【沖縄情報】那覇市で色んな料理をツマミつつ、サラッとお酒を飲んで周りたいなら国際通り屋台村がおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
僕らの日本一周道中記!

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

有野実苑の皆にお休みを頂いて、沖縄に4泊5日で行ってきました。

那覇市で酒飲みに困った人のために、僕が実際に行って美味しかったお店を載せておきます。

ほら!一応このブログ旅ブログでもあるし!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

那覇市は観光客向けの場所だけど、国際通り屋台村はおすすめ。

沖縄料理だけじゃなく、焼き鳥やバー、肉バル、おでん、お寿司など、小型の店舗が軒を連ねる国際通り屋台村

まず那覇市と言えば、有名なのが国際通りだと思います。ゆいレールの最寄りの駅は県庁前駅か牧志駅です。

ただ、なんとなく想像つくのと実際に行っても思ったんですが、観光客向けのお店が物凄く多いです。

僕結構ひねくれているので、なるべく観光客向けのお店じゃないお店に行きたい心がうずくんですが、地元の人に聞いた所「沖縄料理よりも普通に生姜焼きとか野菜炒めとかラーメン食うことの方が多いよ」とのことでした。

お店とテーブルが所狭しと集まる屋台村。外で飲めるのが最高。

ただそれじゃ雰囲気ないのでおすすめを聞いたら、「この辺で手軽に沖縄料理を食べたいなら国際通り屋台村ってのが出来たからその辺行けば?色々食えるよ」ってことで、実際に行ってきました。

国際通り屋台村で沖縄料理を食べたいなら【じゅんちゃん】

んで、結局楽しくなっちゃって1人で5店舗位回ってしまったんですが、おすすめは【じゅんちゃん】と【沖らく】の2店舗。

じゅんちゃんは沖縄料理がメインの店舗。メニューが沢山出てて選ぶのが楽しい。

せっかく沖縄に来ているので、出来れば沖縄料理を食べたい所。じゅんちゃんは僕らの想像する【THE 沖縄料理】を出してくれるお店です。

到着日、特にやることが無い中での昼間からのビール。旅の醍醐味だと思うんですよね。

到着日、特にやることが無い中での昼間からのビール。旅の醍醐味だと思うんですよね。

昼の11時に到着してやることが無かったので、地元民の教えに従い昼から飲んでました。このじゅんちゃんは、地元の若い兄ちゃんたちも普通に昼から飲んでて、常連っぽい会話をしていました。

コミュ障なので話しかけられませんでしたが。

やぎの刺し身は沖縄のソウルフード的な何かなの?

沖縄料理を出すお店のどこに行ってもメニューに載っていたのが、このやぎの刺し身。

ニンニクとしょうがをポン酢にいれて食べるんだそうで。一緒に泡盛のハイボール、泡ボールを。

ラム肉とか鹿肉の様な少し獣臭さがするけど、個人的には全然気にならないレベル

鳥刺しのような見た目ですが、ラム肉とかに似たような香りがします。ただ、めちゃくちゃ獣臭いわけではないので、逆に凄く美味しく感じる香りですね。

また、噛めば噛むほど旨味を感じるので、一切れでハイボール3口くらい飲める。

ただ、噛み切るのが苦手な方は微妙かも。

もずく天はマジでうまい。かき揚げみたいなやつ。

学生のときなので、8年前くらいに一度沖縄に行ったことがあります。その時久高島という離島で初めて食べて衝撃の旨さを感じたのがこのもずくの天ぷら。

お店の姉さん曰く「もずくはねー。油吸いすぎちゃからどうだろうねー。胃がねー。」って僕の胃の心配をめちゃくちゃしてくれましたが、コレもうまし。

サクサクの天ぷらにレモンを絞って塩をかけて、さくっと。ビールでも泡ボールでも、ぐっと喉を通せば気分は最高潮です。

ティラジャーはマガキガイというらしい。

ティラジャーはマガキガイというらしい。

個人的に珍しくて食べたのがこのティラジャー(マガキガイ)。ちょろっと出た赤い爪を突っ張って中身を出して食べます。店主さんが漁師?らしく、朝取ってきたやつらしいです。

優しい味付けで日本酒泡盛辺りと合わせると良い感じかと。

この旅で食べた中で1番うまいレベルだったもずく入りソーメンチャンプルー。鰹節の香りが凄くよかった。

あと、最高に旨かったのがもずくのソーメンチャンプルー。

これはマジで旨かったです。かつおだし?の香りが高く、麺が固めでしっかりとした味わい。泡盛ロックでも泡ボールでもどっちでもうまし。

マジで旨くてうっかり2回頼みました。今度これ作ろう。

 

