【キャンプ初心者向け】コールマンBCキャノピードームの立て方を可能な限り丁寧に説明してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ用品レビュー

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

先日、僕の実家から初心者時代〜旅の初期まで使用していた道具を片っ端からガレージ(実家)から持ってきました。

今回は僕らが使用していた、コールマンの当時の初心者向けモデルBCクロスドームよりも更に耐久性が上がったBCキャノピードームの立て方を可能な限り丁寧に説明してみました。

これは初心者に良いですね。BCクロスドームの弱点を素材の性質によってカバーしてました。

画像が多くて、表示が重くなるのでページを分割しています。
読みにくくて大変申し訳ございません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BCキャノピードームはキャンプ初心者の選択肢としてアリ

恐らくコールマン商品の中で1番安く、初心者の方が1番目にすることが多いテントだと思います、こちらのコールマンBCキャノピードーム。

僕らの初心者時代のテントはBCクロスドームで、名前が違うだけじゃなく、ポールというか構造が違いました。そのBCクロスドームとの比較にはなりますが、このキャノピードームはポールと構造を変更することで、クロスドームの耐久性の低さを改善し、且つ居住性を高めた良いテントになっていると思いました。ただ、使用するポールにスチールで出来たポールを採用しているので、重量はそこそこ重くなりました。

ぶっちゃけ、僕らの使っていたBCクロスドームはポールがすぐに縦に破れてしまって、あまりオススメ出来るものではなかったんですが、コレは凄く良いと思いました。

今回はWILD-1で販売されていたスタートパッケージを購入して、内容が

  • シュラフ2つ
  • グラウンドシート
  • 本体
  • インナーシート

が全て付属して3万円程度で購入できました。なので、このコスパを考えると初心者の方に十分オススメ出来るテントかなと思います。

ただ、シュラフが快適使用温度(快適に眠れる気温のこと)が15度以上となっているので、夏から初秋までのセットですね。秋冬にキャンプをしたい方にはオススメはできません。

では立て方とかを。

キャノピードームの中身

キャンピードームの中身はこんな感じです。

右から、収納ケース、テント本体、フライシート(雨に強いテントを覆う幕)、ポールです。

ポールは2種類あり、テントを立ち上げるためのスチールボールが4本

ポールは2種類あり、テントを立ち上げるためのスチールポールが4本

テントの天井部分をつくるFRPという素材のポールが2本

テントの天井部分をつくるFRPという素材のポールが2本

BCキャノピードームの立て方

まず、スタートパッケージにセットで入っているグランドシートを敷きます。

これは地面からの水分や汚れがテントにつかないようしたり、尖っているものでテントの底部分が破れたりしないようにする目的があります。雨が降った時はテントを浸水させないようにするのに必要です。

別売で買おうとすると地味にお値段がするので、決して捨てないように。我々は使い捨てにしてしまって後悔しました。

BCキャノピードームの天井部分を作る

その上にテント広げます。

入り口になるのは、見えにくいかもしれませんが、端のピンが2本付いている方です。

上の画像の右下の銀色のものがピンです。写真のように2本の方が入口側です。

天井部分に使うのはFRPポール

天井部分に使うのはFRPポール

灰色のFRPポールを上の写真の様にバッテンにします。

上から見るとこんな感じ。

上から見るとこんな感じ。

この部分をスリーブと呼びます。この中にFRPポールを通していきます。

この部分をスリーブと呼びます。この中にFRPポールを通していきます。

スリーブに通す際は引張るのではなく押し出すようにするとうまくいきます

スリーブに通す際は引張るのではなく押し出すようにするとうまくいきます

2本ともをそれぞれスリーブに通していきます。

スリーブに通し終わったら、上の写真の黒いパーツに端々を挿していきます。見にくいかもしれませんが、中に凸凹がついている方がFRPポールの差込口です。

黒いパーツに差し込んだ図

黒いパーツに差し込んだ図

ポールの端々をそれぞれ黒いパーツに差し込むとこのような形になります。

横から見るとこんな感じに湾曲します

横から見るとこんな感じに湾曲します

ポールを差し込む時に「あれ?これ折れない?大丈夫?」と不安になるかもしれませんが、グッとポールを押して湾曲させて黒いパーツに差し込んで下さい。このFRPポールは弾性があるのが特徴なので、ある程度の湾曲では折れたりしないのでご安心を。

 

次ページで、いよいよ立ち上げます。

みんなのコメント!

  1. カサイ より:

    インナーじゃなくてシンナーシート
    トベそう

  2. camp-in-japan camp-in-japan より:

    カサイさん

    ありがとうございますー
    修正しときましたー!

スポンサーリンク