【レビュー】ソロタープにもってこい。snowpeak ライトタープペンタシールド

どうもこんにちは。大学生キャンパーのあるこです。

寒い季節のキャンプにびびりながらどうにかして行きたいと考え中のあるこです。

今回は僕が愛用しているソロ用のタープsnowpeak/ライトタープペンタシールド(名前が長い、、以下ペンタ)をレビューしていきます。

さくぽん
あるこ君の記事投稿熱が熱い!!リアルな大学生目線でありがたや!
ヤマケン
この熱量いいですねー!!楽しみです。
スポンサーリンク

【レビュー】ライトタープペンタシールド

snowpeakのソロ用タープってマウンテンシリーズ除けばこれしかないですね。

snowpeak×ソロキャンプっていう少し変わったコンセプトが気に入って買いました。

PaagoWorksのニンジャタープやmontbellのミニタープなんかと迷いましたが、忍者タープは少し値が張るのでデザイン重視でペンタに決定。

さくぽん
もともとは山用の道具から始まったんだけど、今や大きいテントやタープで、がっつりオートキャンプってイメージですよね。若い人からしたら。
ヤマケン
そうそう。ヘッドクオーターズでオフィス見学させて頂いた時に知ったけど、もともと山道具を作ってたんですよね、スノピ。

性能やいかに、、

このタープの特徴は変形五角形で、ポール一本で自立するように設計されています。推奨ポール長さは150cmということで、それ以外の角はペグダウン。

五角形と言ってもロープを通す箇所は6つあります。大きさとしてはムササビウイングより一回り小さいサイズになります。加えて後方をペグダウンする場合はデッドスペースが結構生まれるのでさらに小さく感じます。

が、しかし、コンパクトなぶん荷物が少なくて済みます。重さはなんと790g!(幕のみ)収納サイズはコロコロコミック一冊くらいです。

ポールは別で購入しなければいけないのですが、snowpeakのペンタ専用ポール(150cm)でも2,900円となかなか安い。

タープ自体は12000円ほどですが僕はスポーツオーソリティのセールで9,000円でゲットできてしまいました。snowpeak製品にしては結構安く感じます。

さくぽん
そうそう、ヤマケンも持ってますが、スノーピークのソロ用のポールはわりと安いっす。オーソリティーのセールはスノーピーク商品を安く買う方法の1つ。

他のオプションとしてはペンタイーズ(14,500円)というタープの下に蚊帳を取り付けてそこで寝ることができるものや、ペンタイーズ用のグランドシート(3,600円)もあります。

全部揃えると、、結構しますね。日中はタープとして使って寝るときだけ蚊帳を取り付けるというスタイルならかなり荷物を減らせるのではと思います。

僕は夏の暑いときなんかはこのタープの下にMSR のエリクサー2をインナーだけで入れて寝たりしてます。

さくぽん
ガルボの夏のスタイルに似てるな。

また、写真見てもらうとわかると思いますが謎の輝きを放っています。実はこれ謎のシールド加工という技術のおかげでコットン並みに濃い日陰ができます。

木陰で涼む感じに近いです。この重量で濃い日陰を作れるあたりがsnowpeakらしいです。夏は涼しくて快適です。

さくぽん
へー!それはいい!知らんかった

ちなみに幕自体が3m×4m程なので小さなペグで大丈夫です。

大きなタープは風で煽られるとそのぶん大きな力がロープやポールにかかるため頑丈なポールと長いペグが必要なのですが、このタープは300g程のポールと短めのペグで事足ります。このことは経済的にも荷物的にも助かりますね。

僕は18cmのコールマンのジュラルミンY字ペグを使用してますが一度も抜けたことはないです。

Y字のジュラルミンってこういうやつですね。

そしてこのペグも6本で1000円程で、ちょうど6本使うペンタととてもマッチしてます。色が濃い赤なのもペンタの縁の赤色と合います。この低めのタープの下でコットで寝たりしたら最高に気持ちいいです。

オリジナルキャンプブランド

アレンジ自在

変形五角形ということでアレンジが結構できます。

僕はタープはこれしか持ってないので、2人でキャンプに行くときなんかは2人入れるように一般的なヘキサタープと同様の張り方をしたりします。

ポールはアメニティドームで前室をはねあげるために使ってたアップライトポールです。もともと2本セットで売っているものでそれを再利用。長さは150cmでちょうどいいサイズです。2本で500gほどなのでバックパックにも良いです。

と、少し変わったタープですがソロキャンプではポール1本、2人で行くときはポール2本と使い分けることもでき万能です。アメニティドームと連結するのも手ではありますが、正直幕自体が小さいので前室を跳ねあげるのとあまり変わりません。が、、

ここまで広げると前室を広く使えます。

テントの後ろは前室跳ね上げ用の150cmポールです。前側の赤いポールはテンマクデザインのdurastickというポールで180cmにしてあります。

そして注目ポイントはこちらから見て左側のポールにはなんとcolemanのキッチンテーブルにあるランタンフックをポール代わりにしようしています。

これがなかなかいい高さでポールの節約になりました。(壊れる可能性は0ではないので自己責任で)と、このようにポールを再利用したりキッチンテーブルを使ったりと、タープを買うにあたって新しく買い足すポールを節約するのもありかなと思います。

さくぽん
これは斬新!笑

お勧めポールは?

個人的には赤いポールがこのタープには良く合います。

赤いポールで有名なのはsnowpeak製のポールとMSRのポールですね。両方とも結構なお値段します。少し値段を落とすとテンマクデザインのdurastickやELLISSEのポールなんかもあります。

テンマクデザインのものは、組み立てるタイプではなく中から飛び出てくるタイプのポールなのでリュックで背負う場合なんかはコンパクトで便利です。加えて、長さ調節が簡単にできるのでアレンジ自在なタープほど相性が良いです。

しかし、使って見た感想は少し細すぎて180cmまで伸ばすと結構しなってしまう点です。いつか壊れそうな予感がします。ELLISSEのポールは太すぎて重そうですが耐久力はありそうなので、また使ってみてレビューしていきたいです。

さくぽん
まだ使えてないけど、ドッペルギャンガーのポールも買ったので今度レビューします。トレファクで売ってた。

どんな人にお勧め?

値段の割に遮光性能やコンパクト、軽いなどと高スペックなタープだなといった感じです。

ただただ本当に小さいのでソロ用のタープとして購入することをお勧めします。2人でも入れないことはないのですがやはり小さいので少し窮屈に感じるかもしれません。

タープは幕体の割にポールやらロープなどが張り巡らされ狭く感じるものです。対して自分1人だけのお気に入りタープというのはロマンをくすぐります。

バックパッカーで今までタープを入れるスペースがなかった人もこのタープなら余裕で入ります。ぜひどこかへ持って行ってほしいタープです。他にも何か良いアレンジ方法がないか模索中です。

さくぽん
しかもスノーピークなのにお手頃に感じてしまう価格帯(13,000円くらい)。当たり前だけどアメドとマッチしますよね。

今回紹介した道具