パンにハムと炒めた卵、野菜を挟んで食べます。後はオレンジ(ニュージーランドではマンダリンと呼びます)をサクッと。まぁこんなもんですね。皆もそんな感じです。

さくぽん旅日記16 さくぽん旅日記15

さくぽん旅日記27

こういう時に便利だなーと思うのは、キャンプ場にトースターが設置してあっていつでも焼いたパンが食べれること、ボイルされたお湯がすぐに出てくる給湯器もあるのでコーヒーもすぐに飲めることです。

これはいかにもニュージーランドらしい感じ。

ヤマケン
日本で見たら超高規格だな。

ネルソンへ!

本日はネルソンという街に向かいます。

さくぽん旅日記18

道中の景色はこんな感じです。ひたすら田舎を突き進んでいきます。

ニュージーランドは一般道でも最高速度が100kmです。もちろんスピード制限があるところはそれに従いますが、みんなバンバン飛ばしてますね。

さくぽん旅日記19

そしてネルソンという街に到着。南島を西廻りで旅をする時はたぶん通ると思います。ここに来た理由は明日以降にいくエイベル・タスマン国立公園というこれまたトランピングの聖地に行くためです。シーカヤックも世界的に有名らしいので、やってきます。

ヤマケン
この完全に区画された都市開発と、周囲の風景よ。おもろいな、ニュージーの町。

さくぽん旅日記20

そして!!いきなりビールの写真!!!(笑)

ヤマケン
・・・・(いいなぁ)

さくぽん旅日記28

ここネルソンには150年以上も前から続くビールの醸造所があるみたいなので行ってきました。

全体的によなよなエールっぽい、麦の香りが強めのビールでした。「ファウンダース・パーク」というところにあります。ビール好きな方はぜひ!

街の中心地から歩いて30分ほど。ファウンダース・パークにも駐車場はありますが、日本同様に飲酒運転はNGですので、街に停めて行くしかないですね。

さくぽん旅日記20

その後はニュージーランドの中心点に行ったり

さくぽん旅日記21

それとなく街をフラフラしてました。この日は日曜日で、ニュージーランドではあんまりお店がやってないんです。夕方になると本当に人が全然いないです。

さくぽん旅日記23

ニュージーランド人が日曜日に休むので、外国からきた移民にとっては稼ぎ時。タイ料理レストランでスパイシー炒めを食べましたとさ!19ドル!たけー!

っと思ったら、日曜日なので料金が上乗せされてました・・・忘れてたぜよ。。。ニュージーランド特有のルールです。たしか25%?だか料金があがるんです。

そんな感じの1〜2日目でした。

ヤマケン
休日上がりすぎやんけ!!水曜どうでしょうのヨーロッパ編で見たけど、海外ってマジで日曜日はお店やってないんだな。

さくぽん旅日記23

お酒を飲んでしまったので市内の駐車場にて車中泊。ここは車中泊スポットなので、10台以上泊まってましたね。中央のシルバーがボクのです。

日曜日はフリーパーキング。無料です。

ヤマケン
え。結構みんな普通の車やん。

さく26 さくぽん旅日記24

ちなみにこの駐車場、シャワーが2ドルで利用できる駐車場です(夕方4:30までですが)。たしか北島のタウポにもこういう場所がありました。

キャンピングカーで車中泊しながら旅をすることが当たり前のニュージーランドらしい施設ですね。

いきなり2日目にしてキャンプ場泊ではないし、街歩きに関する旅日記でしたがニュージーランドの旅行が少しでもイメージしてもらえたら嬉しいです!

それでは!明日からはいよいよエイベル・タスマン国立公園に行きますー!

費用(1NZ$85円換算)

フェリー代 190ドル(16,150円)

1泊目キャンプ場 16ドル

ハム 3ドル

野菜 4ドル

ビール飲み比べ 12ドル

タイレストラン 19ドル

ガソリン補給 40ドル分(1L 2ドル9セント)

合計 284ドル(日本円で24,140円)

さくぽん
結構高く見えるけど、ニュージーランドではこれくらいは最低でもかかります。
ヤマケン
円高だからまだ良いけど、円安だと地味にキツイな。

とにかくおもろいレポートや!!余裕があれば引き続きよろしく!!