【キャンプ道具の使い方】ソロキャンプにおすすめの男前グリルプレートを使う前に必ず必要なシーズニング。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
BBQ・料理関連

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

先日うっかり買った男前グリルプレートですが、レビューというか使用感は明日公開予定です。

先んじてグリルプレートを使用する前に必要なことを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男前グリルプレートは買ってすぐには使えないから注意!

男前グリルプレートはスキレットやダッチオーブン同様、鋳鉄製の商品になります。

鋳鉄製:要は鉄を成形したものというような感じ。鉄製ってことです。

なので、例に漏れず購入してから使用する前に1作業必要になります。

特に難しいことをするわけではないです。

作業の目的を簡単にいえば、「錆びないように表面に施された膜をこすり落とす」というものです。

実際に写真で紹介していきます。

1.金タワシで擦る

まず商品を取り出したら、金タワシを使ってひたすら擦ります。

これをすることで、表面のコーティング剤を落としていくわけです。

ガシガシこすっていくと、色味がうっすら灰色に変わります。

あんまり神経質になってやらなくても大丈夫です。

2.こすったら合成洗剤で洗う。

タワシでこすったら、合成洗剤を使って洗ってしまいしょう。

使用後に合成洗剤で洗うのは避けたほうがいいですが、下ろしたてのこの作業の時は問題無いので、しっかり洗ってしまいましょう。

洗い終わったら、十分に流水で洗剤を落として下さい。

3.加熱してしっかり水分を飛ばす

擦りと洗いが終わったら、火にかけて十分に乾燥させて下さい。

鋳鉄製の丈夫な鉄板なので、バーナーでも焚き火でも炭火でもなんでも大丈夫です。

とにかく全面が乾燥するまで焼き入れて下さい。

4.油を薄く塗る

十分に乾燥させたら火から離して、油を薄く塗って下さい。

熱いうちに塗ったほうが鉄板に油がよく馴染みます。

ただその場合非常に熱く、下手をするとやけどするので、必ず軍手や革手袋を使って行いましょう

ここまでが使用前に必要な作業となります。

あとは各々好きな具材を焼いて下さい。

片付ける時も同様の作業を

そして使用後ですが、上の写真の様に焦げ付きなどが出来ると思います。

普通のフライパンのように合成洗剤で洗うのはご法度

フッ素加工のようなコーティングがされていないので錆びてしまいます。

なので、2.以外の作業を必ず使用後に行って下さい。

擦って、乾かして、油を塗る。油でサビを防ぎます。

このシーズニングの作業が地味にめんどくさいんですが、道具に愛着を持つ第一歩になりますので、しっかりと行いましょう。

以上、男前グリルプレートを使う前の1作業と使った後の1作業についてでした!

併せて下記の記事も参考になります!

さくぽん
初めての人からするとちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、慣れればサクッとできるようになりますので!

今回紹介したキャンプ道具

みんなのコメント!

  1. じょに より:

    そうそう、シーズニング大事!
    最初のころシーズニングなんて知らなかったから、そのまま肉焼いてクソまずかった記憶がある笑
    鉄板はひと手間いるけど、その手間で愛着わくし、自分のものになってくよねー
    鉄板で焼く肉うまし!!!
    油を塗った後の保管ですが、防錆用油紙、もしくは新聞紙でくるんで保管すると良いですよー

  2. ヤマケン より:

    じょに

    クソまずい笑 
    多分めちゃくちゃ身体に悪かったろうよ笑
    やー。次は普通に焼肉かなぁ。ワクワク。
    新聞紙!面倒くさくてやってないけど、可愛がるならやってあげなきゃだね・・・・

  3. なーお より:

    おつー。やっとこれ買えたわ。
    で、研究家さん、教えて下さい。
    金タワシでゴシゴシやって表面のコーティングを落としますってあるけど、これは落とすべきコーティングと思っていいの?焦げ付き防止コーティングで実は超優秀とかだったりしない?

  4. なーお

    いや、普通にサビ防止コーティングなはずよ。
    ダッチオーブンとかと同じような。
    仮に焦げ付き防止コーティングであったとしても、使い方次第で焦げ付かないから大丈夫。

  5. なーお より:

    ありがとう!やってみま!

スポンサーリンク