じゅんちゃんには結局初日の昼間と最終日の夜の二回行きましたが、やぎの刺し身とソーメンチャンプルーは旨すぎて2回も頼んでしまった。

あっさりだしで美味しい沖縄おでん【沖らく】のもずくのおでんは一度食べるハマる

沖縄おでんって初めて聞いたけど、美味しかった沖らく

じゅんちゃん同様、2回も寄ってしまったのがこの沖縄おでんを出してる沖らく。

「いやいや、沖縄に来ておでんかよ」とも我ながら思ったんですが、夜は結構寒くてたまらず入ってみましたがその結果や如何に。

もずくおでん(左)ソーキ(中央)島豆腐の厚揚げ(右)

店主オススメはもずくおでん。おでんの出汁の中にいれて温めて出汁の中に、薬味(ごま、しょうが、小ねぎ)をいれて食べます。正直最初に食べた時は「え?そんなうまいか?」と思っていたんですが、結局3回位頼んでしまう後引く旨さでした。

ソーキは軟骨までトロトロで、出汁のおかげか脂っこさも感じずで美味しい。厚揚げも歯ごたえがしっかりして、味もしみしみで美味しかったです。

関東の様な味の濃さではなく、関西おでんのような透き通った味わいでした。

トゥルトゥルの食感と素材の甘味がたまらん。

もう一つ病みつきだったのはジーマミ豆腐の揚げ出し。これも2回程頼んでしまった、非常にくせになる味。

落花生が原料のジーマミ豆腐は甘みと、とろとろした舌触りが特徴なんですが、ジーマミ豆腐を揚げ出しで食べるとこんなにも面白いのかと言うくらい面白い食感と味わい。

おでんの出汁がやっぱりうまいんだろうな。うっかりトゥルトゥル食べきってしまうやつでした。

おでんも揚げ出しもぜひ泡盛水割りか、段ボール(泡ボールと同じ泡盛のハイボール?)でぜひお楽しみ下さい。

あとは島らっきょうのキムチ漬け。

沖縄の先出しといえば島らっきょうだと勝手に思ってるんですが、普通のエシャレットやらっきょうよりも断然好きです。程よい辛さと食感にビールが止まりません。

別のお店ですが、塩らっきょうがやっぱりシンプルに美味しい。これひと皿でビール2杯は飲めます。

沖らくではキムチ漬けでしたが、塩らっきょうや焼きらっきょうを出すお店もあり、それぞれやっぱり美味しい島らっきょう。

国際通り屋台村の良いところは、色んな食べ物をさらっと楽しめるところ

結局5店舗程まわりましたが、この屋台村の良いところは、さくっと色んな料理を楽しめるということです。

他のお店のテーブルで他の料理をオーダーするのは出来ないんですが、そもそもテーブルチャージが取られないので、さくっと食べたいものだけとか飲みたいものだけを頼んで次のお店に、ということが出来ます。

せっかく観光に行くなら色んなモノを楽しみたいのが本音だと思いますが、それが出来るのが非常に良いですよね。

「え。でも一杯だけじゃ嫌な顔されるんじゃ?」って私も心配してたんですが、むしろ店員さんから「他のお店行った?行ってないなら一杯だけでも一品だけでも全然気にしないで良いんだよ!」って声をかけてくれるので、凄く居心地も良いです

僕以外にも1人で飲まれてる方も結構いたし、凄く感じの良い場所でした。

 

以上、沖縄那覇で飲みに行くのにおすすめな、国際通り屋台村でした!

いやー。やぎの刺し身、ソーメンチャンプルー、もずくおでんはもう一度食べたい。ガルボ辺り今沖縄にいるだろうから行ってみてやー!

今回紹介した場所

 

みんなのコメント!

  1. カサイ より:

    そういえば最近ガルボ先生の投稿ないけど、元気にしていますか?

  2. ttttak より:

    昨年仕事で沖縄に行った時に石垣出身の人に教えてもらったのですが,ものすごく美味しい山羊刺しの店がありますよ!

    国際通り屋台村を右手に見ながら数メートル進んだ左手に,山羊料理さかえという店があります.
    教えてくれた人によると,山羊料理はもともと石垣の文化らしく,その山羊料理屋さんも石垣出身とのこと.
    店とお母さんはクセしかありませんが,山羊は子ヤギを使っているようでまったく臭みもなく,皮の甘みも最高でした.

    ガルボ氏
    沖縄にいるなら是非行っていただきたい!
    その代わり,早い時間に行くか,電話で予約しといたほうがいいよ.

  3. ヤマケン より:

    カサイさん

    結婚式の準備と仕事で忙しい半年だったようよ。
    元気でやってました。

  4. ヤマケン より:

    ttttakさん

    そうそう。
    さかえさん、屋台村のすぐとなりにあったんですよ。予約で一杯で行けなかったんですが。
    石垣発祥の文化なんですねー。
    刺し身以外にもヤギ料理があるようで、次こそは行きたいお店です。
    ガルボ、余裕があれば行ってみてくれ−!

スポンサーリンク