【キャンプの楽しさ】自然の中に入っていく感覚【キャンプ初心者向け】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

前回(時間を気にしない1日)同様、今回もキャンプの魅力を僕の私見でつらつらと述べていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ありのままの大自然がそこにはある」

キャンプの魅力のひとつは自然にある。

僕らはキャンプをたくさんの方にやってもらいたいという思いから、

「道具は買うほどじゃないんだけど、キャンプを1回やってみたい!」って方々をお招きして一緒にキャンプをすることがあります。

 

その時に皆さん口々に言うのが、「自然って本当に気持ちいい」っということ。

朝、キャンプ場を散歩するだけで気分がスッキリする。

夜の星空を眺めると心が洗われる。

そんなことを皆さん言うんです。

 

僕自身も鬱病になりかけた時、キャンプ場に来て自然を目の前に救われた人間の1人です。毎日毎日、仕事に追われ、自分が何のために存在しているのかわからなくなりました。しかし、キャンプに来て大自然を目の前にすると自分の悩みがどんなにか小さなことだったのかに気づけて、それから気持ちが楽になったのです。

 

キャンプ場には色んな自然があります。

山があり、川があり、海があり、虫がいて、魚がいて、花が咲いていて。

人の手が加わっている所もあれば、自然そのままのところも。

 

癒しを求めてきた人たちをこれでもかと癒してくれる大自然。その中で大切な家族や仲間と寝食を共にする。それだけで絆が深まります。

IMG_0759

IMG_0886

鳥のさえずりで目覚める。

IMG_8952

そんな非日常がキャンプ場にはたくさん詰まっていて、そこでの癒しは明日への活力を生み出す力があります。

毎日の仕事が忙しいからこそ、休日はキャンプ場で自然をありのままに感じてゆっくりして欲しい。

東京から2時間もかからずにいけるキャンプ場はたくさんあります。(埼玉県や千葉県、茨城県のつくば周辺など)

週末にわざわざ混んでるショッピングセンターには行かずに、月に1回でもいい。年に数回でもいい。

自然でゆっくりする時間を、キャンプ場で過ごして下さい。

 

あなたにも素敵なアウトドアライフを!

この記事を書いた人
さくぽん

佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。
このブログの発起人。日本テレビ【ヒルナンデス!】をはじめテレビ出演も多数。雑誌や業界誌でライターもやっております。

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他初心者のためのキャンプ入門
シェアしてくれると凄く喜びますのでお願いします!
住所不定キャンパーがお送りするキャンプ初心者の為の入門ブログ CAMP IN JAPAN!!
スポンサーリンク