【キャンプの雑談】キャンプはそのものが一大イベント!子供はいるだけで楽しめるから安心してくれ!!

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

なにごとも自分がどうしたいかと、どうしていくかなわけで、未だにその辺りから逃げてしまいがち。日々鍛錬ですなぁ。

さて、今回はキャンプの楽しさ、と言うか子連れキャンプの不安というかその辺のお話を。

スポンサーリンク

子供が楽しめる分からないからイベントがないと不安・・・

先日、お客さんとこんな話をしました。

有野実苑は、色んなイベントをやっていてありがたいです。
キャンプに来て、イベントが無いと子供が退屈だと思うから、イベントをやってるキャンプ場によく行きます。
キャンプ場選びって難しいですね。

ということで、僕のいる有野実苑では週末に色々イベントを行っています。

そもそも、収穫体験が出来るということがうちの強みの1つなんですが、それ以外にも細々としたクラフト体験を準備していたりします。結構皆で一生懸命何をどうするか決めてやってるので、こうやって言って頂けると頑張ってる意味があるなと思い、全く有り難いことである。

が、今回はそれとは違う視点でお話をします。

キャンプに来る子供の本音は?

僕、キャンプ場に来る子供には手当たり次第に声をかけていくスタイルです。

なんかいかがわしい言い方だな、我ながら。

まぁそんなのはどうでも良いんですが、結構子供と話をしてて思うことはキャンプそのものを凄く楽しんでるなということ。

キャンプ楽しい?って質問すると、超笑顔で楽しい!って答えてくれるんですよねー。

もちろんイベント、というかクラフトが楽しかった!っていうのもあるけど、よくよく聞いてると自分で焚き火を熾したんよ−とかテント立てるの手伝った!とかパパのご飯が美味しかったとかママとお昼寝したとか、もうキャンプそのものを楽しんでるなぁと思うのである。

そこで思ったのが、クラフトやイベントはキャンプの一要素でしかなくて、あるならあるで、ないならないで、子供は楽しめるんだなと言うことです。

オリジナルキャンプブランド

イベントがなくたって子供は勝手に楽しめるから心配しないで!!

これまでも色々な記事で書いているけど、キャンプってそれ自体が凄く楽しいです。

これは大人だけじゃなく、子供にも当てはまると思ってます。

というかむしろ子供のほうがキャンプそのものを楽しめるんではないかと思ってます。

キャンプの1番の魅力って非日常感にあると思うわけですが、子供からしたら家以外で寝る事実がそもそもワクワクすると思うんですよ。

大人と違って、子供の世界ってそんなに広くないわけで、ワクワクしないわけがない。

実際、自分が子供の頃を思い出すと、林間学校みたいなのが好き過ぎた思い出があります。家族で旅館とかでもめちゃくちゃテンション上がったなぁ。風呂入って飯食って家族で寝るだけだったけど。

まして、キャンプになれば外で寝るだけで楽しいし、外で御飯作って食べるだけで楽しいし、知らない場所で身体を使って遊ぶだけで楽しいし、知らない子と仲良くなるだけで楽しいです。

だからもうね、心配しなくていいと思うのよ。キャンプで子供が楽しめるかどうかは。大丈夫放っておいても楽しいから。

強いて言えば、大事なのは親が楽しむ姿を見せること

で、1点だけ大事なことがあるとすれば、親が楽しむ姿を見せることだと思います。

たまに場内で車を擦ったり、道具を忘れちゃったりして、喧嘩をしてる親御さんがいます。いや、喧嘩は全然しょうがないと思うし、別に良いとは思うんです。にんげんだもの。

ただ、稀に手打ちをせず、結局翌日チェックアウトまでずーっと喧嘩してる方がいらっしゃったりします。disるわけでじゃなくて、これ単純にもったいないなって、凄く思うのです。

以前一度だけ見た例だと、両親がずーっと喧嘩してて、お子さんが2人を気遣うように一緒にいて、たまに2人が会話を出来る様に話題を振ってました。多分小学1から3年生だと思います。

でも、ずーっと笑顔が無くて、夜は流石にわかりませんが、結局チェックアウトまでお互いにムスッとしてました・・・

本当だったら子供もパパママと一杯遊びたかったんだろうなと勝手に想像するわけですが、なんかこう、その辺りも含めて親が楽しんでる姿を見せることって凄く大事なんだなぁと思った次第です。

ネガティブな話になっちゃったけど、別の例を挙げると、親がこれやろうあれやろうを楽しそうにやってると、一緒になって子供やります。というか真似をしたくてたまらないみたいです。

で、褒めて上げれば凄く笑顔になるし、アドバイスしてあげれば一生懸命がんばります。

なので、親が仲良くしたり楽しんでやってる姿を見せると、お子さんも一緒に笑顔になっていくことが多いのかなぁと思います。


以上、イベントやクラフト体験などが無くても子供は楽しそうに遊ぶからあんまり気にしなくていいんじゃね?という内容でした。

まぁ子供いないし、嫁もいない僕が言うのもなんですが、楽しさとかも含めて雰囲気を子供って結構察するので、雰囲気作りをやってあげると尚良しなのかなぁという感じです。

というわけで、あんまり気にしないで行ってみたいキャンプ場に行くと良いとおもいました!!

さくぽん
子供って親が思ってる以上に勝手に遊ぶよね?知らぬ間に友達作ってたりするし。

コメント

  1. じょに より:

    ヤマケン氏、ごもっとも!!
    子供って遊びの天才だからね!ほっといても遊んだり友達つくったりしてるでしょ‼
    自分らもガキの頃はそうだった気がする(笑)
    ま、キャンプしてるなら大人も子供も思いっきり楽しまないとだな!!!

  2. なーお より:

    日常はモノが溢れてるから、
    キャンプの時はそこにある物で、
    何か考えて遊んでほしいと思ってます。
    そして見事に遊びますねwww
    だから、ほんとに気にしなくていいんじゃね?って感じ。

    あと、少しずれますが、
    親としてまわりに挨拶する事って大事だなと改めて感じました。
    夫婦、子、ともに自分からコミュニケーションとるのが苦手なんだけど、
    今回お隣さんと近接してしまったので設営時に“お隣なんで、よろしくです”程度に挨拶したら、そのうちお隣のお子さんが遊びに来てくれました。仲良く遊んでました。
    こういうの大事だなーって思った週末でした。

  3. ヤマケン より:

    じょに氏

    そうそう。子供もないならないなりに色々遊びまわるし、友達もすぐに作りますからね。
    普段人見知りでもキャンプだとすぐに友達を作る子もいるし、人見知りな子を誘って一緒に遊ぼうとする子も沢山いるし。
    だから多分大丈夫なんだよ!

  4. ヤマケン より:

    なーお

    石ころ拾って1時間遊ぶ子とかも平気でいるもの。
    子供にしたらなんでも宝石になるんだと思った。
    そういうファミリーキャンパーの実際の話、かなり重要よ。

    おお。
    そういうのは凄く良い話だね。
    実際それで友達になるご家族とか普通にいるから面白いよね。
    何があるかわからないから積極的にいこうぜ!笑